【アニメ感想】FAIRY TAIL 第290話「妖精の心臓」

 フェアリーテイルの290話を見て感想を書かせていただきます。
 メイビスさんとゼレフさんの過去が語られ、着実に最終決戦へと近づいている……かも。
 余談ですが旧作の見直しはまだ34話までなので、まだまだ先は長いです。

【内容】
 ゼレフは倒れてしまったメイビスを連れてフェアリーテイルにやってきました。
 ここがギルドだと気づいたゼレフは何かを考えたようです。
 彼はメイビスを投げつけ「これ、もう動かないから」と言い放ちます。

 ゼレフは永遠の眠りについたメイビスに「おやすみ」といって去っていきます。
 メイビスが「妖精」なら自分は「スプリガン(醜い妖精)」だといい、僕は疲れたと言い出します。
 こうしてメイビスの体は「ラクリマ」の中に封印され、彼女の存在は秘匿されることになりました。

 メイビスは故郷に墓を作られ、プレヒトは2代目マスターとなりましたが……
 魔法界を根底から覆す永久魔法「フェアリーハート」が作られ、それは永遠に枯渇することのない魔力なのだとか。
 その魔力があればエーテリオンを延々と打ち続けることが可能であり、帝国はそれが目的であるとのこと。

 ゼレフは「アクノロギア」を倒すためにフェアリーハートを使おうとしていたようです。
 ガジルは「人を好きになるのが何の罪なのか」といいことを言い、エルザは自分を責めないでほしいと訴えます。
 メイビスは涙を流し、ジュビアはかつて愛した相手と戦うつもりなのかと涙を流します。

 ナツは自分がゼレフを倒すと言い出し、その秘策こそ自分の右腕だと言い出します。
 帝国ではブランディッシュが部下を小さくして足にマニキュアを塗ってもらっていたらスプリガン12は召集命令を受けたとのこと。
 ナツは散々もったいぶったところで「秘策」は「秘密」だと言いつつ、絶対にゼレフを倒すといいきります。

 マカロフはアルバレス帝国について説明し、スプリガン12なる精鋭部隊が存在することを告げます。
 帝国ではそのスプリガン12が少しずつ集まっているようですが、まだ全員は集まっていないようです。
 グレイはインベルが自分と同じ属性を持つと聞き色々思うところもあるようですが……

 ゼレフは本格的に進撃を開始すると言い、ブランディッシュは質量を変える魔法を使うのだとか。
 ディマリアは女騎士と聞いてエルザとポジションがかぶるようです。
 ゴッドセレナは元聖天大魔道の序列1位である一方でとても残念な男であるとのことです。

 ゼレフは「人類は一度滅びなければならない」と言い、総攻撃をかけると言い切ります。
 その流れを読んでいたメイビスは勇気と絆をもって戦い抜くと宣言します。
 中二病よろしく「腕がうずく」と言ってドラゴンに変身する男がアクノロギアのようですが……

【感想等】
 大事な人を失った哀しみも何もない扱いに衝撃を受けたのは私だけではないはず。
 「僕は誰も愛してはいけなかった」という言葉を聞いてなんだか涙が出てきました。
 エーテリオンはちょうど34話で名前が出てきたのでどこか運命じみたものを感じました。

 かつて強く思った相手を「敵」とするというシチュエーションがなんだか他人とは思えませんでした。
 ナツさんが仲間を鼓舞するところは彼が次のギルドマスターなのかもと考えます。
 スプリガン12の面々が色々出てきますが、ゴッドセレナさんが男性だったことが一番の驚きでした。

 次回からは本格的な戦闘が始まるようですが、何度も「殲滅」という言葉が出るとガンダムAGEをふと思い出します。
 ゼレフさんがラスボスだと思っていましたが、もしかしたらアクノロギアさんがラスボスなのかもしれません。
 敵の攻撃をナツさん達がどんな風に打ち払ってくるのか、最後までしっかり見届けたいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム