【アニメ感想】ツルネ ―風舞高校弓道部― 第10話「離れぬ心」

 ツルネの10話を見て感想を書かせていただきます。
 静弥さんが不在になったことで残りメンバーにも動揺が広がったのでしょうか。
 最近まで静弥さんが部長だと知らなかったのは内緒です。

【内容】
 湊は静弥を呼びに来ましたが、母親が言うには彼は学校を休むのだとか。
 静弥は実際に37.6度の熱があるようですが……

 湊は先生から静弥にプリントを持っていってほしいと言われ、今の学校はどうかと心配されます。
 海斗は「実は丈夫だろ」と言いつつも静弥の様子がおかしかったと言い出します。
 5人いないと大会に出られない事情もあって「なんとかしろ」と言われた湊なのですが……

 湊は幼少期の静弥とのやりとりを思い出し、海斗は七緒や遼平の失敗に憤りつつ自らも失敗します。
 男子部員たちがギクシャクしてしまうのを見た女子部員はマサさんに相談しますが……
 マサさんは男子部員を「カブトムシ」に例えつつ「奥の手」を出すと言い出します。

 神社のお札は御利益があるらしく、湊は静弥にもそのことを伝えてほしいと言われます。
 マサさんに先生が声をかけますが、マサさんは自分がただ大人に見せているのではないかと疑問を呈します。
 かつて自分が問われた「お前は本当に弓道が好きでやっているのか」という問いをしてしまったことを後悔します。

 先生は「執着」と「尊敬」は似ていると言い、マサさんが考えたこともそれだけで十分だと一言。
 湊は静弥に声をかけますが、静弥は「行けたら行く」とだけ答えます。
 幼少期の思い出のお菓子であるポッキーをポストに入れて、湊は他の男子部員と合流しますが……

 海斗は「めんどくさい」という一方、遼平はいっそ静弥を誘えばよかったのではないかと言い出します。
 神事が行われてマサさんはいつもの彼とは全く違った雰囲気になっていました。
 桐先の面々が神社にやってきていて、双子がちょっかいをかけてきますが……

 湊は早く弓を打っていたら早手になるのではと反論し、海斗はますます双子に憤ります。
 七緒は他のメンバーがアイドル「のりりん」のファンだと見抜いて喧嘩の空気を一変させます。
 愁は自分が「静弥の弓は湊への執着」だと言ったことを告げ、弓は一人で引くものと断言します。

 犬に引っ張られていた静弥は、自分が自分が弓道を始めて湊と同じ学校に行くと言っていたことを思い出します。
 海斗はお札を受け取って「部長に渡せ」と言って、遼平たちは念を込めることに。
 湊は倒れていた静弥を発見してお札を渡しますが、静弥は「湊に僕は必要ない」と言ってのけます。

 「静弥は俺と一緒に弓を引く」と強い口調で迫り、「俺は静弥と弓を引きたい」と言い切る湊さん。
 今まで自分を待っていた静弥がいたから戻ってこられたと言い、今度は俺が待つと言ってきました。
 そんな湊に「湊を待たせるわけにはいかない」と言いつつ、ちょっとだけ休ませてとつぶやきます。

 静弥は部に顔を出し、マサさんに「貴方が嫌いです」と笑顔を見せます。
 そして、机の上には「待ってる」とメッセージが書かれたポッキーが置かれているのでした。

【感想等】
 前回に続き静弥さんのお話になり、次の試合どころではなくなってしまいました。
 愁さんに言われたことが尾を引いているのは明らかですが……
 この前までは息が合っていたのが、急にギクシャクしてきて胸が痛みます。

 愁さんの言葉には悪意はないと思いますが、あの双子さんは実際どうなのかよくわかりません。
 七緒さんがアイドルに言及するシーンやお札に念を込めるシーンはなかなかシュールでした。
 そして湊さんが静弥さんを説得(?)するシーンで思わず涙が出てきたのは私だけではないはず。

 愁さんの言葉についてはあやふやなまま終わりましたが、静弥さんが戻ったのでひとまずよかったかと。
 次回は年明けのお話になりますが、今度はマサさんの調子が悪くなるそうです。
 残り何話かわかりませんが、このままで大会は大丈夫なのか、いろんな意味で気になってしまいます。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム