【アニメ感想】ゾンビランドサガ 第12話(終)「グッドモーニングアゲインSAGA」

 ゾンビランドサガの最終回を見て感想を書かせていただきます。
 1話から恐ろしい吸引力を持つ作品でしたが、最後までそれは変わりませんでした。
 この勢いで2期放送を期待しますが……

【内容】
 生前の記憶を思い出したさくらは無気力になり、急にやる気をなくしてしまいました。
 幸太郎はそんな彼女に「お前を絶対に見捨ててやらん」と訴えかけてきます。

 アルピノライブの4日前、ハイテンションに「お早う御座います」と言ってくる幸太郎さん。
 「お前もステージに立つんだ」と言ってくる幸太郎をよそに、さくらは練習風景でゾンビ後の記憶を少しずつ思い出します。
 そこにたえがやってきてニワトリの鳴き真似をして、彼女なりに励ましているようですが……

 ライブの3日前もさくらは塞ぎ込んでいましたが、ファンからは「いつも応援しています」と言われます。
 その夜、自分が過去にがんばってきて後悔したことを思い出していました。
 そしてライブ2日前にもたえがやってきて佐賀ロックが出た雑誌を持ってきたのですが……

 突然暴走したたえはさくらに迫り、またも謎のジェスチャーをやってきました。
 どうやらさくらがたえに教えた動きだったようですが……
 他のメンバーは自分がさくらに支えられてきたと言い、自分が出来ることを探そうとします。

 ゆうぎりはさくらをビンタして「記憶が無かろうが踊ってもらう」と言い出します。
 自分一人くらいいなくてもいいのではと反論するさくらですが、ゆうぎりはさくらと一緒のステージで失敗したいと言い出します。
 愛は「全員死んでいる」と言い、さくらはかつてテレビで見た愛の姿を思い出します。

 ライブ前日、さくらは練習の成果なのかキレのいい動きを見せてきました。
 鏡にひびが入ったものの、サキは鉄拳でその鏡をたたき割り、愛は「ベストを尽くすだけ」とさくらを励まします。
 爆弾低気圧が九州北部(佐賀)に接近している一方、幸太郎は生前にさくらと会ったことを思い出していました。
 
 当日は佐賀史上最大の降雪量を記録しますが、それでもフランシュシュはライブの準備をしていました。
 これまでに出会った人々(リリィの父親など)が会場に詰めかけたこともあり、満員の中でステージに立つ一同。
 突然ステージが崩壊しながらもライブを続けていくのですが……

 「お前の真の力は追い詰められた時こそ覚醒する」
 その言葉どおり、さくらは完全に復活を果たし、最後はライブを成功に導きます。
 幸太郎は「フランシュシュの戦いはこれからだ」と言い、最後はアンコールで締めくくるのでした。

【感想等】
 あっという間に最終回になりましたが、周りの優しさに穢れた心が浄化されるのを感じます。
 たえさんの出番が意外に多いですが、彼女の生前がどんなのだったのかますます謎が残りました。
 ゆうぎりさんが殴ってきたのは驚きましたが、綺麗にお話をまとめたのはさすがだと思います。

 幸太郎さんの過去が少しだけ出てきていましたが、このあたりもどこかで掘り下げてほしいなと思います。
 回想シーンから続くさくらさんの不幸体質はもう「呪い」レベルだとしか言いようがないですが……
 佐賀ロックの落雷などももしかしたら不幸体質と関わっていたのではないかとつい考えてしまいます。

 はじめはご当地ギャグアニメだと思っていましたが、意外に深く、最後は生きる気力を与えてくれるアニメでした。
 普通にライブシーンでは感動しましたし、もう少しだけ先に進めるような気がしてきました。
 佐賀県が高齢化をはねのけるほど発展することを願って、心の底から2期を待ち続けようと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム