【アニメ感想】ソラとウミのアイダ 第10話「キオクとキロク」

 ソラウミの10話を見て感想を書かせていただきます。
 前回のの「ラクしい」お話からいきなりシリアスになって終盤なのだなと実感します。
 舞湖さんは一体何を思うのか、わたし、気になります!

【内容】
 宇宙でのアクシデントでルビーが負傷してしまい、波乃は舞湖の単独行動を責めます。
 舞湖は宇宙船の残骸を見て兄のことがよぎり、敵に襲われてしまったと回想します。
 そこに鍵谷がやってきてお前らは無理だったと言ってきました。

 波乃は舞湖の単独行動がなければ成功したと言いますが、風祭は仲間のせいにするのはよくないと反論します。
 さらにはウミネコの残骸は魚礁にしたと説明し、余計なことを気にするなと一言。
 今回の事件は水産省へ報告されるとのことで、下手をすると女子部解散もありえるらしいのですが……

 舞湖は責任を感じる一方で、波乃は「私が取ってきたタマゴが食べられないのか」と変なことを言います。
 真紀子は波乃が舞湖の事情を知っているのではないかと迫り、舞湖は置き手紙を残して実家(秋田)に帰ると言い出します。
 春、真紀子、波乃は自転車で電車を追いかけていき、舞湖はこれまでのことを頭を下げて謝罪します。

 ルビーはすぐに退院するとのことで、春は舞湖に絶対に帰るなと言い切ります。
 舞湖は行方不明になった兄について細かい事情を語り出します。
 波乃は風祭や鍵谷に問い詰めますが、彼らは口を開いてくれませんでした。

 春はロケットの前で立てこもり、周りが隠蔽するから舞湖がああなったのだと言い切ります。
 風祭は事情を語ると言い出しますが、その内容は危険な中で水産省の役人が打ち上げを強行したというものでした。
 巨大な宇宙魚に襲われた鍵谷や風祭をかばってお兄さんは行方不明になったようですが……

 役人は全てを隠蔽するようにと念書を書かせ、今は本省の幹部になっているのだとか。
 ルビーは市役所をハッキングした一方で、お兄さんの守護神が戻っていないことから生存の可能性が見えてきます。
 舞湖は課長を締め上げ、ルビーは「薪 新吾」という男が黒幕だといい、それが真紀子の父親だと判明するのでした。

【感想等】
 夏祭り(前回)と宇宙(今回)とのギャップがいろんな意味で驚きです。
 鍵谷さんが悪態をつくのは彼らしいものの、前回全く台詞がなかったのでどうしてもギャップを感じます。
 そしてお兄さんの存在ゆえに舞湖さんの話題だけが妙に重たいような気がします。

 舞湖さんを想っているのは事実でも、自転車で電車を追いかけるのはさすがに無理がありすぎかと。
 春さんが立てこもるところで「花咲くいろは」の緒花さんが東京で母親に反発して座り込んだのを思い出しました。
 お役所の隠蔽体質が問題なのはリアルもアニメも変わらないのかもしれません。

 黒幕の名前が明らかになったかと思ったらそれが身内でますます波乱の予感がします。
 次回は響きが似ている舞湖さんと真紀子さんが中心のお話になるのは間違いないはず。
 最後はお兄さんが生還して真紀子さんのお兄さんが降格されて終わるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム