【アニメ感想】色づく世界の明日から 第9話「さまよう言葉」

 色づくの9話を見て感想を書かせていただきます。
 瞳美さんが前向きになってますます魅力的になり、将さんが惹かれるのもわかる気がします。
 あさぎさんとの折り合いをどうつけるのかが気になるところですが……

【内容】
 瞳美はもっと街の写真を撮りたいと将に相談をしてきます。
 将は一緒に撮影場所に行こうかと誘ってきて、瞳美は深々と頭を下げます。
 一方であさぎは写真をチェックしていて将と瞳美の関係が気になります。

 将は部長として負けられないと言い、唯翔は瞳美が笑うようになったと一言。
 バスが来たところで将は瞳美と出かけるのだと唯翔に告白します。
 琥珀は将とのお出かけを「楽しみだね」と言いますが……

 将は瞳美との連絡で「俺も楽しみ」と打とうとしますが「バンバン鍛えるから」と訂正します。
 唯翔は母親に瞳美を取られないようにと念を押されます。
 日にちが変わって瞳美は将にマップを渡されて市内探索をはじめていきました。

 瞳美と将がデートをしているのを見つけた胡桃は千草にあさぎには言うなと念を押します。
 色々な場所を撮影した瞳美は「明日楽しみにしていてください」と笑顔を見せます。
 瞳美は将が写真に真剣なところを「すごい」と称賛する一方で、将は瞳美にかつてのあさぎと重ねていました。

 周りへの感謝を述べつつも「一人だったら何も変わらなかった」と語る瞳美さん。
 将は別れ際に「伝えていないこと」があると言い、瞳美はたちまちに赤面してしまいます。
 「俺と付き合ってほしい」と言われた瞳美は「ごめんなさい!」と走り去っていきます。

 琥珀が心配していると瞳美は呆然とした表情で戻ってきて、おなかはすいていないと言い出します。
 次の日も瞳美は明らかに様子がおかしくなっていて、将を見るなり立ち去ってしまいました。
 瞳美は傷つけたくない場合はどうすればいいのかと聞いてきて、他の女子が話を聞いて迫ってきてしまいます。

 琥珀、瞳美の両方が部活に来なくて、その話を聞いた唯翔はバイト先でミスを重ねてしまいます。
 「どうしたって断られたら傷つく」と言いつつも「答えを知りたい」のではないかと語り出す琥珀さん。
 将は自分の趣味に付き合ってくれたのはあさぎだけだと言い、あさぎは何かに気づいてしまったようです。

 おばあちゃんは瞳美を心配し、琥珀はこれは瞳美にとって大事なことだからと続けます。
 あさぎは瞳美のことが気になり、笑ったり困ったりするのが好きだと話しかけてきます。
 「好きな人はいる?」と聞かれたあさぎは「ずっと前から好きな人です」と言いつつも告白できないと言い切ります。

 「ダメですよ考えなきゃ」と訴えるあさぎの姿に、瞳美は将に向き合うことを決断します。
 瞳美は「ごめんなさい」と頭を下げ、好きと言われたことを喜びつつも、将の気持ちを考えられなかったと一言。
 将は「覚悟できてるから」と言い、瞳美は「気になる人がいます」と思いを告げるのでした。

 瞳美はあさぎを探しに向かいますが、肝心の彼女の姿はありませんでした。
 唯翔は自分の思いを告げた将を尊敬し、将は思いをぶつけるかのように叫び出します。
 瞳美はあさぎに声をかけますが、あさぎは将のことが好きだったと言い出して走り去るのでした。

【感想等】
 「さまようよろい」というモンスターがドラクエにいますが、もちろん関係ありませんでした。
 アニメでは一般に画像やお声が優先されつつも、言葉の重みもまた大きなモノなのでしょうか。
 唯翔さんとの絡みとともに将さんとの絡みも出てきくると恋と色覚が関係あるのかと考えます。

 お話の中で色々と素敵な風景が見えますが、瞳美さんには色が見えないと思うと複雑な気持ちになります。
 将さんが告白してくるのはある程度想定していましたが、あさぎさんのことを考えるとなかなかに難しいです。 
 あさぎさんの「ずっと前から好きな人」と将さんについて語るシーンでは涙が止まらなくなりました。

 人を好きになることの尊さとつらさ、そんな色々なものを経験して成長していくのかなと思います。
 色覚が元に戻るのは唯翔さんへの告白を待つことになるのかもしれません。
 あさぎさんのことが色々と心配になりますが、どこかでハッピーエンドにつながることを願います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

将さん瞳美さんに告白する

こんばんはです。

瞳美さんはカメラ撮影の自主練するため
将さんに相談するが一緒に行く事に。
将さんはユイトさんに、あさぎさんは
瞳美さんに、それぞれ思う事があるようだ。
好きな人を取られると言う意識が感じた。
将さんは瞳美さんと一緒に出掛ける事を
ユイトさんに告げるとは凄い勇気です。
将さんの言葉で瞳美さんが好きだと
ユイトさんも理解する辺りは察しがいい。
琥珀さんも占い通りに進んでいることに、
あさぎさんの事を考える。
この時の心情を琥珀さんの表情やウサギの
写真にフレームを移す辺りが上手い。
ユイトさんのお母さんも鋭いツッコミが
良かった(^^)
将さんの撮影スポットを地図で作り、
撮影禁止場所とか素晴らし過ぎです。
千草さんと胡桃さんはやはり仲が良いい
ようで、デートだったのでしょうか?
瞳美さんと将さんが二人で居る所を
見てしまった。
帰り側に将さんは瞳美さんに付き合って
欲しいと告白した。
瞳美さんは散々悩み将さんに気持ちを
伝える事が出来た。

本日もご苦労様でした。
瞳美さんはやっと自分の気持ちに
気付き始めたのは良かったのかも
知れません。
将さんの勇気は凄いと私も思った。
あさぎさんにキチンと理解してもらう
事が出来るか気になります。
また瞳美さんはユイトさんに気持ちを
伝える事が出来るか?気になる。
前にも書きましたが、もし気持ちを伝え
ユイトさんに変化があった場合、
瞳美さんの祖父だとすると存在が
消えてしまう可能性もあり、
その辺りも注目したい。

つい最近ですが、なぜP.A.WORKSの
オリジナルアニメは心に響くのか?
代表・堀川憲司が明かす制作の心得
というテーマでインタビュー記事が
ネットで掲載されてました。
まさか会社がサクラクエストの舞台と
なった富山にあるとは驚きました。
今回の作品も不思議な世界観に引き込まれる
作品です。

Re: 将さん瞳美さんに告白する

> こんばんはです。
 こんばんはです。
 色づく視聴おつかれさまです。

> 瞳美さんはカメラ撮影の自主練するため
> 将さんに相談するが一緒に行く事に。
> 将さんはユイトさんに、あさぎさんは
> 瞳美さんに、それぞれ思う事があるようだ。
> 好きな人を取られると言う意識が感じた。
 後半の展開のとおりではありますが、
 実際にここで伏線がはられていたのですね。

> 将さんは瞳美さんと一緒に出掛ける事を
> ユイトさんに告げるとは凄い勇気です。
> 将さんの言葉で瞳美さんが好きだと
> ユイトさんも理解する辺りは察しがいい。
 自分は正々堂々と勝負する、
 そんな気概が彼の中にあるのかも。

> 琥珀さんも占い通りに進んでいることに、
> あさぎさんの事を考える。
> この時の心情を琥珀さんの表情やウサギの
> 写真にフレームを移す辺りが上手い。
 このあたりの表現は実にうまく出来ていて、
 PAさんと関係者の力量を感じました。

> ユイトさんのお母さんも鋭いツッコミが
> 良かった(^^)
 お母さんは視聴者の意見を代弁しているのかも。

> 将さんの撮影スポットを地図で作り、
> 撮影禁止場所とか素晴らし過ぎです。
> 千草さんと胡桃さんはやはり仲が良いい
> ようで、デートだったのでしょうか?
 ここを見ていると、
 胡桃さんと千草さんとの関係は、
 一番うまく生きそうな感じがします。

> 瞳美さんと将さんが二人で居る所を
> 見てしまった。
 あさぎさんのことを考えると、
 なんとも言えない状況だと思います。

> 帰り側に将さんは瞳美さんに付き合って
> 欲しいと告白した。
> 瞳美さんは散々悩み将さんに気持ちを
> 伝える事が出来た。
 真っ直ぐな気持ちに向き合うことは、
 大きなエネルギーがいるのだなと、
 そんな風に感じました。

> 本日もご苦労様でした。
 今日も一日お疲れ様でした。

> 瞳美さんはやっと自分の気持ちに
> 気付き始めたのは良かったのかも
> 知れません。
 気持ちが色覚の鍵になるのか、
 そうでなくても大きな意味があるような気がします。

> 将さんの勇気は凄いと私も思った。
> あさぎさんにキチンと理解してもらう
> 事が出来るか気になります。
 思いを告げることの大切さ、
 それを身をもって経験することになるのかも。

> また瞳美さんはユイトさんに気持ちを
> 伝える事が出来るか?気になる。
> 前にも書きましたが、もし気持ちを伝え
> ユイトさんに変化があった場合、
> 瞳美さんの祖父だとすると存在が
> 消えてしまう可能性もあり、
> その辺りも注目したい。
 おじいさん説があたりなのか、
 それを含めてますます目が離せませんね。

> つい最近ですが、なぜP.A.WORKSの
> オリジナルアニメは心に響くのか?
> 代表・堀川憲司が明かす制作の心得
> というテーマでインタビュー記事が
> ネットで掲載されてました。
 私もその記事は、
 ちらっとではありませんが、
 拝見させていただきました。

> まさか会社がサクラクエストの舞台と
> なった富山にあるとは驚きました。
 地方を舞台にしたアニメは多くありますが、
 実際に地方を本拠地にした例はほとんどないかも。
 京都は地方とはなかなか言えないでしょうし。

> 今回の作品も不思議な世界観に引き込まれる
> 作品です。
 凪のあすからもそうでしたが、
 ファンタジー的な感じがしますね。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム