【アニメ感想】軒轅剣 蒼き曜 第9話「謀略之宮」

 軒轅剣の9話を見て感想を書かせていただきます。
 タイトルを見ただけでなにか不穏な空気を感じるのは私だけではないはず。
 登場人物が誰が誰か未だにわかっていないのは内緒です。

【内容】
 項楚たちは反抗軍の戦力を集めていたようですが、インはすっかり衰弱していました。
 オープニングの後、ショウはネイと同居していて、ネイは姉も来れば良かったと言い出します。
 ショウは自分の仕事は皇帝が世界を統一するまで終わらないようなことを言いますが……

 インは反抗軍の拠点で目を覚まし、反抗軍の仲間が次々と集結しているとのこと。
 彼女は黒い鎧を着けて戦闘をしたことを覚えていませんでした。
 この鎧は「樹木」の属性の鎧とのことで、黒火が心に漏れたとのことです。

 蒙機関総帥は突撃隊が全滅したことを責められ、降格処分を受けてしまいました。
 思い切りキレてしまった彼は部下に八つ当たりをし、ショウが自分の上に立つのではと危機感を抱きます。
 焦った彼はショウの身辺を洗い出させ、さらに夫人は自分の娘を皇帝にしようと蒙総帥に加勢します。

 ショウは実験の果てに黒火を手に入れたのだと興奮し、インは自分の手を本物だとしなかったトンボを殺してしまいます。
 梨香(りこう)はトンボを殺したことは魚の餌になったと言い、インにも意味があるのだと続けます。
 ショウは一旦は帰宅しますが、少しでも早く黒火を手に入れて力を手に入れるのだとすぐに出て行こうとしますが……

 インはショウが手に入れたい「力」とは姉のことだと言いますが、ショウは新しい義手を作ると言って切り抜けます。
 墨首席は黒火の鎧を調整してインに着せてみて、インは一瞬記憶を失ってしまいました。
 ショウは澄には「友人」のために義手を作ると説明し、黒火のめどがついたと言い、さらなる力を求めていきます。

 謎の敵がショウの屋敷に現れ、梨香とネイと2人でそれを追い払います。
 敵が置いていったのは持っているだけで罰せられる「禁書」であり、ショウを陥れようとしているのではないかと推測しますが……
 ネイの存在が明るみに出てしまい、ショウは反抗軍と関係があると疑惑をあげられて逮捕されます。

 澄はショウが別の女性とつながっていたことにショックを受けて呆然とします。
 その裏で夫人の陰謀が次々と動き始めるようですが……

【感想等】
 水樹さんのオープニングでテンションが上がりますが、肝心のインさんのことが心配になります。
 美術部に問題があるように鎧にも問題があったということなのでしょうか。
 インさんは記憶を失い続け、ショウさんは心を失い続けるのかもしれません。

 お兄ちゃんにデレデレの一方で部下にはやたらと厳しい澄さんは指導者としてやや疑問かも。
 だからといって蒙総帥や夫人が立派な人物だとは思えませんが……
 ショウさんがインさんとの浮気現場を押さえられて寵愛を失う展開を個人的には想定していました。

 インさんが問題を抱えながらも強くなっていき、最終決戦の時も近いのかなと思います。
 次回はどんなお話になるのかわかりませんが、ただでは済まないのは確実かと。
 反抗軍の戦力がどのくらいいるのかにもよりますが、最後は帝国を倒して終わるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム