【アニメ感想】あかねさす少女 第9話「そこに在る黄昏」

 あかねさす9話を見て感想を書かせていただきます。
 これまでと違ったその世界は、ある意味では「最終決戦」の場にふさわしいかと。
 簡単に言えば「黄昏の王」がこれまでの全て事件の元凶なのでしょうか。

【内容】
 幼い日のシリアスカは祖母や弟とともに逃げていましたが、弟は行方不明になってしまいます。
 シリアスカはご神木の近くに侵入者がいると知り、その侵入者というのは明日架たちでした。
 明日架は帰る気はないといい、シリアスカは黄昏に飲まれた世界がどうなるのかと言ってきます。

 オープニングの後、明日架は優を楔にしたと説明しますが、こちらの優は黄昏に飲み込まれたとのこと。
 エロ優と優が融合している一方、シリアスカは雪吊りのようなアカネアンバーが浸食を止める存在であると説明します。
 黄昏の王を倒せばトモヤたちも元に戻るかもしれないとのことですが……

 黄昏と戦うために訓練をしている連中がいて、シリアスカは彼らのリーダーなのだとか。
 イコライザーを発現させるのは希有なことであり、奈々、クロエ、みあにはアストラルモジュールが渡されます。
 そして、イコライザーという力を持った者には責任が伴うのだと念を押します。

 アカネアンバーの濃度変化に異常があったことからシリアスカが戻ってきたとのこと。
 クラッターよりも上位の存在「黄昏の王」がやってきたとのことですが……
 シリアスカは他の世界を巻き込んで彼らと戦う算段を進めていたようです。

 優は子ども達に「黄昏の王」呼ばわりされて物をぶつけられ、泥や水を浴びてしまいます。
 現地にやってきた優はエロ優の意識が強まって明日架に抱きついてきました。
 シリアスカは子どもたちの勝手な行動に怒りますが、ますます危機が近づいたようです。

 明日架たちは出て行った子ども(タクミ)たちを探しに向かいますが、対黄昏部隊の人々は黄昏に飲み込まれます。
 少年の姿をした存在が「黄昏の王」なのかはさておき、奈々、クロエ、みあの3人は変身して戦闘を開始することに。
 優はエロ優でもあることから自分も変身できるのではないかと気づきますが……

 ご神木にひびが入ったかと思えば、いくつもの首を持った怪物が現れます。
 シリアスカが「私が倒す」と言って攻撃を仕掛け、渾身の一撃が相手を捉えるのですが、ご神木は砕けてしまいます。
 アカネアンバーは完全に溶かされ、住民達は逃げるようにと言われますが……

 シリアスカはタクミだけでも助けてほしいと言い、タクミを楔にして元の世界に戻るようにと一言。
 「失った可能性を見いだしてうれしかった」と言い、一人で黄昏の王に向かっていくのですが……
 優は明日架を押しとどめつつ彼女たちを元の世界に戻してしまうのでした。

【感想等】
 他のアニメよりもお話が早く進み、その内容も1つも2つも先を進んでいるような気がします。
 設定やキャラクターは言うまでもなく、幻想的ながらもどこか恐ろしい、例えようもない不思議な作品かと。
 雪吊りという地域性のある言葉、2人の優さんの「一人芝居」など見るべき点はあまりにも多いです。

 お話の終わりが近づいたのか、タイトルにも通じそうな「アカネアンバー」なる言葉が出ていました。
 それだけならまだしも「黄昏の王」がやってくると聞いてはさすがに厳しいような気がします。
 奈々さんやみあさんの戦闘シーンを見ていると、明日架さんや優さんがどんな形態になるのかが気になるところ。

 冒頭で弟さんが出てきて、中盤で似たような背丈のキャラが出てくれば、概ね正体は見えてきたような気がします。
 主人公サイドの敗北は想定内でしたが、実際にシリアスカさんを失っては涙に暮れるしかありません。
 残り4話だと思われますが、残された明日架さんたちがどうやって事態を収拾するのか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

黄昏の王の登場

こんばんはです。

シリアスカさんの世界に来たアスカさん達は
黄昏に侵食されていく様をみた。
神木の地下にてあかねアンバーと言うものが
あり、黄昏の侵食を防ぐ効果があるようだ。
クラッター反応のアラートはやはり王の
可能性が出てきました。
エロ優さんと融合したユウさんが
面白かった。
しかし黄昏の王の侵入を許してしまい、
神木を破壊しに来た。
姿は子供であったが力は本物であった。
ノイジー達を退けながらも王に近付いたが
破壊されてしまい、シリアスカさんの
世界は黄昏に飲み込まれてしまった。
アスカさん達を元の世界に戻して、
シリアスカさんは王に立ち向かう。
正体を知った瞬間にアスカさん達の
元の世界のシーンに切り替わる。

本日もお疲れ様でした。
いよいよ黄昏の王が出てきましたが、
どうも行方を捜していた弟さんが
王の可能性を示唆する話しであった。
猫さんと同様にここまでくると先の
展開が見えてきますね。
しかしエロ優さんもまだ何かありそうだ。
シリアスカさんがどうなってしまったのか、
気になる所だが、シリアスカさんが言っていた
楔となる人物がその世界に居ないと移動出来ない
という話が、シリアスカさんの安否を知って
しまったのと同じでしょう。
もしかしたら敵として今度は戦う羽目に
なるかも。
王を倒せば全員元に戻れる可能性があり、
このアニメのシリアスな内容と凝った作りには
驚くばかりです。

話が変わりますが俺妹シリーズで今回やっている
作品の製作者に志倉千代丸さんの名前があり
驚きました。
この方はゲーム制作でリリカルなのはや
STEINS;GATEでも有名な人だけに
多岐にわたる才能が凄いと感じた。

Re: 黄昏の王の登場

> こんばんはです。
 こんばんはです。
 こちらは終わりも近づいてきたかなという気がします。

> シリアスカさんの世界に来たアスカさん達は
> 黄昏に侵食されていく様をみた。
> 神木の地下にてあかねアンバーと言うものが
> あり、黄昏の侵食を防ぐ効果があるようだ。
 「あかね」さす少女というタイトル、
 変身の際の台詞などなど、
 重要な言葉なのは間違いないと思います。

> クラッター反応のアラートはやはり王の
> 可能性が出てきました。
> エロ優さんと融合したユウさんが
> 面白かった。
 エロ優さんと優さんと、
 この2人がこんな形で一つになるなんて
 思っていませんでした。

> しかし黄昏の王の侵入を許してしまい、
> 神木を破壊しに来た。
> 姿は子供であったが力は本物であった。
> ノイジー達を退けながらも王に近付いたが
> 破壊されてしまい、シリアスカさんの
> 世界は黄昏に飲み込まれてしまった。
 ラスボスは強敵だとは思いましたが、
 ここまで一方的な展開は、
 あまり考えたくありませんでした。

> アスカさん達を元の世界に戻して、
> シリアスカさんは王に立ち向かう。
> 正体を知った瞬間にアスカさん達の
> 元の世界のシーンに切り替わる。
 弟さんなのかなと思いますが、
 実際どうなのでしょうか。

> 本日もお疲れ様でした。
 今日も一日お疲れ様でした。

> いよいよ黄昏の王が出てきましたが、
> どうも行方を捜していた弟さんが
> 王の可能性を示唆する話しであった。
 そうなるとなかなか戦いづらくなりますね。
 主人公不在でバトルするわけにもいかないと思いますが……

> 猫さんと同様にここまでくると先の
> 展開が見えてきますね。
> しかしエロ優さんもまだ何かありそうだ。
 エロ優さんが戦闘に参加することになったら、
 意外と戦力になるのかもしれません。

> シリアスカさんがどうなってしまったのか、
> 気になる所だが、シリアスカさんが言っていた
> 楔となる人物がその世界に居ないと移動出来ない
> という話が、シリアスカさんの安否を知って
> しまったのと同じでしょう。
> もしかしたら敵として今度は戦う羽目に
> なるかも。
 かつての自分……ではありませんが、
 同じ自分と戦うことになったとき、
 明日架さんが戦意を失わないのか、
 そのあたりが少し心配になります。

> 王を倒せば全員元に戻れる可能性があり、
> このアニメのシリアスな内容と凝った作りには
> 驚くばかりです。
 これだけの作品が出てくるところに、
 今季のレベルの高さがうかがえますね。

> 話が変わりますが俺妹シリーズで今回やっている
> 作品の製作者に志倉千代丸さんの名前があり
> 驚きました。
> この方はゲーム制作でリリカルなのはや
> STEINS;GATEでも有名な人だけに
> 多岐にわたる才能が凄いと感じた。
 お名前はうかがったことはありますが、
 色々なところで出てくるすごい人なのですね。
 なのはさんは2期まで見ておりますが、
 シュタゲにはいずれ触れてみたいなと思います。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム