【アニメ感想】RELEASE THE SPYCE 第8話「N機関情報」

 リリスパの8話を見て感想を書かせていただきます。
 今回は沖縄に修学旅行……ではなく諜報活動に向かったようです。
 果たしてモウリョウの目的とは一体何なのでしょうか。

【内容】
 テレジアは初芽を呼び出して戦闘を仕掛けますが、逆に倒されてしまいます。
 寝ている間にクスリを除去したとのことで、周り一帯を吹き飛ばすほどの爆弾なのだとか。
 初芽はテレジアにモウリョウを抜けるようにと説得しますが……

 モモは師匠こと雪先輩と沖縄にやってきていました。
 雪とモモ、五恵や楓が沖縄に行った一方で初芽たちは空崎にもどったようです。
 とはいえ、彼女たちがやっているのは傍目から見るとただのバカンスなのですが……

 命や白虎はバカンス気分を味わってプールで泳いでいて、そこに初芽がスイカを持ってきます。
 沖縄でも命たちがスイカ割りをしていたかと思えば、兜をかぶった女(オウカ)が蛇を妙な音で追い払います。
 彼女は「一人でいる方がいい」と言い、五恵なふとテレジアのことを思い出します。

 五恵は兜の女性の角飾りをほめると、オウカは自分はバイキングの末裔だと熱く語り出します。
 雪たちはザ・シーサーの男性と対面しますが、彼らは悪の組織につぶされたとのこと。
 そこで潜入捜査をすることになりますが、島はバイキングに守られていると言われてしまいます。

 男性は人質を救出してほしいと訴え、その人物はオウカの祖父で植物の博士であるとのこと。
 雪たちは蛇に襲われますが、なんとか返り討ちにします。
 初芽は雪に水上ボートを送りつつ、同封された「自撮り棒」は無線接続器にもなると説明を受けます。

 オウカがバイキングとして立ちはだかり、五恵は自分が彼女と戦って仲間を先に進ませます。
 五恵は前回のこともあって一瞬ためらってしまい、雪たちは基地へと接近していきますが……
 門番を吹き矢(睡眠薬)で眠らせ、内部に潜入していきますが、度重なる罠に苦戦を強いられます。

 五恵は戦いをやめてほしいと訴えますが、オウカはあくまで一人で全てを解決すると主張します。
 モモは自らターミナルに行くと言い、そこで雪と合流する流れになりますが、自分の安全を優先するようにと念を押します。
 敵の首領は大事な資金源である「あの植物」を渡すわけにはいかないと一言。

 モモは例の植物を発見しますが、ハブと敵首領の攻撃が彼女を襲います。
 雪は敵の弾幕をくぐり抜け、楓は捕まっている博士を救出しようとします。
 自撮り棒から初芽がハッキングを続けますが、モモは敵のハブ拳に苦戦を強いられます。

 通信を媒介にハブの嫌な音を流し、相手のハブ拳は完全に封じられます。
 モモは剣を奪われたものの至近距離からの銃撃で敵を後します。
 勝利に喜ぶモモでしたが、雪は自分の命を優先しろと言ってビンタをかまします。

 首領は炎で基地を焼き払おうとしますが、オウカがバイキングアックスでそれを阻止します。
 オウカは祖父を救出できたことに感謝を述べ、五恵へ大切なバイキングの兜を渡します。
 実際は同じ兜が大量にあるというオチでしたが……

 モモは雪との微妙な距離感を感じているようです。
 初芽は空崎にもどってきた五恵を称賛し、自分もテレジアと和解できたらと考えます。
 しかし、そのテレジアは病院を抜け出ていたのでした。

【感想等】
 前回のゼリーみたいなものは初芽さんの言葉が正しければ恐ろしい話です。
 ドローンで怪しい薬物をまき散らすモウリョウならばおそらく事実なのかなと思います。
 そして私はツキカゲの使っているクスリにも何かあるのではと勘ぐってしまいます。

 沖縄でも空崎でもバカンスで終わればよかったのですが、オウカさんは予想どおり敵として立ちはだかります。
 日本国内でバイキングが出てくるという発想自体は素敵だと思います。
 五恵さんとオウカさんとが和解する流れでテレジアさんと初芽さんも和解できればいいのですが……

 オウカさんが五恵さんをかばって倒れるパターンはなかったので何よりでした。
 彼女が大量の兜を持っていたのはさすがに想定していませんでしたが。
 モモさんと雪先輩との微妙な距離感に不安を感じつつ、次回以降もしっかり見届けたいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム