【アニメ感想】ソラとウミのアイダ 第8話「春と波乃のアイダ」

 ソラウミの8話を見て感想を書かせていただきます。
 前回は真紀子さんのお話かと思いきや、最終的に春さんが締めくくってしまいました。
 今回は控えめに言っても波乃さんのお話だと思いますが……

【内容】
 あまりいい結果を出せなかったと波乃はトレーニングにいそしみます。
 おばさんに声をかけられたのはいいとしても、女の子に「顔が怖い」と言われてしまいます。
 そんな中、女子部のドキュメンタリーを作りたいという依頼が舞い込むのですが……

 波乃はテレビに反対しますが、女子部が認められるチャンスだと言われて受け入れることに。
 ルビーは見当違いだったので却下され、春の企画もあっさりと却下されます。
 くじ引きをした結果、春、波乃が密着されることになるのですが、2人の相性がよろしくありませんでした。

 波乃は笑顔なんて無理だと考えていましたが、春に行き際に声をかけられます。
 撮影現場に現れた春はお寿司屋さんの恰好で、波乃はなんとドレス姿になっていました。
 高子は2人をジャージに着替えさせて撮影を開始しますが、守護神についてはカットなのだとか。

 春が自然な笑顔を出す一方で、波乃は当初の懸念どおり笑顔が苦手でした。
 食事についてはテレビ局の予算で落ちるそうなので、たくさん食べていくことになりました。
 波乃は春にダメ出ししますが、今度は意識高い系だと言われて喧嘩になってしまいます。

 春は波乃のありのままを見せようといい、次の日はトレーニングを撮影することに。
 その後は自然体での撮影が続き、そこに波乃の幼なじみが登場します。
 それからシークレット撮影があると言われ、やってきたのは幼稚園でした。

 波乃は自分が村上海賊の末裔だとか宇宙漁について子どもには難しい話を始めます。
 暴れる子どもにキレそうになった波乃をなだめつつ、春はたちまちに子どもの心をつかんでしまいます。
 波乃は周りと衝突ばかりしてきた自分には宇宙漁のPRなんて出来ないと訴えますが……

 春は波乃のことを容赦なく言いつつも、彼女が宇宙漁をがんばってきたから自分もがんばれたと一言。
 冒頭に出てきた女の子が波乃に声をかけてきて、春は波乃の広島弁をうらやましいと言い出します。
 春は「私にいい考えがある」といい、波乃は付けひげをつけて寸劇をして、幼稚園児にウケたようで何よりでした。

 ツンツンだった波乃は「ありがとう」と顔を赤くして若干デレます。
 そして実際にテレビを見てみるのですが、画面の向こうには春の出番はほとんどありませんでした。
 春は波乃と喧嘩してしまいますが、いつの間にか2人の距離が近づいたというオチなのでした。

【感想等】
 それぞれのキャラクターの生い立ちなどがわかると、親近感がわいてくるのは私だけではないはず。
 少し前の舞湖さんのお話で「宇宙よりも遠い場所」を連想した人も少なくないかも。
 波乃さんのゴスロリチックな恰好も許されるならちょっと着てみたい……というのは冗談です。

 衣装だけに替わった人という第一印象だった波乃さんでしたが、お話が進むに従って真面目な一面が強くなってきたかも。
 宇宙漁という題材から離れるものの、ああいうドレスは個人的にいいかなと思えます。
 そもそもああいう衣装がどこに行けば手に入るのかという疑問はありますが……

 朝走ってきた後に視聴しているだけに、波乃さんに若干感情移入したのはここだけの話です。
 前回に続けて春さんが決め手になりましたが、最終的に波乃さんが子どもにウケたのはよかったかと。
 出番をカットされまくった春さんに若干同情しつつ、次回からも皆さんの活躍に期待したいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム