【アニメ感想】走り続けてよかったって。 第4話(終)

 走り続けて(以下略)の最終回を見て感想を書きます。
 前回は湊さんが色々と葛藤しながらも自分の演技を確立するお話だったかと。
 最後の発表会で、彼がどんな結論に至るのか、わたし、気になります!

【内容】
 発表会が近づき、湊たちはただ無言で台本を読んでいました。
 その姿を見た千歌子は心の中で彼にエールを送ります。
 オープニングの後、知加子は朗読会を終えてその健在をアピールします。

 こんどの学園祭で千歌子は隊長で主人公役なのだとか。
 湊は俺も早く役に魂を吹き込みたいと言い、千歌子は「役に魂を吹き込もう」と手を握ってきます。
 これから自主練習をするからあまり会えなくなるとのことですが……
 
 湊は感情がこもってきたと言われつつも温度差を意識してほしいと指摘を受けます。
 その後も自主練習を続ける湊は、ふと千歌子からのメッセージを思い出します。
 湊は千歌子を訪ねますが、彼女は体調が悪いから練習を休んでいるとのことです。

 川を眺めていた千歌子に湊は声をかけ、暖かいはちみつレモンを与えます。
 千歌子は人前では緊張してしまうと自分の心情を吐露しますが……
 湊は「多くの拍手を聞きながら、走り続けてよかったって」と彼女のポエムを引用します。

 湊は「色々悩むことも悪くない」と言い、千歌子が舞台に立つと演じている役そのものに見えると言い出します。
 そして学園祭当日になり、千歌子は見事に与えられた役を演じきります。
 一方で、湊は脇役ながらも与えられた役を演じることが楽しいという結論に至ります。

 2年後、湊が住んでいたアパートには別の住民が住むようになりました。
 湊や千歌子は駆け出しながら声優として仕事をするようになっていました。
 そして現場に立ったことで「走り続けてよかったって」と結論づけるのでした。

【感想等】
 湊さんと千歌子さんの会話を聞いているともう付き合えばと思えてきます。
 「主役をやりたい」ではなく「役に魂を吹き込みたい」と考えが変わったのは大きいかも。
 どんな役でも、与えられた役に全力を尽くすことが大切ということなのだと思います。

 若くして「色々悩むことも悪くない」と達観した考えに至った湊さんがすごいなと思います。
 現実に卒業してすぐプロになれるかは怪しいですが、そのあたりは突っ込まない方がいいのかもしれません。
 全ての声優を目指す皆さんへエールを送りつつ、ひとまずここで筆を置こうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

最後にもう1回タイトル回収。

Re: No title

> 最後にもう1回タイトル回収。

 コメント有難う御座います。
 後で修正しておくかもしれません。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム