【アニメ感想】少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第12話(終)「レヴュースタァライト」

 スタァライトの最終回を見て感想を書かせていただきます。
 最初は宝塚のような作品だと思っていましたが、あまりにもスケールの大きなお話に驚きました。
 私のようにスタァライトされてしまった視聴者は決して少なくないはず。

【内容】
 舞台は一体どこに行ったのか、なな達は調理実習のようなことをしていました。
 ひかりは星を積み上げていましたが、途中で落下してしまいました。
 何かを思い出したひかりに、キリンは「わかります」と一言。

 華恋はひかりの元にやってきた頃、残りメンバーはお鍋を食べていました。
 ひかりは「私はクレール」といい、華恋はそんなひかりに声をかけてきます。
 そして飛び入り参加してきたキリンはまたも「わかります」と告げます。

 必死に声をかける華恋ですが、ひかりは華恋のことを覚えていませんでした。
 ひかりは「お待ちなさい」と言っていたら突然に巨大な星がひかりを吹き飛ばしてしまいます。
 繰り返される「再演」に耐えるひかりに必死に呼びかける華恋なのですが……

 華恋はあのときの「約束」について触れ、私たちの「スタァライト」は始まらないと一言。
 ひかりは「どうして会いに来るのよ」と涙を流してきました。
 「この星のティアラには何の意味もない」と巨大なティアラに乗って落下していくひかりなのでした。

 華恋は一緒にスターになるのだと言って飛び降りて「アタシ、再生産」を行うことに。
 互いに剣を持って戦闘を繰り広げる2人を見て、キリンはまたも「わかります」と言い出します。
 さらに、舞台は観客が望む限り続くのだと訴え「あなたと一緒に見たい」と続けます。

 ひかりは永遠に演じ続けることこそが「贖罪」であり「運命」なのだと一言。
 華恋は気がついたら観客席にいましたが、スタァライトには別れない結末もあるのだと訴えます。
 「再生産」されたことで結末の続きが始まり、華恋は全部を奪ってもいいと言い出します。

 舞台に立つたびに生まれ変わるのだと「アタシ再生産」を訴える華恋さん。
 東京タワーのようなものを出してきた華恋に、キリンは興奮した様子で「わかります!」と続けます。
 ひかりは「スタァライトしたくなる」と言って華恋と2人で「星摘みのレヴュ」をはじめます。

 「スタァライト」の舞台でクレールとフローラは再会を果たします。
 華恋は自分たちの星を、ひかりは自分たちの運命を見つけたのだと一言。
 そしてこれこそが、運命で結ばれた新しい永遠の物語なのでした。

【感想等】
 当初は「音楽少女」がアイマスで「スタァライト」はラブライブだと思っていました。
 1話から当然のごとく決闘が行われたとき、とんでもない衝撃を受けたのを覚えています。
 そして、気がついたら私自身も「スタァライト」されてこのアニメのとりこになりました。

 ラストバトルなのかなと思ったらいきなり調理実習(?)していたのは驚きました。
 直前にシリウスを見ていたのでキリンさんとエフグラフさんがつい重なってしまいます。
 何度も「わかります」と言われても最初は何のことかわからなかったのは内緒です。

 結局はひかりさんが1人で犠牲になろうとして、華恋さんが彼女を止めにやってきたということでしょうか。
 個性的なキャラクターに加えて、みるものを引きつける不思議な魅力を持つ作品だったのは間違いないはず。
 秋アニメという新たな「舞台」がどんなものになるのかをキリンさんとともに見守って行けたらと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム