【アニメ感想】重神機パンドーラ 第26話(終)「選ばれた未来」

 パンドーラさんの最終回を見て感想を書かせていただきます。
 ロボットバトル中心と思っていたのも今ではいい思い出かもしれません。
 2クールに渡る戦いの結末は一体どんなものになるのでしょうか。

【内容】
 レオンは姫や仲間の尽力でダークドライブを止めた上でジークと対峙します。
 ジークは命を犠牲にしたことで生命は進化したと主張し、レオンは生きるために彼を終わらせようとします。
 精神体に過ぎないジークを押さえつけてそのまま消滅させようとしますが……

 レオンはジークが多重次元のロンの集合体だとクロエに説明します。
 クロエは幼いときに兄からもらったぬいぐるみに「ジーク」と名付けたことを思い出します。
 しかしジークは前もって仕掛けをしていたことで窮地を脱出します。

 ジークが戦闘態勢に移行したことでレオンも戦闘を開始することに。
 生命体を「進化」させることこそがジークの目的であり、そのことで新たな世界を作ろうとしていました。
 触手が人々を襲う光景を見たレオンは「僕は貴方を許さない!」と攻撃を仕掛けます。

 ジークは全てが一つになったときに究極の進化が始まるのだと言い放ちます。
 互いに光に包まれながら激しい戦いを繰り広げるレオンに仲間達は一斉に呼びかけます。
 ジェイは家族計画を読み上げてレオンが復活し、裸でうろちょろしないと勝手な条文を加えます。

 思い思いの家族契約とともにレオンはジークの「進化」を拒否して攻撃を加えます。
 ジークは人間が滅ぶ未来は変わらないと告げますが、レオンはおいしいごはんを食べたいと一言。
 最後はジークを再び閉じ込めて全ての戦いに決着を付けるのでした。

 レオンは突然苦しみ出しますがおなかがすいたというオチでした。
 朝日が昇り、リアクターも落ち着いたようで何よりでした。
 そして最後は「家族」らしく食事を囲みつつ、ロンが餃子を好きだったことを思い出します。

 突然仕事の連絡が入り出撃することになったレオンたち。
 火鍋とホワイトチョコレートが待っていると変形し、戦闘態勢に移行します。
 彼らの戦いはまだまだ続く……のかもしれません。

【感想等】
 ただのロボットアニメだと思って見始めたのは遠い昔のことでした。
 中盤からは多重次元、渾沌と色々と用語が出てきてほとんどわかってなかったりします。
 それでもジークさんのノリノリの演技につられて完走することができました。

 堅物そうなジェイさんが家族契約を読み上げるシーンでちょっと泣いてしまいました。
 家族契約がここまで重要なものだったことを最初から予期していた人は少ないと思います。
 ダグさんが途中離脱した時もありましたが、主要キャラに犠牲が出ることなく終わったのは何よりでした。

 最後はみんなで食事をするというのは「家族」らしくてよかったと思います。
 ロンさんとの契約が今の家族契約になり、最終的に世界を救った(?)と思うと感慨深いです。
 とりあえず朝ごはんをいただいて力を付けつつ、アニメの「進化」を見届けていきたいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム