【アニメ感想】百錬の覇王と聖約の戦乙女 第12話(終)「帰るべき場所」

 百錬の12話(最終回)を見て感想を書かせていただきます。
 紆余曲折を経て元の世界に戻った勇斗さんは一体何を思うのでしょうか。
 流れ的にはもう一度あちらに戻るしかないとは思いますが……

【内容】
 敵との戦いに勝利したかと思えば、勇斗はいきなり元の世界に送還されます。
 目の前には美月が登場してとりあえず互いに抱き合って無事を喜ぶことに。
 向こうが心配になった勇斗は自分のスマホに連絡を取ろうとしますが、電波は通らないようです。

 美月と勇斗がイチャイチャする一方、ロプトは倒すはずの勇斗がいなくなって憤ります。
 同じくスレインも勇斗がいなくなったことに困惑しつつも狼の部族を攻撃することになりました。
 フェリシアはジークルーネに勇斗が戻っていったことを告げますが……

 豹と雷の部族が動いている頃、勇斗は美月と新しい服を買いに行くことに。
 勇斗はお店の風景にどうしても自分の部族が心配になってきます。
 金欠だと言いつつも美月に礼をすると言い、美月は思わず顔を赤らめます。

 ジークルーネは傷が治っていないにもかかわらず出陣することを決意します。
 報告を受けたリーファは勇斗を召喚すると言い出します。
 ただし、戻ってくるのは勇斗次第とのことですが……

 リネーアは勇斗が討ち死にしたと報告を受けてショックで錯乱してしまいます。
 狼の部族を乗っ取るという提案をはねつけ、兄上は生きていると訴えます。
 その「兄上」こと勇斗は美月のお手製弁当で花見デートを楽しんでいました。

 突然イングリットから連絡が入り、勇斗は豹と雷の部族が攻めてきたことを聞きます。
 勇斗はもう一度自分がユグドラシルに行けないかと問いますが、フェリシアは彼の決断に従うと一言。
 彼女は兄を第一に考えるのは妹と言って自分の悲しみをこらえます。

 美月は勇斗がユグドラシルに行きたがっているのに気づき、自分も一緒に行くと言い出します。
 「好きな人といるための苦労は喜んでする」という美月に、勇斗は俺の奥さんになってくださいと言い出します。
 勇斗は美月を抱きしめ、さらには視聴者にキスシーンを見せつけつつユグドラシルに戻るのでした。

【感想等】
 全てを終わらせないまま元の世界に戻るのは意外と新鮮かもしれません。
 美月さんと抱き合う光景を他の女性陣が見たら一悶着あるようにも思えます。
 不謹慎ながらもデートシーンはちょっとうらやましく思えたのは内緒です。

 平和な日本と戦乱のユグドラシルが対照的に描かれているのが見て取れます。
 ロプトさん達の攻撃は「リア充爆発しろ」という意思表示……というのはさすがに冗談ですが。
 いずれにしても勇斗さんが再びあちらに行くのは必然のように思えます。

 いきなりのプロポーズにちょっと感動したのは私だけではないはず。
 今思えば、向こうの世界での妹、娘という言い方は相手を好きだけど結婚しないという理由付けだったのかも。
 雷や豹との決着がつかないまま終わったのが気になりますが、概ね綺麗にまとまったと思います。

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム