【アニメ感想】メジャーセカンド 第25話(終)「約束」

 メジャーセカンドの最終回を見て感想を書かせていただきます。
 前回は絶望的な展開に終わるのかと思っていたのですが、吾郎さんの登場に救われた気がします。
 偉大な父は悩める息子に一体どんな声をかけるのでしょうか。

【内容】
 台湾から日本に戻ってきた吾郎は実父(本田茂治)の墓参りをします。
 大吾は中学受験の勉強をしていましたが、吾郎はいずみとキャッチボールをしていました。
 吾郎は問答無用で大吾にグラブを持ってこいと言い出しますが……

 大吾は野球をやめたと言い出しますが、吾郎は光の一件について知っているようです。
 薫は大吾がこれまで一生懸命に野球をやっていたことを告げます。
 吾郎は「大吾のことは俺に任せてくれ」と言い、しつこく息子に声をかけてきます。

 息子につきまとう吾郎はハンバーガーショップで大吾と睦子が付き合っているのかと言い出します。
 「やりたくないなら無理にやることはない」と言い出す吾郎さん。
 そのまま勉強に付き合う吾郎なのですが、結局娘に勉強を教わることになりました。

 吾郎は田代、藤井とお酒を飲みつつ大吾のことを教えてほしいと言い出します。
 「野球ではベテランでも、オヤジではルーキー」と語る吾郎さん。
 そのまま釣りに付き合うのですが、向こうでは野球少年たちがランニングをしていました。

 大吾は自分が野球を続けないことについて問いますが、吾郎は好きなことをすればいいと答えます。
 バッティングセンターにやってきた吾郎は快打を連発して周囲を驚かせます。
 その様子を見た大吾はまたも光のことを思い出し、吾郎は寿也に電話をかけて会えないかと言い出します。

 吾郎はドライブの後、父親の死や肩を壊したことで自分が野球をやめようと思ったことを言い出します。
 つらい思いをしてまで野球をすることはないと言われた大吾は悶々とした表情を浮かべます。
 「俺はおとさんみたいに強くない」と言いつつも野球の楽しさを知っている大吾なのですが……

 光がああなったのに野球を続けられないと語る大吾の前に、車椅子状態の光が登場します。
 彼は密かにリハビリを続けて、今は車椅子で動くことが出来るようになったようです。
 キャッチボールをして健在をアピールする光の姿に、吾郎は寿也が野球をやめるなと言ったことを思い出します。

 光は自分が絶対復活するからと、大吾に野球をやめるなと伝えます。
 大吾はこれまでのお話を睦子に伝えつつ、復帰初日は父親とキャッチボールをすると帰宅しますが……
 薫によると吾郎は中南米で野球をするといって家を出て行ったのだとか。

 「心絵」をバックミュージックに大吾は父親を追いかけてキャッチボールをしようと言い出します。
 父のボールを受けた大吾は本気で野球をやってみるのだと決意します。
 そしてCパートでは睦子とともに風林中学の野球部に入部した大吾なのでした。

【感想等】
 冒頭からお墓参りをする吾郎さんに懐かしいものを感じる人は少なくないはず。
 ずけずけと相手に踏み込んでくる吾郎さんに高校のときにスカウトしていたシーンを思い出します。
 一応高校受験の勉強をしていたはずの吾郎さんが娘さんに勉強を聞くのはシュールです。

 野球選手の息子うんぬんという話題でふと(吾郎さんの義弟の)真吾さんを思い出してしまいました。
 受験受験と連呼する大吾さんですが、彼が中学受験をする必然性がよくわかってなかったりします。
 父親たちの例を見ても公立中学でも野球できると思いますし。

 吾郎さんが父親の死と肩を壊したエピソードを言ったところでも懐かしさを感じてしまいます。
 光さんと大吾さんの関係はもちろん、吾郎さんと寿也さんのエピソードを流してくるところで涙が出てきます。
 そして旧作をみて「条件付け」された私には「心絵」は反則としか言いようがありません。

 旧作を見た人には懐かしさを、そうでない人も大吾さん達の一生懸命の姿に思うところは多いはず。
 大吾さんが中学受験を突破したことはいいとしてもなにげに睦子さん以外にも女子部員がいたことに驚きました。
 2期放送の告知はありませんでしたが、かつての吾郎さんが左投げで復活したように絶対2期はあると信じてます。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム