【アニメ感想】ハイスコアガール 第11話

 ハイスコアガールの11話を見て感想を書かせていただきます。
 ハルオさんが高校生になってゲームの世界も恋愛もますます進んでいるのを感じます。
 晶さんと小春さんの勝者がハルオさんに告白する展開になるのでしょうか。

【内容】
 小春はゲームセンターで晶を見つけて声をかけます。
 宮尾は空気を読んで2人に話しかけますが、晶は相変わらず口を開きませんでした。
 小春は晶と対戦すると言い出しますが、宮尾はかんしゃくを起こした大人を見てやめた方がいいと忠告します。

 土井はハイテンションで飴を狙いますがなかなかうまくいきませんでした。
 小春はもしハルオが高校受験に合格したらどうなっていたのかと対考えてしまいます。
 ハルオについて聞かれた晶はボールに頭をぶつけてしまいます。

 晶はバーチャコップをすることにし、小春も一緒にやると言い出します。
 小春はハルオのことをどう思っているのかと語りかけると、晶はミスを連発してしまいます。
 そうかと思ったら小春が告白すると言い出すと急に実力を示してきました。

 晶はゲーセンを去っていき、小春は自分が何をやっていたのかと考えてしまいます。
 家に戻った晶はゲームセンターに行ったことを「グレる」兆候と家庭教師の女性に怒られてしまいます。
 じいやはバーチャルボーイを買ってあげてほしいと訴えますが……

 家庭教師は晶に一切の金銭を与えず、午後4時の直帰を原則だと言い出します。
 一方でハルオは友達から借りたというネオジオCDをプレイしますが、そのロードの長さに驚きます。
 晶はハルオを意識して思わず悶々としてしまいますが……

 1995年7月、ゲームセンターを探し回るハルオでしたが、問題の晶の姿が見つかりません。
 ハルオは実戦のカンを取り戻して完全復活したと言い、小春に雪辱を果たそうとします。
 小春はハルオが晶を意識していることに悶々としてしまいますが……

 ハルオは「バーチャルボーイ」を買うためにアルバイトに励んでいました。
 じいやは晶が家出したと言い、彼女を取り巻く状況について説明しつつも心配します。
 ハルオはもっと早く晶に会えばよかったとついつい考えてしまいます。

 川崎にやってきたハルオはゲームショップでニューファミコンを見て興奮します。
 ガイルやダルシムに殴られつつ晶を探索するハルオさん。
 持ち金が少ないのならば長く遊べるゲームをやっているのではないかと推測します。

 ゲームのキャラがハルオに声をかけ、ハルオはついに連勝を続ける晶を発見します。
 「飯でも食いに行くべ」と晶を連れ出すハルオさん。
 次のお話では2人の因縁に決着が付けられることになるのでしょうか。

【感想等】
 高校生になった小春さんは前向きで魅力的な女性になったと思います。
 晶さんもミステリアスな美人さんですが、彼女が一言も発しないのは何か事情があるのでしょうか。
 言葉こそ発しないもののハルオさんを意識しているのは明らかではあるのですが……

 晶さんを取り巻く状況があまりにも厳しくて驚きました。
 作中で出てきたバーチャルボーイ、ネオジオCDはさすがに見たことすらないです。
 今は「ネオジオミニ」なる存在があるようですが、まだまだ買う日は遠いのかもしれません。

 状況が状況だけに晶さんが家出したというのはなんだかわかる気がします。
 ゲームのキャラが所々に突っ込みを入れてくるシーンは相変わらずシュールでした。
 次回は最終回と思いますが、晶さんと戦って告白して終わるのではないかと考えます。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

遅くなりましたがこんばんは。
ハイスコアガール11話の
視聴、おつかれさまでした。

晶さんと小春さんは、今や立派な
恋のライバルなのだと思います。
小春さんのほうが気が利く
女子なのかも知れませんが、
ハルオさんにとって本当の
相棒は晶さんなのでしょうね。

様々なキャラがハルオさんを
励ますシーンは良かったかと。
彼はガイルやダルシムと
縁が深いようですが、なにげに
バブルン&ボブルンが居たのは
ちょっと意外でした。
余談ですが、CD系のハードは
読み込みが遅い物が多いですね。
又実際にバーチャルボーイを遊んで
いる姿は、見ていて少し笑えます。

ちなみに今日は4話・6話も見ました
(5話は不具合で録画する
ことができませんでした)
格闘ゲームはやや苦手な私ですが
この辺りの話を見ていると、
小春さんのことも応援したくなります。
以前、猫さんがツイートでしていた
「ガイルさんに追加技がない」の
ネタの意味も分かって良かったです。

文章が長くなってすみません。
猫さんもアニメやポケモンのプレイ等
一日お疲れさまでした。
私も明日は余裕ができればと思います

Re: No title

> 遅くなりましたがこんばんは。
> ハイスコアガール11話の
> 視聴、おつかれさまでした。
 お早う御座います。
 実は思いっきり眠っていました。

> 晶さんと小春さんは、今や立派な
> 恋のライバルなのだと思います。
> 小春さんのほうが気が利く
> 女子なのかも知れませんが、
> ハルオさんにとって本当の
> 相棒は晶さんなのでしょうね。
 おっしゃるとおりだと思います。
 晶さんの口数が少ないのがちょっと気になりますが……

> 様々なキャラがハルオさんを
> 励ますシーンは良かったかと。
> 彼はガイルやダルシムと
> 縁が深いようですが、なにげに
> バブルン&ボブルンが居たのは
> ちょっと意外でした。
 小学生時代からスト2に親しんだ彼は
 特にガイルさんと仲良しなようです。
 バブルンさん達は気づきませんでした。

> 余談ですが、CD系のハードは
> 読み込みが遅い物が多いですね。
> 又実際にバーチャルボーイを遊んで
> いる姿は、見ていて少し笑えます。
 ネオジオCDは特にロードが長かったそうですね。
 プレステ以降のソフトもロードは全体的に長くなったそうですが……
 バーチャルボーイは実物すら見たことがないので、
 なんだか微笑ましいなと思います。

> ちなみに今日は4話・6話も見ました
> (5話は不具合で録画する
> ことができませんでした)
> 格闘ゲームはやや苦手な私ですが
> この辺りの話を見ていると、
> 小春さんのことも応援したくなります。
 このあたりでは小春さんが
 ガチャガチャプレイしていたのですよね。
 彼女の一途なところはすごくいいなと思います。

> 以前、猫さんがツイートでしていた
> 「ガイルさんに追加技がない」の
> ネタの意味も分かって良かったです。
 このアニメで知ったことなのですが、
 ちょっと意外かもしれません。

> 文章が長くなってすみません。
> 猫さんもアニメやポケモンのプレイ等
> 一日お疲れさまでした。
> 私も明日は余裕ができればと思います
 こちらこそご訪問有難う御座います。
 私ももう少ししたら浮上したいです。

晶さんの家出騒動

こんばんはです。

長文失礼します。
小春さんは何とか晶さんとの
会話を繰り返しますが、
相変わらず喋らないです。
冷静さを保ってバスケシュートを
入れるが、小春さんが晶さんに
春雄さんにちゃんと遭っている?
と聞いた途端に動揺してミスして
しまった。
宮尾君の言葉に一瞬ではあるが
言葉が出そうでしね。
言葉が出ない病気があるので、
もしかしたらその病気かも。
キッカケがあると喋れるように
なるらしいく精神的な病気ですね。
小春さんは晶さんに春雄さんの事を、
何も思ってないなら私がと、
つい本音を語りそうだった。
晶さんは家庭教師の業田さんから
ゲーセン及び、一切の遊びを禁じられ
スパルタな教育方針であった。
恋愛も禁止と言われ首に付けた
指輪付きのネックレスを触る仕草が
可哀想で仕方がなかった。
また布団の中で晶さんが涙を流しながら
のシーンには泣きそうになりました。
バーチャルボーイとか懐かしく、
顕微鏡を覗くような格好でプレイ
する方式で、白黒のゲームでしたね。
書き込みにもありましたが、
側から見ると滑稽な姿で笑えます(^^)
現在でこそVR時代ですが当時には
早すぎた感じもした。
携帯機というより添え置き機でしたね。
数本ソフト出して姿を消しました。
すっかり自身を取り戻した春雄さん
だったが、姿を見せなくなった晶さん
との勝負が出来なく気持ちが空回り
している事に嘆くシーンも
切なさが分かるだけに感慨深いです。
家のしつけが厳し過ぎて晶さんは
家出をしてしまった。
春雄さんは川崎にあるゲーセンを
探し回り諦めかけていたが、ついに
晶さんを発見するとは流石でした。
晶さんの表情も恥ずかしい仕草が
可愛いかった。
春雄さんが晶さんに食事を誘う所は
素晴らしいと思った

話はアニメから変わりますが、
現在のゲーム業界も激しいですね。
VITAの撤退を皮切りに携帯ゲーム機は
いずれなくなり、スマホで各メーカが
争ってゲーム作りの時代は既に来てますね。
ゲーム機は家庭のみにしぼられそう。
ゲーセンも顧客集めの為の戦略を感じます。
セガさんのようにオンゲキや、Fate、
艦これと言った人気あるアニメなどを
ゲームに取り入れたのも戦略ですよね。
セガさんはeスポーツにも参入するらしく、
ぶよぶよとは激しそうだ(^^)

Re: 晶さんの家出騒動

> こんばんはです。
> 長文失礼します。
 こんばんはです。
 ハイスコアガール視聴おつかれさまです。

> 小春さんは何とか晶さんとの
> 会話を繰り返しますが、
> 相変わらず喋らないです。
 単に無口なのか、
 それともしゃべれないのか、
 ますます気になります。

> 冷静さを保ってバスケシュートを
> 入れるが、小春さんが晶さんに
> 春雄さんにちゃんと遭っている?
> と聞いた途端に動揺してミスして
> しまった。
 冷静なキャラかと思わせておいて、
 年相応のところがあると
 やっぱりかわいいなと思います。

> 宮尾君の言葉に一瞬ではあるが
> 言葉が出そうでしね。
> 言葉が出ない病気があるので、
> もしかしたらその病気かも。
 ここまで徹底的に言葉がないと
 本当に病気を疑ってもいいような気がします。

> キッカケがあると喋れるように
> なるらしいく精神的な病気ですね。
> 小春さんは晶さんに春雄さんの事を、
> 何も思ってないなら私がと、
> つい本音を語りそうだった。
 最終回でいきなりしゃべってくるのかもと
 そんなことをついつい考えてしまいます。

> 晶さんは家庭教師の業田さんから
> ゲーセン及び、一切の遊びを禁じられ
> スパルタな教育方針であった。
 門限くらいならまだしも、
 ここまで厳しい状況になると
 家出しても仕方ないような気がします。

> 恋愛も禁止と言われ首に付けた
> 指輪付きのネックレスを触る仕草が
> 可哀想で仕方がなかった。
> また布団の中で晶さんが涙を流しながら
> のシーンには泣きそうになりました。
 これまで断片的に彼女の事情を推測するだけでしたが、
 これだけ間近で見ると考えさせられます。

> バーチャルボーイとか懐かしく、
> 顕微鏡を覗くような格好でプレイ
> する方式で、白黒のゲームでしたね。
> 書き込みにもありましたが、
> 側から見ると滑稽な姿で笑えます(^^)
> 現在でこそVR時代ですが当時には
> 早すぎた感じもした。
> 携帯機というより添え置き機でしたね。
> 数本ソフト出して姿を消しました。
 ネットで調べましたが
 なかなか個性的な形で驚きました。
 なんでも3DSの前身ともいえるらしいですが……

> すっかり自身を取り戻した春雄さん
> だったが、姿を見せなくなった晶さん
> との勝負が出来なく気持ちが空回り
> している事に嘆くシーンも
> 切なさが分かるだけに感慨深いです。
 このあたりのすれ違いは
 見ていて悶々としてしまいます。

> 家のしつけが厳し過ぎて晶さんは
> 家出をしてしまった。
> 春雄さんは川崎にあるゲーセンを
> 探し回り諦めかけていたが、ついに
> 晶さんを発見するとは流石でした。
 所々でゲームキャラに助けられるシーンが
 見ていて面白かったです。
 ガイルさんとは長い付き合いなのでしょうね。

> 晶さんの表情も恥ずかしい仕草が
> 可愛いかった。
> 春雄さんが晶さんに食事を誘う所は
> 素晴らしいと思った
 ここで2人が打ち解けて、
 次回で締めくくるのかなと思ってます。

> 話はアニメから変わりますが、
> 現在のゲーム業界も激しいですね。
> VITAの撤退を皮切りに携帯ゲーム機は
> いずれなくなり、スマホで各メーカが
> 争ってゲーム作りの時代は既に来てますね。
> ゲーム機は家庭のみにしぼられそう。
 ハイスコアガールの題材的には
 ゲームの話題もありかなと思います。
 携帯機はスイッチに一本化という説も。
 ただ子供には手を出しづらい値段ともいえそうです。
 スマホゲームもすぐ終わったりすることもあるので、
 なかなか難しいようですが……

> ゲーセンも顧客集めの為の戦略を感じます。
> セガさんのようにオンゲキや、Fate、
> 艦これと言った人気あるアニメなどを
> ゲームに取り入れたのも戦略ですよね。
 かつてはメガドライブなどを作っていたあちらも、
 ずいぶんと様変わりしたなと考えてしまいます。
 これも時代の変化ゆえなのかもしれません。

> セガさんはeスポーツにも参入するらしく、
> ぶよぶよとは激しそうだ(^^)
 eスポーツはあまりよくわかりませんが、
 そもそもゲームがスポーツなのか
 よくわからない私がいます。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム