【アニメ感想】夢王国と眠れる100人の王子様 第12話(終)「光りはすぐそこに」

 夢王国の最終回を見て感想を書きます。
 キエルさんとセティークさんとの因縁もようやく決着がつくようです。
 タイトルどおり100人の王子様が出ることはもう期待しない方がいいのでしょうか。

【内容】
 キエルはセティークの手を取ってそのまま眠ってしまいました。
 彼は仲間達に謝罪しつつもセティークの夢を叶えたいのだと告げます。
 その場合のキエルの行方がどうしても気になりますが……

 ケガレマルが主人公たちを吹き飛ばしてその行く手を阻みます。
 キエルは自分ではダメだからと弱気になり、指輪によって苦しみはじめます。
 セティークたちはユメクイを操る能力を持っているようです。

 キエルの夢を喰らうことでその父親であるユアンが復活……するはずでした。
 ケガレマルによるとセティークは国民の夢を喰らってまで目的を果たそうとしていたのだとか。
 セティークは愕然とし、それでもキエルはセティークといたいのだと言い出します。

 ケガレマルは自分が全部を壊してやると言い出し、セティークを吸収してしまいました。
 アヴィ、キエルはケガレマルを倒そうとしますが、その能力を前に苦戦を強いられます。
 「セティークの闇を消し去ってみせる!」と果敢に攻め入るアヴィに、セティークはその父親を重ねます。

 主人公は自分が姫だなんて実感がなかったと言い出し、指輪を握って光を放ちます。
 ケガレマルを消滅させてセティークを救いますが、彼はその場で消滅してしまいました。
 お約束どおり建物が崩れ去り、主人公達はひとまず脱出することになりました。
 
 国民達が目を覚まし、キエルは主人公(やアヴィ)に抱きつきつつもその場を立ち去ります。
 ナビは「姫様の祈りが通じてよかったです」と一言。
 そしてセティークの夢は父親と共にあることだったと締めくくり、主人公たちは再び旅立つのでした。

【感想等】
 最終回の割にはそれほど盛り上がらなかったのはちょっと意外かも。
 少年誌とは違ってもともとそういった需要がなかったのかもしれません。
 セティークさんには若干同情すべき点があるのかもしれませんが……

 セティークさんはユアンさんに依存し、キエルさんがセティークさんに依存しているのは明らかでした。
 ケガレマルさんが小者すぎてラスボスとして微妙なような気がします。
 アヴィさんとキエルさんとのコンビネーションは普通によかったと思います。

 主人公がほとんど棒立ちで終わるかと思いましたが、さすがにそれは許されませんでした。
 セティークさんの夢は結局死にたかったというところに落ち着いたのでしょうか。
 2期があればタイトルどおり100人王子が出るのかと思いつつ、ここで一旦は筆を置こうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム