【アニメ感想】重神機パンドーラ 第25話「黒き輝き」

 パンドーラさんの25話を見て感想を書きます。
 前回のラストで生きていたダグさんでしたが、どうやら様子がおかしいようです。
 最終回まで秒読みなのはなんとなくわかりますが……

【内容】
 冒頭に出てきたジークはメタ発言なのか、いよいよクライマックスだと言い出します。
 オープニングの後、ダグは容赦なくレオンたちに発砲してきますが、彼はエミリアに取り込まれているようです。
 突然にシステムが制御不能してどったんばったん大騒ぎです。

 フィオナは「ざわつく……」と意味深な発言をし、レオンたちは戦闘を開始します。
 ダグのハイパードライブとエミリアのダークドライブが共鳴し、気がつけば互いの過去が流れます。
 元々はエミリアの護衛だったダグは自分の笑顔が作り物だとあっさりと見抜かれます。

 ずっと孤独だった2人は互いに惹かれあい、現在に至るようです。
 渾沌と肉体を一体化させることで「黒き輝き」を生み出すことがジークの目的であったようです。
 レオンは自分の置かれた状況が「太極図」であることからジークの目的を察知しますが……

 裸になったダグはエミリアと一つになろうとしていました。
 レオンやクイニーの呼びかけ、さらには猫の「エミリア」の呼びかけで正気を取り戻します。
 「アイツはエミリアではない」と吹っ切れたダグは涙ながらにエミリアを倒してしまいます。

 これまでの全ては渾沌の力を完全にするためのジークの策略だったようです。
 グレンはダグに憤りつつもハグされ、ダグは「野郎に抱きつかれてもうれしくない」と一言。
 そして彼の処分が保留される中、レオンは最後の作戦を言い渡すのですが……

【感想等】
 ジークさんがおっしゃっているとおりお話もおしまいに近づいているようです。
 相手に完全に囚われたダグさんが「生きている」と言えるのかは若干の疑問がありますが……
 壮絶な過去を持った彼が次第にエミリアさんに惹かれる様は見ていて感慨深いです。

 愛はつまらないと言っているジークさんが、一昔前にはガンダムを愛していたと思うとなんだかシュールです。
 それはそれとして「黒き輝き」という概念がよくわかっていないのは私だけではないかもしれません。
 そのあたりは今後のお話にゆずるとして、ダグさんが戻ってこられたのはよかったと思います。

 いよいよ最終決戦という流れになり、これまでのことを考えると長かったなと思います。
 出来ることなら全員が生き残ってほしいなと思いますが……
 彼らがジークさんの野望を打ち砕くことが出来るかどうか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム