【アニメ感想】プラネット・ウィズ 第11話「龍(アズラバラクラ)」

 プラネットウィズの11話を見て感想を書かせていただきます。
 封印派と穏健派の戦いが終わり、あとは龍を倒すだけで終わりのようです。
 そういえば部長さんは今はどうされているのでしょうか。

【内容】
 5年後、観測対象である「龍」に動きが見られ、宇宙では会議が行われていました。
 閣下は「いよいよ動き始めるのか」と神妙な表情を見せますが、地球は意外と落ち着いているようです。
 テレビの向こうでは激論が交されていて、アルバイトの元部長は興味津々です。

 宗矢は大学生になっていて、のぞみもまたネビュラに所属するようになっていました。
 のぞみはレベル8の段階まで進んだそうですが、トップレベルだと20なのだとか。
 宗矢は自分が龍を倒すと意気込みますがそこに「楽園の民」がやってきて忠告します。

 宗矢、のぞみは紅華に案内されて訓練をすることに。
 英雄もまたネビュラに加わっていましたが、宗矢の身長が自分よりも高くなったことを驚きます。
 美羽や晴海はもともと大学の先輩で、無理矢理柔道部に入れられたとのこと。

 根津屋先輩がナンパをしていたことをスルーし、こがねは改めて龍についての説明がはじまります。
 龍は「楽園の民」の生き残りであり、巨大化して現在の姿になったとのこと。
 今回の目的は龍を「楽園の民」に合流させるとのことで、最終的には手を汚さなければならないとのこと。

 ネビュラはあくまで後方支援になり、地球の人達が前面に戦って戦うとのこと。
 復讐心に捉えられているのかと言われた宗矢はあくまで龍を孤独から救うために戦うと言い出します。
 一方、葉介は岳蔵の墓参りにやってきましたが、お坊さんによると息子は行方不明であるとのこと。

 英雄は決戦を前に遺書を書いておくようにと言い出し、宗矢は星を見て銀子と語り合います。
 銀子は故郷を滅ぼした龍を許そうとする宗矢は「自慢の弟」だと言い出します。
 かつてシリウスに滅ぼされたリエルもきっと彼を受け入れるのではないかと続けますが……

 最後の作戦が展開され、一同は月面に眠っている龍のところに向かいます。
 目を覚ました龍は「夢を見ていた」と言い、地球を守るために自分の装甲を粉にして力を与え共に戦ったとのこと。
 「楽園の民」は龍を迎えに来たと「アズラバラクラ」という名を呼びます。

 テレパスによる戦意喪失に対して「お前らの愛が愛であるわけがない」と戦闘態勢に移行する龍さん。
 宗矢たちは一斉に変身して攻撃を仕掛け、ついに龍を押し返すに至ります。
 そして「楽園の民」は「キミを許しに来た」と弟である彼を説得するのですが……

【感想等】
 気がつけば5年が経過しましたが、先生や閣下はそれほど変わっていませんでした。
 のぞみさんとはいいムードになっていて、公私ともに一番の仲間になりそうな予感がします。
 前半では殺し合いをやっていた美羽さんや晴海さんともなんだかんだ言って仲良くなったようで何よりです。

 これまでの登場人物に加えてほかの着ぐるみさんの姿が何度見てもシュールです。
 実際は宇宙の存亡を賭けた大きな戦いなのかもしれませんが……
 岳蔵さんのお墓参りシーンで「息子が行方不明」と言われているのは再登場のフラグなのでしょうか。

 後半のお話はいわば「決戦前夜」の様相を示し、次回が最後の戦いになると思われます。
 実際はテレパスというよりもむしろ拳と拳で語り合う展開で終わるのでしょうか。
 殴ってから「許しに来た」と言われてもなかなかピンときませんが、次でしっかりお話をまとめることを期待します。



※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム