【アニメ感想】ISLAND 第12話(終)「Jump02 てをつないでアシタへ」

 アイランドの12話を見て感想を書かせていただきます。
 そろそろ終わりは近いと思っていましたがいきなり最終回で驚きました。
 この短い間で全てを明らかにすることが出来るのでしょうか。

【内容】
 幼き日の凜音の写真を見た切那は何かを考えますが、確かめることなく家を出ます。
 海岸にいた切那に凜音が声をかけ「重なっていい?」とのしかかってきますが……
 玖音は切那が来てから指輪を外したと聞いて何かに気づいたようです。

 夏蓮の母親である「先生」は玖音を10才年下に見ていた。
 この事実から切那は一つの結論にたどり着きます。
 凜音は指輪を見ながら歌っていたと抱きついてきて、切那はふとリンネのことを思い出します。

 父親の日記のうち凜音が生まれた年の日記だけが別のところにしまわれていました。
 中には「玖音が死んでしまった」と書かれており、メイドの女を「玖音」にしたということが書かれていました。
 24年前に拾われたメイドの女「リンネ」は記憶をなくしていたことが幸いだったとのこと。

 リンネは切那の子供を身ごもっていて、生まれた凜音はそのまま養子扱いになることに。
 切那は凜音の実の父親であると告げ、その「守ってやりたい」という思いは親子だったという事実にあると言い出します。
 凜音はどうすればいいのかと本を投げつけて家から出て行きますが……

 「先生」の助手であるももかがやってきて、切那の推理には間違いがあるのではと言い出します。
 タイムマシンだと思っていた装置は睡眠装置であり、今の世界は過去と同じことが繰り返されている未来なのだとか。
 石器時代から高度な文明が成長して、また石器時代に逆行しているという事実が存在しているとのこと。

 冬の世界に取り残されたリンネはコールドスリープで今の時代にやってきたようです。
 切那はリンネを探し回りますが、リンネは自分はあくまで「玖音」であり過去を捨てたのだと言い出します。
 娘である凜音の涙を見たくないという言葉に、凜音は「名前をくれてありがとう」と名前を返します。

 リンネは切那にずっと好きだったのだと告げ、切那はリンネを永遠に愛することを誓うと返します。
 互いに抱き合って口づけをし、リンネは涙を流し、娘はそれを見届けます。
 そして2人は永遠の愛を誓い合い、娘は「伝承の切那と凜音」なのだと締めくくるのでした。

【感想等】
 絵柄と世界観に惹かれて見た作品でしたが想像以上にのめり込まれてしまいました。
 途中でガンダム00を見ていたせいか「刹那」と誤入力したこともありましたが……
 ストーリーは最後の最後まで先が読めず、とくに突然夏から冬になったときは驚きました。

 冬の世界のリンネさんが「玖音」さんであり、切那さんの娘というオチはさすがに想定外でした。
 リンネと凜音、口に出すと同じなのでなんだかややこしく思えてきたのは私だけではないはず。
 前半で問題になったバイモン病は「未来」では解決されてしまったのかもしれません。

 親としての気持ちと一人の女性としての気持ち、最後は涙を流さずにはいられませんでした。
 ゲーム版の残り2つのエンディング(紗羅さんルートや夏蓮さんルート)は機会があれば触れてみようと思います。
 これだけの作品と出会えたことに感謝しつつ、また次も素敵なお話と巡り会えることを切に願います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

16話ぐらいの尺がほしかったものの、楽しめました

猫さん、こんばんは。
ISLAND最終回の視聴お疲れさま
予想外の結末に私も驚きました。
終盤でまさかの急展開、でしたね。
終末世界のリンネさんが、玖音の
代役となっていたとは意外です。

切那さんが凛音の父だという事実、
彼女は最初受け入れられません。
主人公を愛し続けたリンネさんと
長い旅を繰り返した切那さんが
最後に結ばれる結末となりましたが
島の皆さんや凛音さん達に祝福
してもらった二人は幸せ者です。

私、ゲーム版で凛音ルートも
クリアすることが出来ました。
アニメの放送も一区切りついたので
そろそろブログの記事にしてみます。

ちなみに私はゲームにおいて
今回のような話を目にしていません。
アニメ独自の結末かも知れませんし
未到達な隠しエンドの可能性も?
…そちらも後日確認してみたいですね

今日はコメントも有難うございました。
猫さんもどうかよい夢を。

Re: 16話ぐらいの尺がほしかったものの、楽しめました

> 猫さん、こんばんは。
> ISLAND最終回の視聴お疲れさま
> 予想外の結末に私も驚きました。
 こんばんはです。
 アイランド完走おつかれさまでした。

> 終盤でまさかの急展開、でしたね。
> 終末世界のリンネさんが、玖音の
> 代役となっていたとは意外です。
 意外なところで展開がつながっていたのですが、
 凜音さんとリンネさん、
 音だけだとかなりややこしく聞こえます。

> 切那さんが凛音の父だという事実、
> 彼女は最初受け入れられません。
 私もあのまま凜音さんとくっつくのかと思っていたので、
 しばらく呆然としながら見ていました。

> 主人公を愛し続けたリンネさんと
> 長い旅を繰り返した切那さんが
> 最後に結ばれる結末となりましたが
> 島の皆さんや凛音さん達に祝福
> してもらった二人は幸せ者です。
 時を越えた愛が結実したのは
 とりあえずよかったのではないかと思います。

> 私、ゲーム版で凛音ルートも
> クリアすることが出来ました。
> アニメの放送も一区切りついたので
> そろそろブログの記事にしてみます。
 ゲームクリアーおめでとう御座います。
 こう言うとなんだか「三ツ星カラーズ」を連想しますが。
 ブログの更新もいつもおつかれさまです。

> ちなみに私はゲームにおいて
> 今回のような話を目にしていません。
> アニメ独自の結末かも知れませんし
> 未到達な隠しエンドの可能性も?
> …そちらも後日確認してみたいですね
 ゲームのお話を再現したのかと思っていましたが、
 そうくるとは思っていませんでした。
 最後の最後まで気が抜けませんね。

> 今日はコメントも有難うございました。
> 猫さんもどうかよい夢を。
 いえいえ、どういたしましてです。
 今日も一日よろしくお願いしますね。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム