【アニメ感想】キラッとプリ☆チャン 第24話「星の願いかなえてみた!」

 プリチャンさんの24話を見て感想を書かせていただきます。
 前回登場しためるさんは、実は昔、あんなさんやさらさんの同僚だったようです。
 彼女たちの心のわだかまりは一体どうやったらとけるのでしょうか。

【内容】
 みらい達の学校では体育祭が開かれ、皆さんはその対処に追われます。
 あんなはめるの申し出を拒否してこれからは2人でやっていくと言い出します。
 一体あんな達の過去には何があったのでしょうか。

 オープニングの後はあんなが彼女らしい言い回しで選手宣誓を行います。
 そこにめるが乱入してあんなと勝負して勝てたら合流することを許してほしいと一言。
 さらはあんなが負けたら復帰を認めると決めてひとまずはその場を収めます。

 かけっこはあんな(紅組)はめる(白組)に勝利しますがめるは全くへこたれてはいませんでした。
 続く玉入れはめるが勝利を収め、先生がコスプレで障害物競走を続けます。
 さらは自分たちのゴタゴタに周りを巻き込んだことを反省しつつ、2人に付き合ってほしいと訴えます。

 一進一退の攻防が続き、両チーム同点のまま午前が終わります。
 あんなは豪華な料理を出して紅組メンバーを鼓舞します。
 そしてめるは3年前のことを思い出し、星空にそれぞれの願い事をかけます。

 「永久に落ちることのない流れ星」がほしいという声に応えるため、めるは日本を離れて「星」を探したとのこと。
 あんなはめるが何も言わずに姿を消したことを怒っていたのでした。
 みらい達は競技を通じてあんなとめるが話をする機会を作れないのかと考えます。

 同点のまま最終種目になりますが、めるはなくならない星を持ってきたのだと告げます。
 さらの必死の訴えを受けたあんなはみらいを圧倒し、そのまま3人のチームに戻ってライブを行います。
 めるはあんなのためにナサにまで入り、ずっと回り続ける星を見つけ出し、ここにチームが元に戻るのでした。

【感想等】
 アニメでもリアルでも、人間関係が一番の鬼門ということでしょうか。
 みらいさん達が3人になった以上はあんなさん達も3人になる必要があるので結論は決まっているのですが……
 あんなさんがあそこまで意地になる時点で相手をそれだけ意識していることは明らかかと。

 互いの気持ちの行き違いから誤解を生んだというのは割とよくあるお話かも。
 前作にあたるプリパラで校長先生がプリパラを憎んでいたというお話をちょっと思い出しました。
 めるさんにそこまで尽くしてもらえるあんなさんがうらやましい限りです。

 互いに3人チームになったことで、互角以上の勝負ができるようになったのでしょうか。
 次の大会はあんなさん達に負け、最後の大会で決着を付ける流れかもしれません。
 次回はめるさんが再びメインになるようですが、またもトラブルになりそうな予感がしてなりません。 


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム