【アニメ感想】ゆらぎ荘の幽奈さん 第10話「攻め過ぎる狭霧さん/臨海学校とコガラシくん」

 幽奈さんの10話を見て感想を書かせていただきます。
 楽しい臨海学校のはずが、狭霧さんには大きな問題があったようです。
 水着を買いに行くだけでこれだけのお話にできるのは天才かもしれません。

【内容】
 今年の臨海学校は水着自由で行われるとのこと。
 狭霧は学校指定の水着しか持っていないので同級生(うらら)と水着を買いに向かうことに。
 男子の意見も必要(という名目)でコガラシも同行することになりましたが……

 幽奈は臨海学校を楽しみと思う一方、コガラシはこの手のイベントを楽しんだ経験がないとのこと。
 なんでも行事があるたびに霊に取り憑かれたり妖怪の争いに巻き込まれたりしたようです。
 コガラシは幽奈を臨海学校に誘い、狭霧は「水着売り場に妖怪が出る」といってコガラシを誘うことに。

 コガラシは妖怪の話を本気にし、うららは買い物をしているふりをするのだと言い訳をします。
 狭霧は顔を赤くしつつも水着を着ますが「囚人か!」「やめておけ」と突っ込まれます。
 うららはもっと攻めるべきと主張しますが、狭霧は「見るな!」と叫びコガラシは「攻めすぎ!」と突っ込みます。

 いろいろありながらもいいムードになったのを見て、うららは安心して去っていきました。
 狭霧は買った水着を身につけて悦に入ります。
 後半は幽奈も同伴で臨海学校に向かうことになりましたが、なじんでいるようです。

 海にやってきた狭霧ではありますが、ちょうど現地には妖怪が出るとのこと。
 狭霧は大胆すぎないかと考えていましたが、千紗希の攻めたスタイルに驚かされます。
 その後はボートを借りつつみんなで水遊びを楽しみ、男子生徒は(女子の水着を見て)歓喜に震えます。

 海に出る妖怪は女子の水着を剥ぎとるというけしからん妖怪でした。
 触手が女子(だけ)を拘束しますが本体を倒さなければならないようです。
 コガラシは海底にある本体を叩き、女子の平和を守ることに成功します。

 千紗希は昼間の一件を話しても信用されず、肝試しを利用してコガラシに霊感があると知らしめようと考えます。
 その千紗希は(くじ引きで)コガラシとペアを組むことになってしまいましたが……
 わざとらしく足をひねったと言い出し、コガラシは足を触ってきてその吐息を感じてしまいます。

 千紗希はコガラシにおんぶされて喜びますが、そこに幽奈が(お化けが出そうだと)やってきました。
 もちろん「お前もお化けだ」と突っ込まれますが……
 うららは木枯らしの戦闘能力を測ろうとし、狭霧は周囲の怪我を考えてそれを阻止しようとします。

 ドタバタしているうちに本物の妖怪が出てきて同級生を襲い出します。
 コガラシはこれを倒して同級生達に霊感体質を認めさせることができるのでしょうか。

【感想等】
 玄士郎さんとの一件ではバトルアニメ化の機運がありましたが、その後はお色気路線に戻ったようです。
 いちいち顔を赤くする狭霧さんは同性の目から見てもかわいいなと思います。
 「水着売り場に妖怪が出る」という誘い文句は笑いましたし、それを本気にするコガラシさんは真面目な人だと思います。

 ただの同級生ポジションかと思いきや、前半は狭霧さんよりもむしろうららさんのお話だったかも。
 和風のお話で「うらら」と聞けば「迷路帖」と思い浮かんでしまいます。
 普通にコガラシさんや幽奈さんがクラスになじんでいるのを見てすごくいいなと思います。

 妖怪がお色気路線に動くのは作中の性質上仕方がないのかもしれません。
 コガラシさんの必死な戦いぶりはアンゴルモアの迅三郎さんよりもある意味切実なようにも見えてきました。
 千紗希さんのような優しい女の子になりたいと思いつつ、次回のお話もみて見ようと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム