【アニメ感想】音楽少女 第11話「最高のアイドル」

 音楽少女の11話を見て感想を書かせていただきます。
 順調に進んでいる一方でどうしても羽織さんの闇墜ちが気になります。
 さすがにはなこさんが連れ戻すと思いますが……


【内容】
 遊園地の絶叫マシンをレポートする音楽少女の皆さん。
 桐だけはマシンを見た瞬間に気絶してはなこに看病されていました。
 このまま羽織がやめてしまうのかと大粒の涙を流す桐なのですが……

 レポートを終えた一同はファンの歓待を受け、琴子のゴシップも間違いだとわかってもらえたようです。
 羽織はファンの視線に耐えきれず、池橋さんはそんな彼女を「撮影中だから」とフォローします。
 撮影は無事終わったかと思いきや、今度は羽織がそのままどこかに姿を消してしまいます。

 他のメンバーが羽織を探そうとしますが、はなこは自分が探すのだと言い切ります。
 観覧車に乗った羽織は空っぽの景色は自分のようだとテンションを落とします。
 話し相手の「ドリー」が音楽少女を知りすぎていると感じ、ぜんぜん大丈夫じゃないと涙を流します。

 「消えそうだよ」と話しかけてくるチョリガンナちゃんを心配するはなこさん。
 チョリガンナちゃんが羽織だと知ったはなこは間髪入れずに抱きつき、そのまま2人きりで観覧車に乗ることに。
 はなこは自分がドリーだと告白し、チョリガンナちゃんの心は音楽少女への愛でいっぱいだと続けます。

 途中で観覧車が止まってしまい、はなこは他のメンバーが羽織を探していることに気づきます。
 桐は雨に濡れてしまいながらも必死に捜索を続けます。
 はなこは桐が少しずつトレーニングをしていること、自分がいなければと悩んでいたことを告げるのでした。

 羽織は一生懸命な桐にショックを受け、全部壊れてしまえばと涙を流します。
 はなこは歌を歌って羽織を励まし、いつしか2人は一緒に歌っていました。
 「アイドルなめないでよ」と言い切りつつも笑顔を見せ、羽織を最高のアイドルだと励まします。

 全員でお風呂に入ってはなこは羽織に抱きついてスキンシップを取ります。
 しかし、はなこの両親がやってきて娘をオーストリアに連れていこうとします。
 はなこはまだ音楽少女をやりきっていないのだと頭を下げて両親はそのまま娘を送り出すのでした。

【感想等】
 楽しくレポートするところでもしかしたらと希望を抱きましたがそんなことはありませんでした。
 順調にうまくいく姿がうらやましい一方で、羽織さんの闇墜ちはとどまるところを知りません。
 はなこさんが探しに行くあたりは概ね想定内ではありましたが……

 シリアスなシーンのはずが「チョリガンナちゃん」というお名前でちょっと笑いそうになりました。
 観覧車というと「聲の形」を思い出しますが、あのような鬱展開にならなかったのはよかったかと。
 泣き出す羽織さんにもらい泣きし、明るく話しかけてくるはなこさんを見ていると穢れた心が浄化されるのを感じました。

 またも歌を歌うはなこさんは密かにデビューする準備を進めているのでしょうか。
 最大最後の難関を突破したことでこのまま一気にライブへとなだれ込む流れかと。
 お父さんたちの聞き分けの良さに応えるためにも1万人の動員を成功させてほしいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム