【アニメ感想】殺戮の天使 第11話「'cause you are my God, Zack. 」

 殺戮の天使の11話を見て感想を書かせていただきます。
 ますますピンチが続くレイチェルさんがどうしても心配になってきます。
 ザックさんが出血多量ではないかと考えたのは私だけではないはず。

【内容】
 グレイはレイチェルを魔女だと断言して火あぶりの計にしようとします。
 さらにはザックをも生け贄にするのではないかと言い出すグレイさん。
 それでもなおレイチェルは自分は魔女じゃないと訴えますが……

 グレイは「神」は存在しないと言いつつ、自分は神の目線に立つのだと言い出します。
 レイチェルは「私は知らない」と告げますが、グレイによると最初からレイチェルに信仰はなかったとのこと。
 目の前にザックが現れたかと思えば、目の前にはザックのナイフがあり、神様はここにいると言い出します。

 レイチェルは全てが幻覚だと見抜き、早く薬をちょうだいとおねだりします。
 本棚の奥には隠し通路があり、レイチェルは刃物を突きつけてグレイに案内させます。
 薬を入手したレイチェルは「あなたは知らない」とグレイを放置して去っていきます。

 レイチェルはザックに薬を塗り、やけどの跡を発見します。
 自分がザックのおなかを縫うと言い出し、ザックはレイチェルが薬を持ってきたことを褒めます。
 そこまでして助ける理由は何なのかという問いに、レイチェルはザックは私の神様だと言い出します。

 レイチェルはザックの縫合手術を終えますが、そのまま疲れ切って眠ってしまいました。
 目を覚ました後、レイチェルはグレイはザックに甘かったのではないかと一言。
 少しずつ上のエリアを目指していく2人は、最後はのぼりのエレベーターに乗りました。

 レイチェルはザックのおなかの傷はどうしたのかと問いかけます。
 ザックは家にいた男に火を付けられたとのことですが……
 最後は布でグルグル巻にされてそのまま妙な家に連れていかれたようです。

 ザックは自分の言葉の全てに嘘はないと告げ、レイチェルは何かに気づいたようです。
 「なんでもない」「ごめんなさい」と言い出すレイチェルさん。
 もう少しで地上といったところで、ザックには本当のことを言えないと結論づけるのでした。

【感想等】
 いきなり魔女裁判になっていましたが、最初から判決が決まっているのでしょうか。
 異世界魔王のサドラーさんの例もあるように自分を正しいと固執する人はちょっと怖い気がします。
 自分に自信があるという一点では少しうらやましい気もしますが……

 火あぶりが終わったかと思ったら、急にグレイさんが物わかりがよくなったような気がします。
 そうかと思えばレイチェルさんの中でザックさんがいつの間にか神様になっていて驚きました。
 ザックさんがレイチェルさんの想像上の存在ならば出血多量で死なない理由としてあり得るかもしれません。

 話数の上では次回で最終回だと思いますが、レイチェルさん達の関係の進展が気になります。
 レイチェルさんにとってザックさんが「神」ならば、ザックさんにとってのレイチェルさんは何なのでしょうか。
 「本当のこと」というのがなんなのかとともに、まだまだ謎が尽きないと思う今日この頃です。 
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム