【アニメ感想】少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第10話「されど舞台はつづく」

 スタァライトの10話を見て感想を書きます。
 タイトル敵には最終回っぽい言い回しですが全くそんなことはありませんでした。
 見ているうちにだんだん自分自身もスタァライトされていくのを感じる今日この頃です。

【内容】
 晴れの舞台が近づく中、キリンはオーディションの最終日を告げます。
 ななは「可能性を信じる限り手の届くところにある」とヘッセの言葉を引用します。
 純那もまた最後まで全力を尽くすのだと宣言しますが……

 香子と双葉はじゃれ合いながらも互いをライバル視していました。
 まひるは部屋を綺麗にするからと華恋、ひかりを追い出してしまいました。
 華恋は突然に約束を思い出したと言い出し、まひるは掃除を始めます。

 真矢が先に練習している姿を目の当たりにしたクロディーヌは「嫌な女」と一言。
 裏方の情熱に応えられるのはトップスターのきらめきしかないとのこと。
 華恋はひかりと水族館デートをし、クロディーヌはずっと真矢の二番手だったと回顧します。

 クロディーヌは改めて自分がトップスターになると宣言します。
 華恋は12年前の思い出の場所でひかりと再び約束を交します。
 ひかりは自分のことを変わっていないかと問い、2人であの星を積みにいくと宣言します。

 キリンからメールが届き、ひかりは華恋に感謝を述べつつも戦場に移動します。
 華恋、ひかりと真矢、クロディーヌでそれぞれ2対2で戦うこととなりました。
 一方で残りメンバー(5人)は観客席で弁当を食べつつ観戦することになりました。

 華恋は真矢と、ひかりはクロディーヌと戦闘を続け、そのきらめきが周囲を魅了します。
 「アタシ、再生産」したことでさらなる戦闘が続き、2人で一つのコンビネーションを見せます。
 ひかりは華恋を投げつけて真矢たちを下しますが、クロディーヌは真矢は負けていないと叫びます。

 真矢とクロディーヌは(おそらく)フランス語で会話を重ね、貴女とならばより高く羽ばたけると言ってのけます。
 これでオーディションが終わったかと思ったら、キリンは残り2人で奪い合うようにと言ってきます。
 ひかりは「ありがとう」と告げて華恋を下し、華恋は舞台から転落していくのでした。

【感想等】
 オーディションの意図がよくわからないまま晴れの舞台がやってきました。
 独特のバトル要素以前にキリンさんがしゃべっている時点で突っ込みどころ満載なのですが……
 それでもこのアニメに惹かれるのは、私がスタァライトされたからなのかもしれません。

 前半部分は決戦直前ということでそれぞれのキャラを掘り下げたという感じでしょうか。
 香子さんと双葉さんはいつもどおりの一方で、華恋さんを送り出すまひるさんの成長を感じます。
 真矢さんとクロディーヌさんの向上心旺盛なところは見習いたいなと思います。

 2対2の最終決戦に燃える一方で観客席の雰囲気がなかなかにシュールでした。
 シリウスの後だとキリンさんが吸血鬼ではないかと勘ぐってしまうのは私だけかもしれません。
 この作品が第2のシンフォギアになることを期待して、残りのお話も楽しもうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム