【アニメ感想】天狼 -Sirius the Jaeger- 第10話「深淵にさまよう狼」

 シリウスの10話を見て感想を書かせていただきます。
 お話が大詰めになり、全ての決着がつく日も近いように思えます。
 日本から離れたおかげであまり「大正」という感じはしませんが……

【内容】
 ウィラードは王族の墓にやってきて仲間に「シリウスの箱」の説明を行います。
 隠し通路を開いた先は「裏の祭壇」であり、とりあえず瞳のようなモニュメントを入手します。
 今のユーリィにはこれが必要だと言い出し、南樺太に向かうことになりました。

 オープニングの後、ユーリィ、ビショップはクラルヴァインと対面します。
 吸血鬼は死に至る病に冒されていると自分の「改造」の正当性を訴えつつも自分を見捨てたエフグラフには憤ります。
 そのクラルヴァインは気がついたら崖に転落してそのまま表舞台を去っていきます。

 エフグラフは同胞が朽ち果てる様を知り、自分は最後の1人になってもあがき続けると宣言します。
 ユーリィ、ビショップは箱のある場所にたどり着きますが、一歩進むごとにダメージを受けるようです。
 突然アレクセイ(ユーリィの父親)と赤坂(軍人)の回想シーンに移りますが……

 赤坂は自分たちがシリウスの箱を狙ったと告白し、グスタフ(長老)は箱を守るために彼を殺すべきと言い出します。
 アレクセイは古いしきたりと決別して箱を封印すると言い出し、聖域ならば箱を封じることが可能らしいです。
 封印ができるのは王家の血をひくアレクセイだけであり、再び封印すればアレクセイの身に何が起こるのかわからないようです。

 いきなりユーリィの前にアレクセイが登場し、自分の魂は封印と共にあると言い出します。
 ユーリィはアレクセイが出た後に村が襲撃を受けたことを告げますが、アレクセイは封印によって平穏が保たれたと反論します。
 父親に対して誰かが犠牲になるのは間違っているから「封印」以外の手段があるのだと訴え、ついに箱の封印が解かれます。

【感想等】
 秋からPAさんの別のアニメが始まるようなので、1クールで終わるのは確定でしょうか。
 一気に謎が解説され、最後に向かって突き進んでいるような勢いを感じます。
 2クールあれば涼子さんのキャラの掘り下げや日常回もあったのかもと思うとちょっと複雑です。

 冒頭から戦闘シーンになりますが、クラルヴァインさんの当て馬くささが気になります。
 ウィラードさんにしてもクラルヴァインさんにしても時間の関係か説明が多くてちょっと混乱気味になりました。
 ちょっと思ったのですがダメ元でクラルヴァインさんに箱を取りに行かせるのではダメだったのでしょうか。

 一歩進むごとにダメージを受けつつもユーリィさんの「覚悟」が勝ったという感じなのでしょうか。
 ガンダム00でサーシェスさんの悪役ぶりを見た後だとアレクセイさんの善人ぶりが際立ちます。
 「箱」とは何か、エフグラフさんとの決着と残る課題が山積みですが、綺麗にまとめてくれることを期待します。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム