【アニメ感想】オーバーロードⅢ 第10話「戦争準備」

 オーバーロードの3期10話を見て感想を書きます。
 前回のジルクニクさんのお話から今回は王国に部隊が移るようです。
 さすがのラナーさんもアインズ様相手では分が悪いと思いますが……

【内容】
 王国は帝国とナザリックが手を組ん(で帝国が攻めてきたの)だと聞いて呆然とします。
 王様はナザリックの主張を聞き入れない一方で、戦士長のガゼフは自分を助けてくれたある人物を思い出します。
 貴族たちは戦争すべきだと言いますが、アインズの実力を知るガゼフは戦争を回避するため領土を差し出すようにと進言します。

 王様はガゼフの意見を聞きつつも強さを見せるために戦うしかないと結論づけます。
 王位継承権1位のバルブロが出撃するようですが……
 戦争に反対するレイブン公は好戦的な王や権力争いをする貴族達に嫌気がさしていました。

 シリアスな雰囲気に反して子供に赤ちゃん言葉を使う夫に呆然とする奥さん。
 時間が進み、城塞都市エ・ランテルでは戦争の計画が着々と進められます。
 かのアインズが戦いに出てくると言われてはガゼフは動揺を隠せません。

 バルブロはアインズと絡むカルネ村に言って事情を聞いてくるようにと言い出します。
 色々と話が出る中でレイブン公が戦争で動くことになりましたが……
 王様は息子を死地にやることはできないとガゼフに心中を語り、レイブン公には頭を下げます。

 ガゼフは民を守ることが騎士の勤めと考え、戦争を仕掛けるアインズの意図について色々考えます。
 クライムやブレインに声をかけますが、ブレイン達はモモンと会っていたと言い出します。
 モモンは「ホミョペニョコ」なる存在を倒し、2体の吸血鬼を追っているとのことです。

 ガゼフはクライムに色々とアドバイスをしますが、クライムはラナーに言われたとおり鎧の色はそのままでがんばるとのこと。
 さらにガゼフはブレインは帝国四騎士には勝てても「あの御仁」には勝てないと言い放ちます。
 「戦争が終わったら打ち上げをやるか」「命を無駄に使ったりするな」と変なフラグを立てますが……

 エンディングテーマが流れつつ「魔道王」アインズは帝国の軍勢に加勢するために登場します。
 無数のデスナイトを召喚したアインズは「これが我が軍だ!」とドヤ顔をします。
 一方、バルブロはカルネ村の一件を早く終わらせて戦場に向かおうと考えますが……

【感想等】
 お話の展開があまりにも早くて3期の終わりが近づいているように思えます。
 貴族の皆さんが何人も出てきますが、お名前を覚え切れていないのは私だけではないはず。
 部下に威厳を示しつつも血気盛んな息子を案じる王様も色々と大変なようです。

 アインズさんの実力を知るガゼフさんが(勝てっこないので)戦争に反対するのは当然かと。
 クライムさんやブレインさんとの会話からどこか切実な感じがにじみ出ているように思います。
 戦争を回避するために彼が犠牲になるのでは……と考えてしまうのは私だけではないかも。

 アインズさんが出てきては王国の皆さんにもはや勝ち目はないと思われます。
 無謀なバルブロさんはともかくとして、ブレインさんやガゼフさんが亡くなる展開は見たくないです。
 それでもここまで見てきたのですから、最期まで見届けるしかないとは思いますが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

バランス帝国との戦争直前

こんばんはです。

長文失礼します。
アインズさんはバハラス帝国と
同盟を組んだ事をリ・エスティ王国で
宣言文を聞いているメンバーは複雑な
雰囲気であった。
宣言文にはエランテルはナザリックの
土地にあり返還すべきとあった。
リ・エスティ王国の国王は当然ながら
反対意見を述べ他の貴族も戦争をする
べきと言ったが、ガセフさんは
アインズさんの力量を知っている為、
バハラス帝国に従うべきと発言し、
アインズさん達との戦いを避ける
提案をした。
しかしながら国王に断られ、戦争と
いう方向性になってしまった。
レイブン公は事態を把握しており、
国王の取り決めに頭を抱えていた。
子供が訪ねてきて表情が変わるシーン
はweb版も同じで面白かった。
親バカもここまで来ると異常です(^^)
作戦責任者はレイブン公さんに決まり、
王子はカルネ村に行きアインズさんの
情報を聞き出す命令が下された。
ブレインさん達と出会いブレインさんは、
モモンさんに討伐したとされるバンパイヤの
事で相談したかったようだ。
シャルティアさんと出会ってしまっているので、
討伐したバンパイヤとの関連を聞きたかった
のでしよう。
ブレインさんはクライムさんを何がなんでも
救って見せるとガセフさんに言ったが、
アインズさんに出くわしたら、そこで終わりだと
忠告を受ける。
男三人の集まりでお酒を飲むというのも
いい話であった。
また無事に3人ここに集まるとしようと
ガセフさんが言って終わったが、
猫さんの変なフラグというのは正解です。
アインズさんも参戦する事になり
アインズさんの軍はデスナイト軍隊を
召喚して確かにドヤ顔でしたが(^^)
恐ろしいですね。

本日もご苦労様でした。
いよいよバハラス帝国との戦争になりますが、
戦場となる平野で無事に生き残れる筈は
ありません。
王子の弟さんとラナー王女は結果が
見えてるという姿勢が伺えますね。
デスナイトが一体でも大変なのに
あれだけの数を召喚されては例え何万人の
軍隊でも壊滅は避けられないかと。
ラナー王女はクライムさんに目立つ鎧は
そのままで戦場に行きなさいという事の
意味は分かるかと思います。
書籍版の展開は不明ですが下記にweb版
での今後の展開を書き記しました。
参考まで。
レイブン公はアインズさんと出くわしてしまい
可愛い息子さんが待つ家に二度と戻ることは
出来なくなります。
アインズさんの怖さを知る一面を見ること
になりますが、戦争を始める合図を魔法で
行うという魔法が凄いです。
ガセフさんとアインズさんとの一騎打ちがあります。
国王さんがキュースさんに大事な人物の蘇生を依頼し、
試みるが生き返る事を拒否してしまい
二度と復活することは無くなりました。
ブレインさんは何とかアインズさんの
魔法からは免れてたが、ある方の元に従属します。
ラナー王女ではありません。
リ・エスティ王国には二度と戻らないかと。
カルネ村に向った王子達ですがweb版
では、その話が思い出せなかったです。
ただルブスレギナさんが守るカルネ村なので、
どの様になるかは想像が付きます。
残り3話となりましたがweb版も、この戦争後の
話からそれほど進んでおらず、
この章でオーバーロードの話は終わって
しまいそうです。

Re: バランス帝国との戦争直前

> こんばんはです。
> 長文失礼します。
 こんばんはです。
 オーバーロード視聴おつかれさまでした。

> アインズさんはバハラス帝国と
> 同盟を組んだ事をリ・エスティ王国で
> 宣言文を聞いているメンバーは複雑な
> 雰囲気であった。
 前回を踏まえての展開とはいえ、
 舞台が変わってくると
 1話くらい飛ばしたのかと思いました。

> 宣言文にはエランテルはナザリックの
> 土地にあり返還すべきとあった。
 この世界に土地の権利が確立されているわけではないので、
 言った者勝ちというのが実情かも知れません。

> リ・エスティ王国の国王は当然ながら
> 反対意見を述べ他の貴族も戦争をする
> べきと言ったが、ガセフさんは
> アインズさんの力量を知っている為、
> バハラス帝国に従うべきと発言し、
> アインズさん達との戦いを避ける
> 提案をした。
> しかしながら国王に断られ、戦争と
> いう方向性になってしまった。
 ガゼフさんの立場はわかりますが、
 彼の力だけでは難しいのが現状でしょうか。

> レイブン公は事態を把握しており、
> 国王の取り決めに頭を抱えていた。
> 子供が訪ねてきて表情が変わるシーン
> はweb版も同じで面白かった。
> 親バカもここまで来ると異常です(^^)
 彼は有能な人物なのでしょうが、
 子供と遊んでいるシーンばかりが
 どうしても目立ってしまいました。

> 作戦責任者はレイブン公さんに決まり、
> 王子はカルネ村に行きアインズさんの
> 情報を聞き出す命令が下された。
 下手に動かれても行けないからと、
 あえてああいう命令を出したのでしょうね。

> ブレインさん達と出会いブレインさんは、
> モモンさんに討伐したとされるバンパイヤの
> 事で相談したかったようだ。
> シャルティアさんと出会ってしまっているので、
> 討伐したバンパイヤとの関連を聞きたかった
> のでしよう。
 1期を見ていると意味がわかりますが、
 そうでないとなかなか意味が通りにくい
 そんなシーンかもしれません。

> ブレインさんはクライムさんを何がなんでも
> 救って見せるとガセフさんに言ったが、
> アインズさんに出くわしたら、そこで終わりだと
> 忠告を受ける。
 間近であの力を見ていると、
 なおさら説得力がありますよね。

> 男三人の集まりでお酒を飲むというのも
> いい話であった。
> また無事に3人ここに集まるとしようと
> ガセフさんが言って終わったが、
> 猫さんの変なフラグというのは正解です。
 あからさまなフラグということで、
 どうしても気になってしまいます。
 これまでのアインズさんとは違うと、
 そんな風に思った方がいいのかもしれません。

> アインズさんも参戦する事になり
> アインズさんの軍はデスナイト軍隊を
> 召喚して確かにドヤ顔でしたが(^^)
> 恐ろしいですね。
 この時点でもう勝てないだろうなと思えてきます。
 相変わらず反則ですね。

> 本日もご苦労様でした。
 今日も一日お疲れ様でした。

> いよいよバハラス帝国との戦争になりますが、
> 戦場となる平野で無事に生き残れる筈は
> ありません。
> 王子の弟さんとラナー王女は結果が
> 見えてるという姿勢が伺えますね。
 外に出ていったお兄さんはもう助からないと思います。
 どう見ても相手が悪すぎましたね。

> デスナイトが一体でも大変なのに
> あれだけの数を召喚されては例え何万人の
> 軍隊でも壊滅は避けられないかと。
 あのおじいさんは1体だけでも
 かなり驚いていましたよね。
 この時点で結果が見えてしまいました。

> ラナー王女はクライムさんに目立つ鎧は
> そのままで戦場に行きなさいという事の
> 意味は分かるかと思います。
 そのあたりは来週のお話になるのでしょうね。
 実はあまり意識してませんでしたが……

> 書籍版の展開は不明ですが下記にweb版
> での今後の展開を書き記しました。
> 参考まで。
> レイブン公はアインズさんと出くわしてしまい
> 可愛い息子さんが待つ家に二度と戻ることは
> 出来なくなります。
> アインズさんの怖さを知る一面を見ること
> になりますが、戦争を始める合図を魔法で
> 行うという魔法が凄いです。
> ガセフさんとアインズさんとの一騎打ちがあります。
> 国王さんがキュースさんに大事な人物の蘇生を依頼し、
> 試みるが生き返る事を拒否してしまい
> 二度と復活することは無くなりました。
> ブレインさんは何とかアインズさんの
> 魔法からは免れてたが、ある方の元に従属します。
> ラナー王女ではありません。
> リ・エスティ王国には二度と戻らないかと。
> カルネ村に向った王子達ですがweb版
> では、その話が思い出せなかったです。
> ただルブスレギナさんが守るカルネ村なので、
> どの様になるかは想像が付きます。
 わざわざどうも有難う御座います。
 ネタバレゆえにざっと流しましたが、
 今後の展開は厳しいものになりそうです。

> 残り3話となりましたがweb版も、この戦争後の
> 話からそれほど進んでおらず、
> この章でオーバーロードの話は終わって
> しまいそうです。
 3期まで進んだだけでもすごいと思いますが、
 4機はストックがたまってからの放送になるのでしょうか。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム