【アニメ感想】深夜!天才バカボン 第10話「天才ハジメ」

 天才バカボンの10話を見て感想を書かせていただきます。
 今回はタイトルからハジメちゃんのお話だと思われます。
 リアル路線はかなり見ていてつらいのですが……

【内容】
 ハジメは父親を警察から保護しつつも「仕事だから」と父親を突っぱねて去っていきます。
 彼は彼で色々と苦労しているようで、そんなところに家庭裁判所から電話が入ります。
 そうかと思ったらオープニングの後ではいつもどおりの絵柄に戻っていました。

 ハジメは世界中の大学から教授になってほしいと手紙が届いていました。
 パパはバカ田大学に行けと言いますが、ハジメはアメリカに一人で行くことを心配していました。
 兄と父が互いに自分がアメリカに同行すると喧嘩をしていましたが……

 ハジメはタイムマシンを作ろうとしますが、大学からは子供だと笑われてしまいます。
 たちまちにタイムマシンを作り、行きたい時間に行けるのだと言い出します。
 そうかと思ったら先週に戻ってしまい、再放送ではないかと視聴者に思われてしまいます。

 さらに前の時代に戻っていくと、今度は(3話の)映画撮影の現場に戻っていました。
 ママは高橋克典に会いたかったようですが……
 さらにパパは映画館に向かい、古いアニメの続編を作らなくてよかったと結論づけます。

 ハジメはずっと未来に行ってみようといい、2048年へ移動することに。
 未来では太陽がLEDになっていて、ロボットがティッシュを配っていました。
 レレレのおじさんはホログラムになっていて触ることができなくなっているようです。

 パパは「穴を空けたのだ」と言い、プラグを差すとついつい歌い始めてしまいます。
 未来のウナギイヌは「あなたたちの出番はない」とビームを放ってパパたちを追い出そうとします。
 この時代には「深夜天才ウナギイヌ」というタイトルでウナギイヌが主人公になっていたようです。

 番組ポスターを見ると見知らぬ長男「吉田くん」が出ている一方でバカボンのパパはすでに登場しないようです。
 ゴルゴ13はこの時代でもまだ連載が続いているようですが……
 ママは「2018年では主役なんだから」と夫を励まし、未来の自宅にやってきて未来のバカボン一家と会うことに。

 パパは吉田くんに「出て行け」と言われて憤り、2018年には活躍していたと主張します。
 ちょうど食事をするとのことでレバニラが出てくるはずなのですが、データを転送して食事が終わってしまいます。
 憤ったパパは早く戻るのだとと主張しますが、間違えて20180年に移動してしまいましたが、地球はウナギイヌの惑星でした。

 なんとか元の時代に戻ってきたパパはお巡りさんに未来のことを話し出します。
 お巡りさんは結局未来では一切出番がなかったと聞いておかしいのではないかと反論します。
 そしてパパは「レバニラは本物が一番なのだ」と結論づけます。

【感想等】
 前回後半のリアル路線がそのまま引き継がれるとはさすがに思いませんでした。
 オープニングが終わったあとはいつもの路線に戻っていたので少し安心しました。
 家庭裁判所うんぬんは(おそらく子供の親権がらみだと思いますが)ちょっとだけ気になりますが……

 いきなりにタイムマシンを作るハジメちゃんは文字通りの「天才」でした。
 過去の映像を流されたときは一瞬困惑してしまいました。
 一応遠い未来に行ってみたものの、パパたちの絵柄はあまり未来という感じに思えません。

 吉田くんの存在はともかく、ウナギイヌさんが主人公になるという発想はありませんでした。
 ウナギイヌさんをここまで推してくるのはなにか特別ないとがあるのかもしれませんが……
 次回は「みなさん、さようならなのだ」というタイトルなのですが、もしかしたら最終回なのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム