【アニメ感想】かくりよの宿飯 第24話「玉の枝サバイバル。」

 かくりよの24話を見て感想を書かせていただきます。
 今回はダンジョン探索で残りのアイテムを回収するお話でしょうか。
 残り2話で儀式をやって天神屋に戻ればちょうどいいのかもしれません。

【内容】
 「ぬい様」のかけじくの中に入った葵、銀次、乱丸の前には水墨画の風景が広がります。
 乱丸は2人を「下僕」などと言い出しますが、雨に濡れながらもぬい様の小屋にやってきました。
 葵はココアを入れると言いますが、乱丸は時間がない(意訳)と言って一人で先に進んでしまいます。

 葵、銀次がココアでくつろいでいると、乱丸は霊力が尽きて可愛い犬の姿で戻ってきました。
 犬に与えてはいけませんという注意書きとともに葵がココアを与えると乱丸は元の姿に戻りました。
 常世の本を見てみるとダイダラボッチが海の果ての狭間に閉じ込められたと書いてありました。

 雨がやんだので3人は先に進み、夜はローストビーフのサンドイッチをいただくことになりました。
 銀次は乱丸が300年前の失敗を繰り返さないために必死なのだと一言。
 なお、300年前も同じように「蓬莱の玉の枝」が必要であり雷獣は最終的に磯姫に暴言を吐いてきたとのこと。

 銀次は乱丸と向き合いたいと思いながらも自分の心を伝えられないのだと心情を吐露します。
 葵は「きっと元通りになれると思う」と言いつつも銀次が折尾屋に残るのではないかと考えます。
 まだ味覚は戻らない一方で葵は自分の小さい頃に銀次と会ったのではと問いかけますが……
 
 目の前に磯姫が登場しますが、どうやら「幻想」でしかなかったようです。
 乱丸も同じ幻想を見ているのではと推測したとおり、乱丸もまた磯姫の幻想に捉えられてしまいそうになります。
 一旦は3人が合流したところではありますが、葵は乱丸と一緒に崖に落ちてしまいます。

 葵は磯姫から解放の肴を作るようにと言われたことを告げ、そのまま涙を流してしまいます。
 乱丸は葵とともに先に進み、大量の貝殻、さらに蓬莱の霊樹を発見することに成功します。
 銀次が後を追いかけてきてそのもふもふに和みつつもとりあえずアイテムは回収できたようです。

 葵たちは元の世界に戻りますが、大旦那が「まだやることがある」と言ってきます。
 周囲に葵を心配する皆さんが出てきて心が和んできました。
 双子は改めて葵に解放の肴を作るようにと言ってきますが……

【感想等】
 バトルアニメ風のオープニングも見納めが近いと思うと名残惜しいです。
 同じ「葵」さんが出てくる京都ホームズの後で見ると乱丸さんと銀次さんが清貴さんと秋人さんに重なります。
 むしろあの俺様キャラは(ダメプリの)ナレク様に近いのかもしれません。

 口の減らない乱丸さんですが犬さんの姿は普通にかわいらしいなと思います。
 ガーディさんに「らんまる」、アローラロコンさんに「ぎんじ」とニックネームを付ける日も近いかもしれません。
 山を登っていくところはむしろ「ヤマノススメ」なのかもしれませんが……

 乱丸さんの態度は相変わらずでしたが、所々で素直になるシーンもあったように思えます。
 次回でお料理と儀式、再来週で天神屋に戻ればちょうどいい感じで終わるのかもしれません。
 最近は史郎さんのお名前が出てきませんが、彼が黒幕という可能性はあるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム