【アニメ感想】僕のヒーローアカデミア 第60話「てめェの"個性"の話だ」

 ヒロアカの60話を見て感想を書かせていただきます。
 タイトルを見た瞬間、かっちゃんのお声で脳内再生されたのは私だけではないはず。
 果たして、出久さん達は無事仮免許を取得することができたのでしょうか。

【内容】
 仮免許試験が無事終了し、いよいよ合格者の発表が行われます。
 出久やそのクラスメイトの多くが合格する中、かっちゃんや轟くん、士傑高校のイナサなどが不合格でした。
 イナサは自分の行動が轟くんの不合格を招いたと頭を地面にぶつけて謝罪します。

 採点を示したプリントが配られる中、どうして不合格者も最後まで試験したのかと考える出久さん。
 審査員は今回の合格者は緊急時にヒーローと同じ権限を行使できるのだと告げ、社会的責任を持つようにと訓辞を述べます。
 一方で、今回不合格になった皆さんもまた個別テストに合格したら同様に仮免許が取得できるとのこと。

 帰り道に、出久は仮免許をもらって感激のあまり涙を流します。
 士傑高校のケミィと話をしようとしますが、彼女はすでにその場を去っていました。
 今回のケミィはヴィランの1人である「トガ・ヒミコ」であり、変身能力を持つ彼女は出久の血を入手していました。

 オールマイトは地下の刑務所に収監されているオール・フォー・ワンと面会します。
 死柄木はどこかという問いは「知らない」と返され、自分は悪の魔王に憧れたのだと言い出す大ボスさん。
 彼はオールマイトの出現によって自分が「有限」であることを知り、死柄木という後継者を育てたようです。

 オール・フォー・ワンはこれからのヒーロー社会はオールマイトの引退を原因として混乱状態になると予言します。
 オールマイトは「貴様の未来は私がつぶす」と宣言しつつ、出久が仮免許を取得したとメールが届いて安堵します。
 一方、出久はその夜にかっちゃんから「てめェの"個性"の話だ」と呼び出しを受けます。

 外に出た出久はかっちゃんの後を追いかけると、そこはかつて2人が戦った訓練施設がありました。
 かっちゃんはこれまでの状況を総合して出久がオールマイトから個性を譲り受けたという結論にたどり着きます。
 秘密を守るために口をつぐむ出久に対して、かっちゃんは「戦えや、ここで、今」と言ってくるのでした。

【感想等】
 冒頭から合格発表ということですが、本命と思しき人達が落ちていたのはちょっと意外でした。
 冷静に考えれば互いに足を引っ張った轟くんやイナサさん、暴言の絶えないかっちゃんでは仕方ないのかもしれません。
 審査員の男性の「修正すれば合格者以上」という言い方に新たなヒーローを育てるという意識が見えました。

 ケミィさんが怪しいと思っていたらトガさんだったのでちょっと驚きました。
 大ボスともいえるオール・フォー・ワンさんは刑務所に入ってもどこか大物のオーラを感じました。
 思いがけない形でナンバーワンになったエンデヴァーさんが今後どう奮起するのかに期待したいです。

 サブタイトルにもあったかっちゃんの呼び出しですが、粗暴なようで物事をしっかり見ているのが印象的でした。
 自分が見下していた相手が憧れのヒーローに認められていた、そのいらだちを整理できずに戦うということなのかもしれません。
 かっちゃんと戦って一段落したとして、少し気が早いながらも4期を期待せずにはいられません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム