【アニメ感想】夢王国と眠れる100人の王子様 第10話「儚(はかな)い馨香(けいきょう)」

 夢王国の100話を見て感想を書かせていただきます。
 次々とキャラが出てきて、なおかつ主人公がアリスと呼ばれて混乱気味の私がいます。
 現実問題としてあと2、3話で通算100人の王子様が出るとは思えませんが……

【内容】
 主人公はチェシャ猫によって連れ去られ、不思議の森なる場へやってきます。
 アヴィ、キエル、ナビが主人公を助けに来ますが、つるのようなものに捕まってしまいました。
 キエルは「見てほしくない」と言いつつすさまじい形相で相手を笑わせて先に進みます。

 お姫様抱っこされた主人公ですが、そもそもチェシャ猫のことを覚えていませんでした。
 そこにちょうちょの人ことケガレマルが登場して主人公をさらっていこうとします。
 アヴィ、ナビは木を笑わせてなんとか脱出し、マッドハッターたちと合流を果たします。

 ケガレマルがユメクイを発生させる一方で、キエルが主人公を助けに来ます。
 主人公はチェシャ猫及びキエルと一緒に戦闘を行うことに。
 マッドハッターによるとチェシャ猫はアリスとの思い出の場所に連れていき記憶を蘇らせようとしているとのこと。

 ケガレマルが攻撃を仕掛けてきたかと思えば、マッドハッターたちが特攻してきます。
 退散するケガレマルですがキエルには「アレ」を使えば一発だと意味深なことを言い出します。
 チェシャ猫に「忘れろ」と言うマッドハッターですが、彼自身が忘れることができなかった模様。

 マッドハッターは思い出を覚えておく一方でチェシャ猫は主人公にキスしてアリスじゃないと気づきます。
 みんなでお茶会をすることになりますが、キエルが時計を使って自分の記憶を遡ろうとします。
 キエルの父親の亡骸に涙を流すセティークに、キエルは何かを言って怒らせてしまったようです。

 アヴィはキエルの気持ちを察して、そいつの目をはっきり見て聞いてやろうと一言。
 主人公やナビもこのまま彼に同行するようです。
 キエルがアヴィを「アヴィ」と呼ぶ一方で、Cパートではマッドハッターが書店員になっているのでした。

【感想等】
 ナビさんとチェシャ猫さんが同じ声優さんと知って驚いたのは私だけではないかも。
 これが土曜日だったらヒロアカの出久さんとも同じという話題になっていたのですが……
 突然のギャグ連発はふと「ドラゴンボール」の界王様の修行を連想してしまいます。

 いきなりステッキを振ってくるケガレマルさんもなかなかシュールな光景かと。
 終盤にもかかわらずあまりシリアスさを感じないのは安心してみていられるように思えます。
 実は仲間が合流しても半分以上のキャラのお名前が浮かびませんでした。

 過去を断ち切って未来に進むべきという意見には色々と思うところがあったりします。
 大切な思い出は残しておいてもいい一方で、時として忘れた方がいいものもあるのかもしれません。
 セティークさんとの関係に最後の鍵があると思いつつ、残りのお話を楽しんでいけたらいいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム