【アニメ感想】深夜!天才バカボン 第9話「本官の適正テストなのだ/リアル天才バカボン」

 天才バカボンの9話を見て感想を書きます。
 冒頭から焼肉を見せられておなかがすいたのは私だけではないかも。
 公務員も色々と大変……なのかもしれません。

【内容】
 テレビの焼肉を見ながら白米をほおばるお巡りさん。
 近所に騒音があったと訴える住民に対し(途中で焼肉の番組でなくなったことから)焼肉を返せと銃を打ちまくるのですが……
 オープニングの後、お巡りさんは雑誌を見て暗い顔をして落ち込んでいました。

 週刊誌に銃を乱射したと載せられたお巡りさんに対し、パパは「有名人」の仲間入りだと喜びます。
 偉い人に呼ばれたお巡りさんは怒られるのではないかと考えます。
 パパに昇進ではないかと言われて裸になって喜びますが、これまでの行動について偉い人に怒られてしまいました。

 偉い人は「適性テスト」をすると言い出し、インターネットについての質問をぶつけられます。
 さらには道を説明しろと言われたら「自分で調べろ!」と言ってしまいます。
 自転車の無灯火運転は「死刑にする」などと言い出し、不審者を銃殺すると言って殴られます。

 ところ構わずに銃を突きつけるお巡りさんに、偉い人は「警察官に向いていない」と断言します。
 銃を打ちたいと言いつつも今後の質問については我慢していきます。
 ストーカーの質問についてお巡りさんは女性を脅すような発言をしてまた殴られます。

 「どうして警察官になっていると思うのですか?」と言われ、お巡りさんははクビになってしまいます。
 パパは「マンガの中の世界には夢がないとダメなのだ!」と説得しようとしますが……
 「市民の声を聞くのだ!」と言われて実際に聞いてみますが、警官に向いていないとはっきり言われます。

 パパは自分がアイドル役をやると言って息子と喧嘩を始めてしまいます。
 そうかと思ったらバカボンはリアルな姿になっていて父親も同様でした。
 猫下駄履かないかと言われて反発するバカボンなのですが……

 バカボンはハジメの資金を頼ろうとし、頭を下げてなんとかお金をもらいます。
 パパは警察に捕まっていて、猫の飼い主からは訴えられそうになってしまいます。
 バカボンは猫を下駄にするのは犯罪だと突っ込み、自分は家を出て行くと言い出します。

 パパは刑務所に収監されている元お巡りさんと面会をします。
 レレレのおじさんは老人ホームに入れられ、ウナギイヌは(食べられたので)姿を消してしまいます。
 バカボンは父親が働いていたこと、さらには戸籍には普通の名前だったことで驚かされます。

 いつもの着物を着たバカボンは父親と一緒に遊ぶことに。
 「これでいいのだ」と結論づけるパパさんなのですが……
 猫下駄をやっていたらまた訴えられないのでしょうか。

【感想等】
 冒頭から銃撃するのは彼らしいですが、実際にあったら懲戒ものだと思われます。
 偉い人に呼び出されるのもある意味では当然の展開かと。
 即座に懲戒ではなくてテストをするだけアニメの世界は優しいのかもしれません。

 前半は想定内としても後半のお話は実写を持ってくると思っていたのはここだけの話です。
 バイトを探しているだけ6つ子さんよりはましと思っていましたが、警察のお世話になる父親は厳しいかと。
 お巡りさんの目玉がつながっていなかったのは別人にしか見えませんでしたが……

 お父さんが働いていたことも驚きでしたが、このアニメで戸籍という言葉が出てきたことも驚きました。
 最後は普通にいいお話で終わりますが、猫下駄をやったらまた訴えられそうな気がします。
 次回はハジメさんがメインのようですが、本当の天才がどう振る舞うのか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム