【アニメ感想】Phantom in the Twilight 第9話「追われる者と守る者」

 ファントムさんの9話を見て感想を書かせていただきます。
 今回はクリスさんとシンヤオさんがメインのお話なのは間違いないはず。
 心のどこかで「守られる」ポジションというものの若干の憧れを抱く今日この頃です。

【内容】
 一度力を暴走させたトンは正気を取り戻し、改めてシンヤオを救出すると言い出します。
 オープニングの後、ヘイシンは新たな手駒を従えて行動を開始していました。
 バックアップはシンヤオに注目し、ヘイシンはトンに注目してどちらの能力が先に覚醒するのかと「ゲーム」をはじめます。

 シンヤオを待っていたトンでしたが、グレゴリー警部だったのでちょっとがっかりしてしまいます。
 店の前にはミッドナイトサンの軍勢(?)が待機していて、大英博物館ではバケモノの目撃情報が出ます。
 現地にやってきたヴラッドたちは鎧の兵士と戦闘を開始しますが、トンはすぐに疲れてしまいます。

 入院中のヴァンは社員の襲撃を受けますが、「私は全ての人間を許す」と逃げてしまいます。
 バックアップはトンがまた強くなったといいつつ、クリスたちを包囲して「時間の問題」と一言。
 ウェインはシンヤオの居場所を推測し、ヴラッドは策を講じる必要があるといいつつもルークは一人で先行します。

 狼の鳴き声をあげてクリスを呼び寄せようとするルークさん。
 ウェインが「魔法の鏡」のスマホを置いて行かせ、バックアップは反応を追いかけてシンヤオを発見しようとします。
 バックアップはルーク、トウリュウの2人の姿しか見つけられず、ウェインが監視システムを落としてしまいます。

 トン、ヴラッドは目の前の敵と対峙し、そのそばにヘイシンの姿がありました。
 バックアップはシンヤオを発見し、クリスは単身で敵をひきつけようとします。
 ルーク、トウリュウは強敵と戦うことになり、トン、ヴラッドはそちらの方へ向かいます。

 クリスは弱点を突かれて眠りそうになり、シンヤオは自分が戻ることで彼を救おうとします。
 それでも抵抗するクリスは額を銃撃され、ついには川に落下してしまいます。
 果たしてこのままシンヤオは敵に確保されてしまうのでしょうか。

【感想等】
 1クールだとしたらそろそろ終わりが見えて来る頃なのかもしれません。
 シンヤオさんを救出してヘイシンさんと一度戦えば(決着はつかなくても)ちょうどいいように思えます。
 バックアップさんの戦闘能力は未知数ですが、お声がお声だけに大物のような気がします。
 
 ヴァンさんはすでに退場したものと思っていましたが、ネタキャラで終わってしまうのでしょうか。
 クリスさんとシンヤオさんがいいムードになって微笑ましいなと思ってしまいます。
 「ただでは転ばない」ウェインさんがシステムをダウンさせるのはうまい手だと思いました。

 どんどん強くなっているトンさんですが、シンヤオさんも同等の実力があるのでしょうか。
 2人が覚醒したらヘイシンさんを倒すことも不可能ではないのかもしれません。
 川に落ちたクリスさんが生きていることを願いつつ、次のお話も見て行けたらと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム