【アニメ感想】百錬の覇王と聖約の戦乙女 第9話「美しい月」

 百錬の9話を見て感想を書きます。
 タイトルの時点で美月さんがメインのお話なのは明らかかと。
 オープニングで出ている美月さんのそっくりさんはそろそろ出るのでしょうか。

【内容】
 ジークルーネは目を覚まし、フェリシアは朝食の支度をするのだと移動していました。
 思わず胸を見てしまう一方で戦士の方はない方がいいと言い出すルーネさん。
 実際のところ、勇斗の世界ではどれくらいの「胸」が普通なのでしょうか。

 オープニングの後、美月は同級生の瑠璃に胸を揉まれていました。
 美月は勇斗が他の女の子をはべらせているのではと言われつつも「信じている」と言い張ります。
 瑠璃の従姉の沙耶は考古学の博士号を持つほどの才媛なのだとか。

 大晦日に美月、瑠璃は沙耶と対面して「過去の世界」にいるという勇斗の現状を説明します。
 北欧神話の用語がちょくちょく出てくるものの、こちらのそれとはかなり違うようです。
 沙耶は勇斗は世界を焼き尽くす「炎の巨人」スルトにかぶり、美月はその妻と重なるのではないかと言い出します。

 美月は神話の結末通りに勇斗が死んでしまうのではないかと心配になってしまいます。
 沙耶は北欧神話は口伝が中心で本当はどうだったのかわからないとフォローします。
 瑠璃は「恋はタイミング」と美月に告げ、気がつけば空からは雪が降ってきます。

 勇斗は美月と連絡が取れずいらだっていましたが、そこでスカーヴィズとの会話がはじまります。
 自分の悩みを口にする勇斗に、スカーヴィズは酒を渡して飲み干してしまえと言い出します。
 ジークルーネはフェリシアと会い、女性陣は勇斗のマントを刺繍することになりました。

 ロプトは勇斗に対抗意識を燃やす一方、勇斗はようやく美月と会話することに。
 勇斗は瑠璃のいとこは女なのかとついつい問いただします。
 美月は「月が綺麗ですね」と言い残し、そのままスマホの電池が切れる一方で美月の鏡が光ります。

 勇斗は外を散歩していたところで双子と会い、そのまま散策を続けますが……
 町では美月のそっくりさんが喧嘩をしていました。
 町の人達が勇斗に土下座するのはいいとして、その女性はいったい何者なのでしょうか。

【感想等】
 お話は終盤のはずが、未だに登場人物が頭に入っていないのは内緒です。
 冒頭から胸の話題を出されてもなんとも言えないのですが……
 筆者には経験はありませんが、世間一般の女子高生は胸を揉んだり揉まれたりするものなのでしょうか。

 勇斗さんに一途な美月さんが可愛いなと思いますが、瑠璃さんも普通に可愛いなと思います。
 北欧神話の用語とかぶっているのはただネーミング元にしていただけというわけではなかったようです。
 いわゆる「最終戦争」を最強武器にしたゲームを作る日本はいろんな意味ですごいと思います。

 勇斗さんのために刺繍をしていた女性陣が見ているとなんだか微笑ましいです。
 「月が綺麗ですね」発言で「月がきれい」というアニメを思い出したのは私だけではないはず。
 残りのお話は3話程度としてステインさんとロプトさんが組む展開はあるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム