【アニメ感想】衛宮さんちの今日のごはん 第9話「秋の味覚-キャスター和食修行編-」

 今日のごはんの9話を見て感想を書きます。
 リアルではまだまだ暑いですが、あちらの世界はもう秋になったようです。
 キャスターさんと葛木先生は夏よりももっとアツアツなのかもしれませんが……

【内容】
 季節は秋になり、士郎はいつも通り商店街をうろついていました。
 キャスターは「見つけた……」と士郎を捕まえ、教えてほしいことがあると言い出します。

 オープニングの後、時間は少し遡ります。
 キャスターはお洗濯日和だと家事を行っていて、葛木先生にときめいていました。
 リクエストにあった里芋の煮っ転がしは一体どう作るのでしょうか。

 士郎は魚屋にやってきてサンマを買い、キャスターも料理をがんばるのだと意気込みます。
 手製の里芋の煮っ転がしを作ると意気込むキャスターさん。
 士郎は里芋だけでなく和え物やサンマなどもいっしょに作ることになりました。

 里芋の皮をむくキャスターですが、魔術で使うことから刃物の使い方は慣れているとのこと。
 続いて芋を蒸して砂糖、酒、みりんを加え、醤油を入れて煮詰めていきます。
 サンマについては軽く切れ込みを入れて塩を振って焼いていきますが……

 セイバーが戻ってきましたが、キャスターが在宅していることに困惑します。
 キャスターはセイバーの食べっぷりを見てこれならいけるのではないかと考えます。
 続いて小松菜のおひたしを作り、お味噌汁も作っていきます。

 できあがったお料理をいただく士郎、セイバー、キャスターの3人。
 里芋は一夜おくと味が染みついて更においしくなるとのこと。
 キャスターはお礼を言って、作ってあげるのが楽しみだと目を輝かせます。

 士郎に教わったとおりに作ったはずのキャスターですが、少し仕上がりが違っていたようです。
 そこに葛木先生が(仕事から?)戻ってきて「いくらでも付き合う」と告げます。
 その言葉に感激したキャスターは顔を赤くして、ますますがんばることを誓うのでした。

【感想等】
 今回はキャスターさんがメインのお話で、一途な姿は応援したくなります。
 田中敦子さんのお声で「うたわれるもの」のカルラさんを連想するのは私だけではないかも。
 あちらは田中さんに限らずFate関係のキャストが多かったりしますが……

 本編では敵として戦った彼女たちですが、こうして平和な日常を送っているのは微笑ましいです。
 そういえばお寺の前にいらっしゃるあの方は空気を読んで出てこなかったのでしょうか。
 次のお話は10月ですが、時期が時期だけにキノコ関係のお料理が出てくるのかもしれません。
 
 
※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム