【アニメ感想】メジャーセカンド 第22話「エース登板」

 メジャーセカンドの22話を見て感想を書かせていただきます。
 格上の相手である東斗の皆さんをここまで追い込んだのは特筆すべきかと。
 相手エースの道塁さんは一体どんなボールを投げるのでしょうか。

【内容】
 大吾は姉(いずみ)の言葉もあってバントヒットで出塁します。
 続いて打席に立った卜部はスクイズで1点を返し、東斗を1点差まで追い詰めます。
 道塁は2度スクイズを取られるのはどうなのかと弟(渉)に腹パンしてしまいます。

 アンディが打席に立つ頃には小松の体力は限界で、ついに三船は同点に追いつきます。
 東斗ボーイズの監督・乾は「お前らしくない」と言いつつも「これもまた勉強」と道塁を登板させます。
 道塁は光と勝負して彼を含めたバッターを三振に打ち取ってピンチを救います。

 乾は大吾、光の姿に父親を夢島で特訓したこと(旧作2期)を思い出しつつ作戦指揮を執ることに。
 卜部はヒットを許し、続く渉は「落とし前は俺のバットで付ける」と意気込みますが、送りバントのサインを出されてしまいます。
 乾はバントのサインを取り消し「やるべきことはわかるな」と意味深なことを言って渉を見送ります。

 渉はヒットを放ってノーアウト1、2塁となり、さらには満塁とチャンスを広げます。
 卜部は1点を奪われてしまい、さらにスクイズで2点目を失ってしまいます。
 大吾は2点くらい取り返せると言いますが、好投を続ける道塁からどう点を取ればいいのでしょうか。

 卜部は押し出しで1点を取られ、3点差で最終回を迎えることになりました。
 田代は「最後は悔いなく帰ってこい」と負けたようなことを言い出し、控えの永井を代打で出すことを考えます。
 1死で打席に立った大吾は前進守備で思いっきりバントを警戒されてしまいます。

 6人を連続3振という道塁には光以外はバットを当てることができません。
 大吾は度重なる練習の成果もあって球筋が見えているようですが……
 彼はファールで粘って最終的には四球で出塁することに成功します。

 続いて打席に立った卜部は自分が東斗を飛び出して渉を倒すと言っていたことを思い出します。
 「往生際が悪いってんだ!このポンコツ2世が!」と決死の走塁で1、2塁とチャンスを広げます。
 続くアンディも「ここで期待に応えなきゃ4番じゃねえだろ!」と意地のヒットを放ちます。

 「満塁……だと……」と呆然とする渉さん。
 光と対峙した道塁は一体どんなボールを投げるのでしょうか。

【感想等】
 一方的な試合になるかと思いきや、ここぞの踏ん張りは旧作に通じるところかと。
 同点に追いついたところで道塁さんを引きずり出し、試合はここからが本番でしょうか。
 乾さんが旧作2期のことを思い出すのは感慨深いです。

 同点に追いついたところで流れが来たのかと思いきや、いきなり2点を取られて呆然としてしまいました。
 それでも最終回でチャンスを作るところはまさに野球の醍醐味かと。
 大吾さんが卜部さんのやる気に火を付けたところは間違いなく吾郎さんの息子だと思います。

 東斗を倒すためにチームを飛び出した卜部さんに、海堂を飛び出した吾郎さんをふと思い出しました。
 卜部さん(とアンディさん)がここまで魅力的なキャラになるとはうれしい誤算としか言いようがないかと。
 次回は光さんが打って延長戦になるのではないかと思いますが……果たしてどちらが勝つのか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム