【アニメ感想】天狼 -Sirius the Jaeger- 第8話 「然る者、紫煙に薫る」

 天狼の8話を見て感想を書かせていただきます。
 前回は大物だと思っていたカーシュナーさんがあっさり倒されたのは驚きました。
 順当にいけばエフグラフさんがラスボスになるのでしょうか。

【内容】
 ミハイルはエフグラフに吸血鬼にされたことを思い出していました。
 エフグラフはミハイルへ共に「シリウスの箱」の元へ向かおうと言い出しますが……
 一方、ユーリィは(本部の指示を無視して)南樺太と向かっていました。

 ウィラードは自分が解読した古文書に「シリウスの箱」のことが書かれていたことを告げます。
 ユーリィの父親が箱を持ち去りましたが、吸血鬼は解読を諦めず、箱の場所を突き止めたとのこと。
 エフグラフはユーリィについて言及し、狩人をどうして殺さなかったのかと問いかけます。

 シリウスの聖地にユーリィの父親は箱を持ち込んだそうですが、そこが封印の可能な唯一の場所なのだとか。
 父親は自分の命と引き換えに封印を施したとのことですが……
 フィリップはユーリィよりも本部の命令が大事なのかと問い詰め、ウィラードは自分にできることがあると答えます。

 現地にやってきたユーリィには金髪の男性「ビショップ」が話しかけてきます。
 封印に足を踏み入れたミハイルはエフグラフに反抗して先に進もうとしますが、腹パンされて倒れてしまいます。
 ミハイルを倒したエフグラフは「弟」ならばどうかとつぶやきます。

 ビショップはシリウスの箱のこともユーリィがシリウスの生き残りということも知っているようです。
 彼は箱の行方を知っている人物に会うのだと言い出し、ユーリィと手を組むことに。
 クラルヴァインはエフグラフにスルーされてしまい、自分の研究が正しいのだと何かをしようとしていました。

 涼子は置き手紙を残して(南樺太へ)移動し、その父親も(ロンドンへ)移動を開始します。
 伊庭は軍の命令で南樺太を目指しているようですが……
 ユーリィはビショップは本当に狩人なのかと問い、ビショップは仲間の敵を討つ目的があると告げます。

 女性の吸血鬼が老人を襲い、ユーリィは彼女たちと戦闘を開始します。
 エフグラフが兄を吸血鬼にしたと聞いた彼は一体何を思うのでしょうか。

【感想等】
 舞台は日本から遠く離れ、お話はそろそろ大詰めという感じがします。
 花いろやSHIROBAKO、サクラクエストのように2クールある可能性も否定はできません。
 2クールあればラスボスがお兄さんの可能性も浮上するのかもしれません。

 命令違反をふつうにやってしまうユーリィさんですが、そもそも組織への帰属意識がなかったのかもしれません。
 涼子さんが動いたのはこれまでのPA作品の女性キャラを想定するとなんとなくわかってしまいます。
 唐突に出てきたビショップさんは一体何を考えているのかが気になるところです。

 お話の鍵を握る「箱」ですが、箱を手に入れる前にエフグラフさんと戦う必要があるのでしょうか。
 クラルヴァインさんが中ボス、エフグラフさんを倒せば大体1クールで終われるような気がします。
 2クールあればユーリィさんが暴走して涼子さんがそれを止める展開もあるように思えますが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム