【アニメ感想】Phantom in the Twilight 第8話「力の代償」

 ファントム(以下略)の8話を見て感想を書かせていただきます。
 いきなりトンさんの髪の毛の色が変わっていたのに驚いたのは私だけではないかも。
 ヘイシンさんを退けたのはよかったのですが、その代償はあまりにも大きかったのかもしれません。

【内容】
 力の暴走によって力を使い果たしたトンは眠りに落ちていました。
 ルークはシンヤオは生きていると報告しますが、トンはシンヤオのことを覚えていませんでした。

 ヴラッドによるとトンの力は人間に制御できるものではなく、その代償として記憶を失ったとのこと。
 目の前でシンヤオを失ったというショックがあまりにも大きかったようですが……
 やる気も失ったトンはそのまま寝込んでしまい、トウリュウたちは今後をどうするのかと考えます。

 ルークはシンヤオの写真を見せて記憶を取り戻させることを考えますが、ヴラッドはいっそ記憶を戻さないのも手ではと考えます。
 男性陣がそれぞれトンを心配している一方、トンはまだ疲れて眠っているようです。
 ヴラッドはそっとしておこうと言いますが、ルークはトンの元に向かおうとしていたところを「お前の料理は看板だ」と止められます。

 「客など待たせておけ」とヴラッドがトンをお見舞いしたかと思えば、ルークはスイーツを持ってやってきます。
 ルークは「大切なもの」をなくした女の子について話をしつつも誘惑してきました。
 さらにトウリュウにいたっては髪の毛をといて、誠心誠意仕えると言い出すのでした。

 トンがこのままでいいのかと思っている一方、クリス、シンヤオは逃走を続けていました。
 携帯アプリで監視されていることに気づいたクリスはシンヤオを連れて逃げていきます。
 ヘイシンは怪我をしていましたが、監視役の男(バックアップ)に分をわきまえた方がいいと念を押します。

 ヴァンが倒れている光景を見せられたヘイシンは「若者の感性は難しい」と一言。
 本題に移ると、シンヤオには何らかの特殊能力があるようですが……
 シンヤオはクリスとともにトンに合流することを主張し、そのまま移動を開始します。

 一夜明けたトンは髪の毛の色が戻っていました。
 記憶が戻ったトンは何食わぬ顔で「シンヤオを助けてくる」と言い出すのでした。

【感想等】
 ヘイシンさんを退けたトンさんでしたが、お話はますます深刻な方向に進んでしまいました。
 赤い髪の毛のトンさんもちょっと綺麗かなと思ったのはここだけの話ですが……
 それぞれの意見は違うものの、トンさんのことを心配しているのが微笑ましく思えます。

 仲間と次々と面会するトンさんに、同じCVの(「もしドラ」の)夕紀さんを思い出してしまいました。
 イケメンさんが次々と優しくお世話してくれるのはちょっとうらやましいかも。
 中学の時は体が弱かったので似たような経験をしたのはここだけの話です。

 トンさんがただ者でなければ、シンヤオさんもまた何か特殊な能力があるのは明らかかと。
 あっさりとトンさんの記憶が戻ったのは驚きましたが、彼女は単に疲れていたということなのでしょうか。
 残りのお話でヘイシンさんと決着を付けてシンヤオさんを救出して終わるのでしょうか。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム