【アニメ感想】オーバーロードⅢ 第7話「蜘蛛に絡められる蝶」

 オーバーロードの3期7話を見て感想を書かせていただきます。
 集められた冒険者たちにはこれからどんな困難が待ち受けているのでしょうか。
 いずれにしても彼らの多くが生き残れないような気がしますが……

【内容】
 集められたフォーサイトの皆さんは「未知の墳墓」に胸をときめかせていました。
 様々な冒険者たちが探索を続け、財宝を発見しては大喜びしていました。
 老人の冒険者たちは隠し扉がないのか偵察する代わりに分け前をよこせと言い出します。

 地下を進む冒険者たちにスケルトンが襲いかかってきましたが、最弱なんだと油断してしまいます。
 スケルトンを撃退した冒険者たちの姿を見たモモン(アインズ)は「全員死ぬだろう」とつぶやきます。
 モモンは「休ませてもらう」と離脱し、ナーベに後を託して(アインズの姿に戻って)ナザリックに戻ることになりました。

 アインズはアルベドに「歓迎」の準備はどうなっているのかと確認し、一人として生かして帰すなと言い出します。
 外にいた老人たちにはナーベたちメイドさんが立ちはだかり、自分は手が出せないからとアンデッドが召喚されます。
 冒険者たちは次々と倒されてパーティーは崩壊し、ダンジョンの中でも同様の事態が起こります。

 逃走を図る冒険者の前に「恐怖公」なる存在が現れます。
 恐怖公の眷属は冒険者たちを襲い、さらに別のところではオネエ言葉のスライムが登場します。
 さらにはハムスケが登場し「一人で十分」という銀髪の冒険者を吹き飛ばしてしまいます。

 銀髪冒険者は強化魔法をかけてもらいますが、あっさりと両腕を切り落とされてしまいます。
 フォーサイトの皆さんは自分たちが転移された場所が「帝国の闘技場」に似ているのではないかと考えますが……
 彼らの前にはあのアインズが立ちはだかるのでした。

【感想等】
 前回はキャラクター紹介で、今回から本格的なお話がはじまったという感じでしょうか。
 冒険者の皆さんが色々と出てきますが、お名前はほとんど頭に入っていなかったりします。
 お声を聞く限り(チョーさん等)声優さんはかなり豪華なように思えますが。

 主人公サイドが罠を仕掛けるというのは他になかなかないような気がします。
 メイドさん達が「殺す」を連発するところで、ふと「~して殺す」というフレーズの「十二大戦」を思い出してしまいました。
 恐怖公さんのグラフィックが生々しくて本当に恐怖したのは私だけではないはず。

 「森の賢王」ことハムスケさんの見かけによらず強力な実力はなかなかに興味深いです。
 残るはアルシェさん達だけになりましたが、相手が相手だけに万に一つも勝ち目がないかと。
 できればアルシェさんの生存を望みつつ、次からのお話も見ていければいいなと思います。

 
※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

タイトルの意味から分かる怖さ

こんばんわです。

長文失礼します。
フォーサイトの方々はナザリックの
前に到着し高まる期待で一杯であった。
財宝を見つけ浮かれているメンバー達は、
まさか罠とも知らず、また警備も薄く
なっていたので油断していた。
これで舐めてかかる冒険者達を笑う事は
出来ないですよね。
グリンガムさん(鉄の鎧を纏った方)だけは
油断せずに行こうと言う意見は正解でした。
アインズさんはナザリックに戻り
代わりにパンドラズアクターさんを
身代わりにモモンさんに扮する事になる。
客人達を持て成す準備が整っていると
アルベドさんのセリフが怖かったです。
外にいたパルパトラさん達メンバーは
中に入るのは危険と判断したが
プレアデスさん達が配備されていた。
直接相手をせずに召喚兵で立ち向かわせる
事になるが、外にいたパルパトラ(老兵)さん達
メンバー全員は呆気なく全滅した。
ヘビーマッシャーさん達は敵から逃げて
部屋に入るが転送魔法により恐怖公さん達の
部屋に飛ばされ眷属のエサとなる。
捕まった人はニューロニストさんに捕獲され
拷問による情報を引き出される事に。
愛嬌たっぷりなハム助さんの相手は、
剣に自信があったエルヤーさんでした。
結局、ハム助さんの武技斬撃を試す
実験台にすぎませんでした。
仕えていたエルフさん達の笑いと
日頃の扱いがエルヤーさんを蹴るという
行為に及んだのも理解出来る。
そい言えばこのエルフさん達はどうなった?
小説でも所在は不明です。
ザリュースさん達に教わった武技は
見事に出来るようになっていた。
フォーサイトさん達も転送させられ、
第6層に招かれる。

本日もご苦労様でした。
恐怖公さんのシーンは薄暗くして
くれての配慮には感謝ですね(^^)
彼は暗がりで詳しくは分かりませんが、
結構立派な貴族の格好をしているようだ(^^)
言葉遣いも丁寧で公爵という振る舞いをし
社交ダンスも知っているという面白いキャラです(^^)
部屋中が真っ黒になる程にいる眷属達も
彼の存在事態も恐怖に値しますね(^^)
もし小説通りなら今回のように戦闘ではなく、
違った場面で再登場する可能性があります(^^)
ニューロニストさんはweb小説のイメージ
にピッタリの風貌と声優さんも上手いです(^^)
この方が女性?かどうかは不明ですが
アインズさんを愛しているというのも面白いです(^^)
いよいよフォーサイトさん達の出番となり、
このメンバーに対する相手はアインズさん
と言うのも報われない感たっぷりです。
アルシェさんがアインズさんの実力を
どう判断するかも見ものですね。
普段は魔力を抑える為にはめている
指輪を外したアインズさんの底知れない
実力を知る貴重な話しになりそうだ(^^)
四人中一人は生かされ実験体となり、
アルシェさんの扱いがどうなるか不明です。
現在まで書籍通りの展開な為に厳しそう。
もしweb版と同じならナザリックに住み、
妹さんはアインズさんがナザリックに
連れて来て一緒に住む話しになります。

ショッカー戦闘員が仮面ライダー大戦に巻き込まれるような戦力差ですたね。

ハム助が本気になるとアドマンタイト級冒険者でも鼻息で倒せるのが面白過ぎた。

来週の恐竜アインズ対アリンゴ冒険者4人の虐殺祭りが楽しみ過ぎるw

彼女はタレントを使って底なし沼アインズ様を見るのだろうか?

Re: タイトルの意味から分かる怖さ

> こんばんわです。
> 長文失礼します。
 こんばんはです。
 オーバーロードもお話が進んできましたね。

> フォーサイトの方々はナザリックの
> 前に到着し高まる期待で一杯であった。
> 財宝を見つけ浮かれているメンバー達は、
> まさか罠とも知らず、また警備も薄く
> なっていたので油断していた。
> これで舐めてかかる冒険者達を笑う事は
> 出来ないですよね。
> グリンガムさん(鉄の鎧を纏った方)だけは
> 油断せずに行こうと言う意見は正解でした。
 彼らもそれなりに有名な冒険者なのかもしれませんが、
 作品を彩る脇役なのでしょうね。
 せめてアルシェさんだけは助かってほしいですが……

> アインズさんはナザリックに戻り
> 代わりにパンドラズアクターさんを
> 身代わりにモモンさんに扮する事になる。
> 客人達を持て成す準備が整っていると
> アルベドさんのセリフが怖かったです。
 主人公サイドが相手を罠にかけるというのは、
 なかなか他にはないかもしれません。
 今回のアルベドさんは怖いですね。

> 外にいたパルパトラさん達メンバーは
> 中に入るのは危険と判断したが
> プレアデスさん達が配備されていた。
> 直接相手をせずに召喚兵で立ち向かわせる
> 事になるが、外にいたパルパトラ(老兵)さん達
> メンバー全員は呆気なく全滅した。
 相手が悪かったとしかいいようがないかと。
 メイドさん達が戦っていたら、
 もっとあっさり終わっていたのかもしれません。

> ヘビーマッシャーさん達は敵から逃げて
> 部屋に入るが転送魔法により恐怖公さん達の
> 部屋に飛ばされ眷属のエサとなる。
 リアルでこんなことがあったらと思うと
 夜も眠れなくなるかもしれません。

> 捕まった人はニューロニストさんに捕獲され
> 拷問による情報を引き出される事に。
 オネエ系のキャラにちょっと驚きました。

> 愛嬌たっぷりなハム助さんの相手は、
> 剣に自信があったエルヤーさんでした。
> 結局、ハム助さんの武技斬撃を試す
> 実験台にすぎませんでした。
 この人はやられるとは思っていましたが、
 ハムスケさんが倒すとは思わなかったです。
 「森の賢王」はやっぱり強いですね。

> 仕えていたエルフさん達の笑いと
> 日頃の扱いがエルヤーさんを蹴るという
> 行為に及んだのも理解出来る。
> そい言えばこのエルフさん達はどうなった?
> 小説でも所在は不明です。
 ああいうキャラだと仕方ないような気がします。
 アニメでエルフさん達のその後が少し語られるのか、
 ちょっと期待して待ってみようかと。

> ザリュースさん達に教わった武技は
> 見事に出来るようになっていた。
 ザリュースさん懐かしいですよね。
 ご本人はほとんど出番がありませんが。

> フォーサイトさん達も転送させられ、
> 第6層に招かれる。
 彼らもきっと倒されるのでしょうね。
 相手があまりにも悪すぎますし。

> 本日もご苦労様でした。
 今日も一日お疲れ様でした。

> 恐怖公さんのシーンは薄暗くして
> くれての配慮には感謝ですね(^^)
> 彼は暗がりで詳しくは分かりませんが、
> 結構立派な貴族の格好をしているようだ(^^)
> 言葉遣いも丁寧で公爵という振る舞いをし
> 社交ダンスも知っているという面白いキャラです(^^)
> 部屋中が真っ黒になる程にいる眷属達も
> 彼の存在事態も恐怖に値しますね(^^)
 お名前通りの方ではありますが、
 作者さんもよくこんな人を考えたなと感心します。
 リアルで眷属と出くわしたらどうしようかと、
 そんなことを考えてしまいましたが……

> もし小説通りなら今回のように戦闘ではなく、
> 違った場面で再登場する可能性があります(^^)
 なるべく明るいときに視聴しようと、
 そんなことをちょっと考えてしまいました。

> ニューロニストさんはweb小説のイメージ
> にピッタリの風貌と声優さんも上手いです(^^)
> この方が女性?かどうかは不明ですが
> アインズさんを愛しているというのも面白いです(^^)
 ああいう変わったキャラを演じるところで、
 声優さんのすごさがわかるような気がします。
 なかなかシュールな光景でしたね。

> いよいよフォーサイトさん達の出番となり、
> このメンバーに対する相手はアインズさん
> と言うのも報われない感たっぷりです。
 まず勝てないでしょうし、
 どんな一方的な展開になるのかと
 ついつい考えてしまいます。

> アルシェさんがアインズさんの実力を
> どう判断するかも見ものですね。
> 普段は魔力を抑える為にはめている
> 指輪を外したアインズさんの底知れない
> 実力を知る貴重な話しになりそうだ(^^)
 彼が苦戦しているところは今までほとんどなかったですし、
 また圧倒的な実力差を見せつけられそうです。

> 四人中一人は生かされ実験体となり、
> アルシェさんの扱いがどうなるか不明です。
> 現在まで書籍通りの展開な為に厳しそう。
> もしweb版と同じならナザリックに住み、
> 妹さんはアインズさんがナザリックに
> 連れて来て一緒に住む話しになります。
 やっぱり後者の展開の方がいいなと思います。
 今まで報われなかった分、少しは報われてほしいですし。

Re: タイトルなし

> ショッカー戦闘員が仮面ライダー大戦に巻き込まれるような戦力差ですたね。

 こんばんはです。
 コメントどうも有難う御座います。
 それだけの実力差があるということですよね。
 あまりライダーさんは詳しくないですが……

> ハム助が本気になるとアドマンタイト級冒険者でも鼻息で倒せるのが面白過ぎた。

 大物みたいな扱いだったのが、
 あっさり倒されるというのはすごいですよね。
 しかも相手はハムスターさんですし。

> 来週の恐竜アインズ対アリンゴ冒険者4人の虐殺祭りが楽しみ過ぎるw
>
> 彼女はタレントを使って底なし沼アインズ様を見るのだろうか?

 アルシェさんくらい生き残るのかなと思いたいですが、
 実際どうなるのか気になりますね。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム