【アニメ感想】Fate/EXTRA Last Encore 第12話「天輪聖王」

 エクストラアニメの12話をみて感想を書きます。
 前回はいきなり最下層に落とされてしまい、魔界塔士サガをふと思い出しました。
 果たしてトワイスさんにはチェーンソーは通用するのでしょうか。

【内容】
 西欧財閥のレオはトワイスと対峙し、1970年の出来事について言及します。
 レオは聖杯を得て事態を打開しようとしますが、トワイスによると「失ったモノ」は取り戻せないとのこと。
 トワイスは「乗員の意識は変えられない」と告げ、それが「ハーウェイの呪い」だと一言。

 レオが優れた指導者であることを念頭に、人類の変革は夢物語だと告げるトワイスさん。
 トワイスの考えに賛同したレオは崩れていくがれきの中で「人類はここで終わります」と告げます。
 そして、ハクノ、ネロは第7階層から最下層に落下してしまいました。

 「栞」が光り輝き、ハクノは光をたどって「先に進もう」とネロと手をつなぐことに。
 ハクノはセイバーがいなければ勝てなかったと告げ、ネロは互いが互いを補っているのだと一言。
 リンは第7階層でレオに襲われて逃げるだけで精一杯であるとのこと。

 リンによるとチャクラ・ヴァルティンが早まっていてセラフの崩壊が近づいているとのこと。
 ハクノは目的がなくても生きていけるのかと問い、リンは目的を求めて人は生きているのだと応えます。
 栞を使って元の場所に戻ろうとするハクノは、やってみなくてはわからないのだと告げます。

 憎しみから生まれたというハクノに対し、ネロは「憎しみで戦うのはダメだが、怒りで戦うのは良い」と一言。
 トワイスは「君はついに己の命を獲得した」とつぶやきます。
 第7階層ではリンがガウェインに追い込まれていましたが、そこにハクノ、ネロが再び登場します。

 ネロはハクノに力を送ってほしいと告げ、ガウェインと打ち合うことに。
 レオはハクノの体にあるのは敗者の記憶でしかないと言いますが、ハクノの力を受けたネロはガウェインを圧倒します。
 「目的がない」と吐き捨てるレオに対し、ハクノはあくまでムーンセルを元に戻すのだと告げます。

 死者の願いから生まれたハクノは、ネロの言葉を受けて、たった一人の生者を送るために世界を開くのだと訴えます。
 かつてのマスターを念頭に置き「生きたいという願いは他の誰にも負けてはいない」というハクノさん。
 ネロは黄金劇場からの連続攻撃でついにガウェインに勝利し、「最後の男」の待つ次のステージへと進むことになりました。

【感想等】
 冒頭から人類の衰退について語られ、ふと「人類は衰退しました」というアニメを思い出します。
 いきなり難しいことを言われて困惑してしまったのは私だけではないはず。
 一方で、ハクノさんと手をつないで顔を赤くするネロさんがかわいらしいです。

 これまでみてきたものの、第4階層の栞がいまいち思い出せなかったのはここだけの話です。
 「憎しみで戦うのはダメだが、怒りで戦うのは良い」というネロさんの台詞とその前後のやりとりがすごくいいです。
 仲間のピンチで駆けつけるという「王道」展開もベタながらも嫌いではありません。

 前回もそうでしたが、戦闘シーンや背景を見るだけでも数ヶ月待った甲斐があったと思います。
 「生きることが願い」という言葉は生きられなかったからこそ意味深なものを感じてしまいます。
 うまくまとめられているか自信はありませんが、とりあえずあと1話、なんとかがんばってみようと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム