【アニメ感想】アンゴルモア~元寇合戦記~ 第1話「率土の最果て」

 アンゴルモアの1話を見て感想を書かせていただきます。
 その言葉を聞いて1999年のあの方を思い浮かべたのは私だけではないはず。
 モンゴルはワイルドアームズの隠しボス並の強さということなのでしょうか。

【内容】
 元御家人の迅三郎たちは船で運ばれていました。
 船では囚人達が暴れ出しますが、迅三郎がそれを収束させてしまいます。
 2年前には海賊討伐の軍を率いていたという彼ですが……

 かつて捉えた海賊「鬼剛丸」の力を借りて津島へとやってきた迅三郎さん。
 輝日という女性が彼らを出迎え、食事シーンとなりますが……
 彼女は迅三郎たちは間近に迫っている「ムクリ」と戦うように仕向けたのだと言い出します。

 目の前の美女に「対馬のために死んでくれ」と言われ、呆然とする一同。
 「どこへ行ってもまた戦か」とつぶやく迅三郎さん。
 そうかと思ったら「曲者」が現われて輝日がピンチに陥ってしまいます。

 他の囚人たちは博多に逃げようとしますが、元と戦うのと大差ないのだとか。
 迅三郎はここら一帯を焼き討ちにすると言い出します。
 「義経流」なる技で元のみなさんをあっという間に追い払いますが、敵の1人は「義経流」を知っている口ぶりでした。

 犠牲者に涙を流す輝日に、迅三郎は「決意」はあるのかと問います。
 輝日の並々ならぬ決意に何かを感じる迅三郎さん。
 そうかと思ったら、合浦の港から蒙古が襲来するという知らせが入るのでした。

【感想等】
 何の説明もなく戦闘シーンになってよくわからなかったのは私だけではないはず。
 「元」御家人とのことですが、彼が今の状態に至ったいきさつはいずれ語られるものと思います。
 全体的にむさ苦しいお話ではありますが、輝日さんみたいな格好もいいかなと思ったりします。

 美人さんが出てきたかと思ったらいきなり「死んでくれ」と言われて呆然としてしまいます。
 輝日さんにも迅三郎さんにも何か重たい過去があるように思えてなりません。
 それはそれとしてキャラクターの多さがなかなか覚えられる気がしませんが……
 
 迅三郎さんの放火すると言っているお顔がどう見ても悪人にしか見えませんでした。
 元の皆さんが「義経流」を知っているところに、義経さんが生きている説(ウィキペディア:義経=ジンギスカン説)を取っているようにも思えます。
 今後の展開を含めて色々気になる点が多いのでがんばって最後までみていきたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム