【アニメ感想】七つの大罪 戒めの復活 第24話(終)「君がいるだけで」

 七つの大罪の2期最終回を見て感想を書かせていただきます。
 終盤に色々詰め込んできたこともあって一つの区切りは付けられたのかなと思いたいです。
 邪悪な笑みを浮かべるメリオダスさんがちょっと怖いと思ったのは内緒です。

【内容】
 「最高にいい気分だ」と邪悪な笑みを浮かべるメリオダスさん。
 メリオダスは倍以上とも言われる闘級によって「十戒」フラウドリンを圧倒します。
 バンたちはメリオダスらしからぬ戦いぶりに違和感を覚えます。

 3000年前、仲間を殺して失踪したというメリオダスさん。
 当時のゴウセルはメリオダスを「愛する者のための戦いに身を投じた」と説明します。
 フラウドリンは最後の意地を見せようと自爆を試みますが……

 グリアモールはフラウドリンを前にして「誰も殺さない」と自爆を止めます。
 メリオダスは「殺せ」というフラウドリンを容赦なくバラバラにしてしまいます。
 ホークは母親と、さらにマーリンはエスカノールと再会します。

 マーリンによるとメリオダスによると「死なない」呪いをかけられているとのこと。
 しかし、彼は復活するたびにかつての魔神に逆行してしまうのだとか。
 CMを挟んで、今回の犠牲になった人々が埋葬されることになりました。

 ジェリコは兄の死に涙を流し、ヘンドリクセンたちは石をぶつけられたりします。
 国王はこの場を収めて今後は国の復興に尽力するために力を合わせてほしいと一言。
 メリオダスは一人は「祝杯」をあげていたのですが、そこにエリザベスがやってきます。

 メリオダスのまずい食事をして「優しい人の味」がすると涙を流します。
 「もうダチの面もまともに見えない」と魔神の力に侵食されるのが怖いのだと告白します。
 エリザベスはメリオダスをハグして「大丈夫よ」とはげますのでした。

 ハウザーは父親に蹴り飛ばされて王都の復興に向かいますが、町や城は元通りになっていました。
 「たとえ建物は復元しても、人々の心が癒えるわけではない」というマーリンさん。
 バンは「せっかくの祝杯が盛り上がらなかった」とメリオダスに変わらずに接するのでした。

 メリオダスはバンを殴りつけたりエスカノールをあしらいつつも彼らに感謝します。
 子供の姿になったグリアモールは元に戻ることができるそうですが……
 ベロニカがキスした瞬間に大人に戻ってしまい、不審者扱いされるグリアモールなのでした。

 マーリンによると十戒はキャメロットを根城にしているとのこと。
 エレインが無事ということはメラスキュラは生きており、他にも脅威は残っているようです。
 一方でジェリコは兄と同じ能力に目覚めて聖騎士を目指すことになりました。

 ゴウセルは「十戒」の1人である疑念を残しつつも釈放されます。
 改めて7人が集合し、ここからが本当の戦いが始まるのでしょうか。
 そしてエリザベスはずっとメリオダスのそばにいるのだと宣言するのでした。

【感想等】
 最初から最後まですごい勢いで駆け抜けていったという感じがします。
 メリオダスさんが「らしくない」戦い方で相手を追い込むところでドラゴンボールのセルさんを思い出します。
 ガランさんにあれだけ苦戦していたのが今ではいい思い出なのかもしれません。

 自爆するかと思っていたフラウドリンさんが情に流されるシーンが印象的でした。
 魔神族にも人間と同じ情があるのなら、話し合いが通じる余地があるのかもしれません。
 一方でメリオダスさんの今後がいろんな意味で心配になります。

 エリザベスさんのハグでもらい泣きしたほか、彼女のメリオダスさんへの呼び方が変わったことが気になります。
 一区切りついたことも事実ですが、まだまだ戦いは続くのだと思うと物足りなさを感じてしまいます。
 映画の売り上げ次第で3期の放送が決まってくるのかはわかりませんが、今後ともますます応援していければと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

メリオダスさんの真実

こんばんわです。

最終回視聴しました。
長文失礼します。
前回マリーンさんの実の正体が判明
しそうでしたが、何者でしょうか?
十戒がその名を恐れるとは気になります。
メリオダスさんの変化は凄かったです。
人が変わった感じがしました。
長年の決着を付ける事となったフラウドリン
は、大事な人を殺された恨みもあります。
最後はドレファスさんに乗り移った時の、
感情が出て観念したのは人間らしかった。
マリーンさんからもたらされた真実は、
驚きましたがメリオダスさんは亡くなる度に
魔神に近づくと言うのも怖いですが
可愛そうな境遇の人物とも言えます。
メリオダスさんは元の自分に戻る事を
恐れるのも無理はありません。
しかしそうしないとエリザベスさんを
救えないと言うセリフが気になりました。
グリモアールさんの呪いの解き方が
愛する人からのキスというのもいいです(^^)
ジェリコさんは亡き兄の力を継承し
再び立ち上がる決意が良かったです。

本日もご苦労様でした。
ゴーセルさんの過去の姿がありましたが、
フラウドリンさんの態度からかなりの
強い人物だと推測されますね。
現段階では問題なさそう?な雰囲気です。
まだ強豪達を残しての終わりと
なりましたが、区切りとしてはいいと
思いました。
ディアンヌさんの記憶が戻るのは次の
期までお預けになりましたね。
映画は8月18日からと言う事で楽しみです。
またこの作品の続きを期待したいですね。

Re: メリオダスさんの真実

> こんばんわです。
> 最終回視聴しました。
> 長文失礼します。
 こんばんはです。
 七つの大罪完走おつかれさまでした。

> 前回マリーンさんの実の正体が判明
> しそうでしたが、何者でしょうか?
> 十戒がその名を恐れるとは気になります。
 聞き取れないお名前をおっしゃっていましたよね。
 魔神とは違った別の勢力が存在するのでしょうか。

> メリオダスさんの変化は凄かったです。
> 人が変わった感じがしました。
 いつものセクハラの彼とは別人で、
 エリザベスさんも気が気でなかったのかも知れません。

> 長年の決着を付ける事となったフラウドリン
> は、大事な人を殺された恨みもあります。
> 最後はドレファスさんに乗り移った時の、
> 感情が出て観念したのは人間らしかった。
 魔神という全く異なる種族ですが、
 ああいう感情が芽生えるところを見ると、
 単純に血も涙もない存在というわけでも
 ないのだと思われます。

> マリーンさんからもたらされた真実は、
> 驚きましたがメリオダスさんは亡くなる度に
> 魔神に近づくと言うのも怖いですが
> 可愛そうな境遇の人物とも言えます。
 今後再び亡くなってしまい、
 ますます魔神に近づいていくことも
 十分に考えられそうですね。

> メリオダスさんは元の自分に戻る事を
> 恐れるのも無理はありません。
> しかしそうしないとエリザベスさんを
> 救えないと言うセリフが気になりました。
 それだけ相手も強敵ということかと。
 エスカノールさんだけに全部任せるわけにも
 いかないのだと思います。

> グリモアールさんの呪いの解き方が
> 愛する人からのキスというのもいいです(^^)
 ロマンチックな展開ですよね。
 変質者扱いされるのはご愛敬でしょうか。

> ジェリコさんは亡き兄の力を継承し
> 再び立ち上がる決意が良かったです。
 これでお兄さんも浮かばれるのかも知れません。

> 本日もご苦労様でした。
 今日も一日お疲れ様でした。

> ゴーセルさんの過去の姿がありましたが、
> フラウドリンさんの態度からかなりの
> 強い人物だと推測されますね。
> 現段階では問題なさそう?な雰囲気です。
 再び敵に回るのは考えたくないですが、
 当時の実力を取り戻したときには、
 すごい戦力になりそうですよね。

> まだ強豪達を残しての終わりと
> なりましたが、区切りとしてはいいと
> 思いました。
 うまく一区切りついていてよかったかと。
 今後どのように強敵と渡り合っていくのか、
 ますます楽しみになりました。

> ディアンヌさんの記憶が戻るのは次の
> 期までお預けになりましたね。
> 映画は8月18日からと言う事で楽しみです。
> またこの作品の続きを期待したいですね。
 映画が成功すれば3期の可能性も
 大きく広がるのかも知れませんね。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム