【アニメ感想】覇穹 封神演義 第23話(終)「老いたる象徴と風の分岐」

 封神演義の最終回を見て感想を書かせていただきます。
 今回で聞仲さんとの決着がつきますが、同時に最終回にもなってしまいました。
 さすがの禁鞭をもってしても放送枠は打ち砕けなかったのでしょうか。

【内容】
 目の前で飛虎を失った聞仲は精神的にダメージを受けてしまいます。
 黒麒麟は酸の雨から聞仲をかばってしまいます。
 王天君は「聞仲もただの人間だった」と告げ、それが聞仲の逆鱗に触れてしまいます。

 聞仲は禁鞭で王天君を瞬殺し、あっさりと彼の宝貝から脱出します。
 黒麒麟は遠くへ飛び去り、太公望は「後始末をつける」とそれを追いかけていきます。
 「もう、終わらせねばならぬのだ」とのことですが……

 聞仲は飛虎との出会いから孤独の苦しみを知ったとのこと。
 「理想を語るにはそれにふさわしい実力が必要」と太公望との最後の戦いが始まります。
 太公望は「新しい風」が必要だと聞仲に迫り、最後は武器を捨てて肉弾戦で勝負に出ます。

 聞仲は自分が取り戻したかったのは飛虎のいる「かつての」殷であったことを告げます。
 敗北を認めた聞仲は人間界を太公望にあずけ、お前の手にはかからないと自ら身を投げてしまいます。
 聞仲の魂魄が飛ばされるのを見た太公望は力を使い果たして倒れてしまいます。

 姫発は太公望を倒したことを知り、雷震子は戦いに参加できなかったことを憤ります。
 紂王は城内の食べ物を全て民に分け与え「この国に王などどこにもいない」とつぶやきます。
 なお、皆さんは金ゴウ島から美人三姉妹の助力もあって脱出に成功したようです。

 聞仲の魂魄は紂王、朱氏に別れを告げ、飛虎のいる封神台へと向かっていきます。
 夜が明け、太公望はあまりの犠牲の多さに呆然としたのか失踪してしまいます。
 スープー、武吉は太公望を捜し回り、懐かしい風景に顔をほころばせます。

 太公望は「歴史は人間が好きにすればいい」と申公豹に語ります。
 妲己はジョカとの戦いを経て地球と一体となっていたのでした。
 そして、申公豹は太公望に勝負を仕掛けようとするものの、彼の目を見て立ち去っていくのでした。
 
【感想等】
 今回で聞仲さんとの決着がつき、ここを最終回としたのは「区切り」としてはありなのかなと思います。
 そこまでのエピソードをことごとくカットしているのも、ここまで放送するには仕方なかったのでしょうか。
 原作に忠実にやっていれば、長期放送への道も開けたと思いますが……

 殴り合いで決着を付けるという「王道」はジャンプマンガの伝統なのでしょうか。
 割と使い古された手法ではありますが、いつもの太公望さんのキャラクターからするとかなり意外性があるように思えます。
 そしてスープーさんのお声がシリアス気味な(いつもの櫻井さんな)のが印象的でした。

 昔を取り戻したかったという聞仲さんの言葉が、過去に色々とやらかした私自身にも突き刺さりました。
 最後の最後で雷震子さんが出てきたのは喜ぶべきなのでしょうか。
 紂王さんに至っては原作であった周との戦闘シーンが全部カットされてしまいましたが……

 殷の滅亡からジョカさんとの戦いはカットされてしまっていて呆然としたのは私だけではないはず。
 漫画を読んだことがない人でこれを理解できた人がいたらある意味楊ゼンさんクラスの天才かもしれません。
 できれば多くの人が原作漫画に触れてほしいなと思いつつ、筆を置こうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム