【アニメ感想】鹿楓堂よついろ日和 第12話(終)「鹿楓堂 よついろ日和」

 よついろ日和の最終回を見て感想を書きます。
 イケメン従業員さんとそのキャストはもとより、季節感あふれるお料理が素敵です。
 スイさんとお兄さんは最終的に和解することができるのでしょうか。

【内容】
 スイと兄は回想シーンであんころ餅を取り合っていました。
 祖父は「喧嘩しないで偉いな」と2人をなでているところでお兄さんの方は目を覚まします。
 オープニングの後、スイたちはイベントの準備を進めているのでした。

 ときたかはバラバラだったお兄さんの湯飲みを直してスイに持ってきていました。
 ぐれは知り合いのおじいさんからもらった杵と臼を持ってきて、イベント当日に餅つきをすることに。
 懐かしの小鶴たちもやってきて賑やかで楽しい夜が始まります。

 スイは年越し蕎麦を準備していてお客さんに振る舞います。
 鳥丼の人や砂金、林も楽しそうで何よりでした。
 そしてスイはお客さんを見送る中、兄の姿を発見して呼び止めます。

 直してもらった湯飲みを差し出して、一緒にお茶を飲むスイさん。
 「もう来ない」という兄に対して、スイは「いつでもお待ちしています」と一言。
 スイたちはお客さんとともに初詣に向かうことになりました。

 新年になり、ぐれはハイテンションに餅つきを始めようとします。
 スイとときたかは見事なコンビネーションでたちまちにお餅をついてしまいました。
 椿とぐれも「手加減なしだ」と対抗意識を燃やし、色々なお味でいただくことに。

 色々なお客さんがやってきてお餅を楽しまれたようで何よりです。
 お兄さんの方も角崎とおせち料理を食べていたようです。
 次の日にはどんなお客様がくるのか楽しみだと結論づけてお話を締めくくるスイなのでした。

【感想等】
 サブタイトルにタイトルを持ってきて、最終回なのだなとつくづく思います。
 キャストの豪華さで見始めたはずが、その癒やしの雰囲気のとりこになったのは私だけではないはず。
 女性向けの体裁を取りつつも、女性キャラもかわいらしく描かれているのがいいなと思います。

 これまで出てきたいろんな人が出てくるのが素敵で、音々子さんも一瞬だけでていました。
 スイさんも出ている「食戟のソーマ」の3期最終回のお題が「そば」だったのは偶然だと思いますが……
 林さんと砂金さんも順調に進んでいるようでなんだかうれしくなってきました。

 最後の最後でお兄さんとも和解できる可能性が見えたのはよかったかと。
 そもそも彼らが疎遠になった理由はよくわかりませんが……
 2期放送と音々子さんの再登場を祈りつつ、いったんは筆を置こうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム