【アニメ感想】食戟のソーマ 餐ノ皿 遠月列車篇 第24話(終)「強者たる所以(ゆえん)」

 ソーマさんの3期24話を見て感想を書かせていただきます。
 十傑という最大最強の敵に対して創真さんはどのような料理を見せるのでしょうか。
 余談ですがフォロワーさんからの指摘で寧々先輩のお声が花澤さんだと気づきました。

【内容】
 せっかく打ったそばを焼きそばにしてしまう創真さん。
 対する寧々は桜エビのかき揚げを添えたおそばを出して審査員を絶賛させます。
 寧々は一色先輩によると「尋常ではない」女の子なのだとか。

 審査員は至上のおいしさで満たされたと知らないうちに完食してしまいます。
 桜エビの甘さとそばの繊細さを併せ、天に昇るような心地で包み込むのだとか。
 「時かけ蕎麦」とも呼ばれるその圧倒的な料理に対して、創真はどう立ち向かうのでしょうか。

 仲間達の声を背に、創真は「おあがりよ!」と自分のそばを出します。
 審査員たちは「蕎麦の香りは生きている」とお約束のように裸になります。
 三番粉を使った「焼く」という発想はカップ焼きそばの発想で、かやくも別に準備していました。

 カップ麺を昇華させた麺は「君のそば。」なのだとか。
 勝負は満場一致で決まったとのことで、寧々は自分の蕎麦を食べるようにと言われます。
 普段とは異なる室温のため、いつもの蕎麦に比べて香りが立っていませんでした。

 教えられたことをただこなしてきた寧々を絶えざる工夫によって打ち破った創真さん。
 創真は寧々に勝利し、そばを食べた寧々は素っ裸にされるのでした。
 女木島先輩もあっさりと勝利して勢いづけ、休憩の後には第二戦が行われるようですが……

【感想等】
 初戦の結果をもって最終回で、あとは4期を待つことになるのでしょうか。
 「先制は負けフラグ」という言葉がありますが、寧々先輩にはその鉄則を打ち破るほどの実力を感じました。
 アキラさんに二度負けたこともありましたし、最後の最後までわからなかったというのが正直な感想です。

 カップ麺はすごいという創真さんのお言葉はおっしゃるとおりで、日本の生んだ一つの「文化」なのかもしれません。
 叡山先輩を打ち破ったのもまぐれでは無かったことはこれで明らかかと。
 席次的に順当な勝利ではありますが、料理すら出してもらえなかった女木島先輩がちょっとかわいそうな気がします。

 時間的に無理だったとはいえ、決着がつかないまま終わってしまったのはちょっと残念な気がします。
 まあ、1期でも「秋の選抜」予選というところで一年以上待たされたという実績があるのですが……
 あとは原作ストックがたまった頃合いを見て4期の放送があることをただただ願うばかりなのです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム