【アニメ感想】ニル・アドミラリの天秤 第12話(終)「帝都幻惑綺譚 -ニル・アドミラリ-」

 ニル(以下略)の最終回を見て感想を書きます。
 四木沼さんがラスボスだと思っていたのですが、実際はそんなことはありませんでした。
 最後まで大正時代である意味がよくわからなかったのは内緒です。

【内容】
 隠(なばり)がラスボスであると発覚し、騒然とするツグミたち。
 彼の父は兵隊に取られて戦死してしまい、さらに母親も自殺してしまったとのこと。
 「アニメみたい」な2人といっしょになら「あの家」に帰れるかも知れないなどと言い出します。

 両親を失った隠は本を書いてその感情を抑えていて、それが希モノになったようです。
 希モノを見たツグミは頭を抑えて困惑の表情を浮かべ、目の前では炎が広がります。
 隠さんが本を書いたこと、そして彼が帝国図書管理局にやってきたいきさつが見えてしまいます。

 本を書いてはいけないと自覚した隠ですが、苦しいからとついつい本を書いてしまいます。
 名前や筆跡を変えてもやっぱりできてしまうのは希モノでした。
 そしてだんだんおかしくなっていった彼は現在に至ります。

 隼人たちがやってきて、隠の炎を消し飛ばしてツグミを救います。
 「ツグミ!」と呼びかけるお声にツグミはついに正気に戻ります。
 隠については「生きて罪を償え」というところに落ち着くのでした。

 ツグミは実家に戻らず、フクロウで働くことを選択します。
 本によって遠くの時代や人々の心を知ることができるのだと告げるのでした。
 栞も男性陣もツグミが戻ったことを喜んでいました。

 ツグミは見合い相手と対面しますが、その正体は隼人でした。
 隼人の初恋の人はツグミだと言われて赤面してしまいます。
 婚約はなかったことにするがあきらめきれないのだと告げるのでした。

 それぞれの登場人物のその後が描写されますが、笹乞は服役中も本を書いているようです。
 ツンデレの昌吾はシェフとなり見事なビーフシチューを作り上げます。
 アキラは映画のチケットを準備し、紫鶴は師匠の本を燃やしてしまいます。
 そして、最後はじいやさんのホットケーキをみんなで食べて締めくくるのでした。
 
【感想等】
 サディストの四木沼さんもマッドサイエンティストの百舌山さんもラスボスではありませんでした。
 緑川さんがラスボスというのは初耳ですが、彼の行動原理がいまいちよくわかりません。
 また、ツグミさん姉弟のことを「アニメみたい」と言っていますが、大正時代にアニメはあるのでしょうか。

 色々な登場人物を攻略してきたツグミさんでしたが、結局は隼人さんに落ち着くような気がします。
 彼の「ツグミ!」の声がメリオダスさんに聞こえてしまったのは私だけではないはず。
 そして、現実で居場所を見つけなければならないという彼らの言葉は耳が痛いです。

 本が大好きというツグミさんの言葉はよかったですし、お話もしっかり綺麗にまとまっていてよかったかと。
 タイトルの(特に「天秤」の)意味と大正時代である必要性だけはあまりよくわかりませんでしたが……
 ツグミさんが末永く幸せになってほしいなと思いつつ、いったんは筆を置こうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム