【アニメ感想】覇穹 封神演義 第22話「武雄封神」

 封神演義の22話を見て感想を書かせていただきます。
 タイトル的に大体の展開がわかってしまい、その時点で思いっきり涙が出てしまったりします。
 個人的には四大金剛さんや南宮カツさんも出してほしかったです。

【内容】
 申公豹は全ての黒幕ともいえる妲己にインタビューをします。
 ジョカですら歴史を自由には操れないのだとか。
 妲己は自分とジョカはあくまで共犯だと言ってのけますが……

 聞仲と対峙した飛虎に続き、王天君は元始天尊の頭をぐりぐりします。
 王天君は元始天尊のおかげで「死ぬ快楽」と「殺す楽しさ」を知ったと告げます。
 回想シーンでは王エキが始祖の一人だと明らかになりますが……

 王エキは度重なる戦いでジョカの魂魄は弱まっており、一方で地球はたくましくなっていたようです。
 元始天尊は王エキと手を組んでジョカを倒そうと考えます。
 7つの宝貝を全て使える者が出現したときこそジョカを倒すことができるようです。

 スープーに乗って移動する太公望、楊ゼンは途中で王天君と出会います。
 王天君は天化を外に出した上で、聞仲と飛虎が対峙しているところを見せつけます。
 「話すことはない」と語る聞仲の胸ぐらをつかみ、自分よりも弱い人間を殺せる奴じゃないと迫ります。

 「誰にも心を開かぬ」と語る聞仲を前にした飛虎は飛刀を外に出し、自分は寂しいと言い出します。
 楊ゼンは王天君に変化して解除しようとしますが、今の王天君は「違う」王天君なのだとか。
 飛虎は正面から聞仲の攻撃を受けつつも彼に近づいていきますが……

 十二仙ならばなんとかなるのではと考える天化に対し、太公望、楊ゼンは十二仙のうち10人の死亡が確定したことを告げます。
 飛虎は「お前をぶん殴らなければ気が済まない」と禁鞭を手でつかんだ上、聞仲に一撃を与えます。
 仮面を吹き飛ばされた聞仲は飛虎の必死の訴えを受けて飛虎曰く「元の面」に戻ります。

 「太公望どの!後は任せたぜ!」と言い残して飛虎は封神台へとのぼります。
 太公望は飛虎に一礼をし、改めて聞仲を乗り越える覚悟をします。
 一方で、ジョカは自分が魂魄のみで活動を開始して、故郷と同じ進化をたどらせようとしていたことが告げられます。

【感想等】
 シリアスな展開が続きますが漫画だと「元始天尊 王天君にグリグリされる」というタイトルだったりします。
 ネントウさんなども出してきているところを見ると最後までやるのだと思いたいですが……
 あっちこっち行ったり来たりするので漫画を読んでいないとなかなかわからないような気がします。

 タイトルどおり飛虎さんが封神されるお話で、そろそろ聞仲さんとの決着も近いのかと思います。
 お声がお声だけに「止まるんじゃねえぞ……」と脳内再生されてしまうのは私だけではないかもしれません。
 あと、「誰にも心を開かない」という聞仲さんがどこか他人とは思えなかったりします。

 次回は太公望さんと聞仲さんとの決着で間違いないはず。
 3、4クールあれば最後まで行けるような気がしますが、実際はどうなのでしょうか。
 カットばかりで最後まで一気に終わってしまうのはあまり考えたくないですが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム