【アニメ感想】ヲタクに恋は難しい 第11話(終)「ヲタクに恋は難しい」

 ヲタ恋の最終回を見て感想を書かせていただきます。
 タイトルを最終回のサブタイトルにするのは割とよくあることのように思えます。
 果たして彼らの恋はどうなるのか、わたし、気になります!

【内容】
 起きがけに女子高生の姿を見て学生時代を思い出す花子さん。
 「来年は花見、行こうよ」とデートに誘いますが、太郎は「みんなで行こう」と返します。
 鳴海の方はおそらくゲーム三昧の宏嵩の所に向かいますが……

 自宅で倒れていた宏嵩を見た鳴海は困惑しますが、ずっと食べていなかっただけでした。
 鳴海は花子に相談し、あり合わせの食材でチャーハンを作ることにしました。
 花子は「なるがカノジョしてるよ」と大いに喜んでいました。

 ふと全裸で歩いていた宏嵩に突っ込みを入れる鳴海さん。
 一方で、光は尚哉を気遣ってログインしていなかったようですが……
 花子の方は買い込んだ(BL)本を一気に読み終えたようです。

 どのジャンルも好きな層がいるから成り立つのだと語る花子さん。
 好きなジャンルについて激論を交わす2人なのですが……
 なんでも宏嵩はどんな分野でも読んで感想まで言ってくれるのだとか。

 宏嵩はチャーハンを食べて「おいしい」と一言。
 鳴海は尚哉がたまに食事を作ってくれると聞いて嫉妬してしまいます。
 その尚哉は光と鉢合わせ、連休中はバイトでいそがしい旨を告げます。

 光は攻略法を尚哉に渡し、太郎は与えられたBL本に感動します。
 宏嵩と鳴海は公園にやってきて懐かしい気持ちがします。
 家でのんびり漫画を読むというのは今もやっていることが同じだと考えます。

 宏嵩は好きな声優のでるバラエティ番組をリアルタイムで見るのだと走り出します。
 そうかと思ったらCパートでは4人で(二次元での)初恋はいつだったのかという話題になります。
 尚哉は初恋はいつだったのかと聞かれて、幼稚園の先生だったと言い出すのでした。

【感想等】
 前番組の「恋雨」とは違った意味で雰囲気を楽しむ作品という感じがします。
 最終回にも不眠不休でゲームをやる宏嵩さんはある意味大物かもしれません。
 恋はしていてもなかなか進展しないところも初々しくていいなと思います。

 最後までみても、恋というよりもヲタク談義をする「話し相手」という感じがします。
 食事シーンで少しおなかがすいてきたのは私だけではないはず。
 光さんが女性だと気づいたら尚哉さんとは一番進展するような気がしますが……

 公園に行くとなんだか懐かしい気持ちになるのは私だけではないはず。
 趣味を貫いたまま大人になるという彼らの姿はある意味で理想の姿のように思えます。
 ヲタク趣味に寛容な会社が現実に存在することを祈りつつ、いったんは筆を置こうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム