【アニメ感想】魔法少女 俺 第12話(終)「魔法少女☆私」

 魔法少女俺の最終回を見て感想を書かせていただきます。
 気がつけば今期は魔法少女ものが2つありましたが、いずれも異彩を放つ作品だったような気がします。
 アニメの世界では男性でも魔法少「女」になるのはいまや常識なのかもしれません。

【内容】
 黒幕だったマネージャーは最後に自分を倒すようにと迫ります。
 マネージャーは自分が倒されることでさき達の成功を下支えしようとしているようです。
 桃拾にダメージを与えて挑発しますが、さきは無言を貫きます。

 さきは「わかりました」とだけ告げ、周囲のセットを破壊して、マネージャーをビンタします。
 関係ない人を傷つけるのは本物のヒーローではないと涙を流すさきさん。
 戦いたくないというさきに対し、マネージャーはすでに自分の居場所はなくなったと告げます。

 マネージャーは巨大な岩を落として自殺しようとしますが、桃拾によって阻まれます。
 桃拾は「間違いなく魔法少女俺は本物のヒーロー」と告げます。
 そこに「不純異性交遊は禁止」だと兵衛が増援を連れて登場しますが、どう見てもヤの人にしか見えません。

 兵衛はマネージャを連行しようとしますが、まだまだ戦いは終わっていませんでした。
 桜世は倒されてしまいますが、妖魔たちがあまりにも魔法少女に倒され続けて彼らを倒すという使命が増殖したのだとか。
 気がついたらマネージャーを仲間に加えて妖魔と戦うことになりました。

 ピンチが続くさき達を前に、瑠可たちが助太刀に入ります。
 さきと桜世は合体技を放って妖魔たちをやっつけてしまいました。
 マネージャーは妖精界の監視下に置かれるとのことですが……

 さき達と握手して「二人とも応援してる」と言い残して消えていくマネージャーさん。
 そしてさき達は「魔法少女」を引退しつつ女の子の姿でライブを行いますが、全く人が来ていませんでした。
 再び桃拾が襲われているとのことでさき達が変身して助けに向かい、お話を締めくくるのでした。

【感想等】
 終盤の急展開に少しついていけないところもありましたが、ちゃんと完結したのはよかったかと。
 アイドルのために全てを支えるマネージャーさんはある意味プロなのかもしれません。
 せっかく魔法少女になったはずの瑠可さん達もちゃんと出てきたのはよかったです。

 兵衛さんが連れてきた皆さんがどう見てもヤの人にしか見えないのは私だけではないはず。
 本物のヤの人が出てくる「ヒナまつり」よりもある意味ヤの人らしいように思えます。
 マネージャーさんが最後は仲間になるのはさすがに想定外でしたが、概ね綺麗にまとまったていたように思えます。

 さすがに泣くことはなかったのですが、マネージャーさんとの握手シーンはちょっと感動しました。
 連れていく人が怖いだけにマネージャーさんがいろんな意味で心配になりますが……
 まだまだ戦いが続くような描写は北斗の拳のパロディかと思いつつ、ここで筆を置かせていただこうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム