【アニメ感想】バジリスク ~桜花忍法帖~ 第24話(終)「桜花、咲き戻りたり」

 バジリスクの24話を見て感想を書かせていただきます。
 信長さんが倒れたかと思ったら今度は成尋さんが出てきてよくわからなくなってきました。
 いわゆるパラレルワールドということなのだと思いますが……

【内容】
 響、八郎は周囲を廃墟にしている成尋たちと対峙し、戦うことに。
 2人は圧倒的な強さで次々と成尋衆の皆さんをやっつけていきます。
 「いずこの世でも」成尋の思い通りにはいかないと言い放ちますが……

 八郎と響の目が光ったかと思ったらすさまじい力があふれ出てきます。
 回想シーンで「桜花には別の姿がある」という言葉が聞こえてきます。
 八郎はあっさりと成尋を斬って彼の野望を打ち砕いてしまいました。

 桜花を終わらせようとする八郎ですが、響は八郎の刀を奪って自分の目を塞いでしまいます。
 倒れたかと思われた成尋が再び登場しますが、彼は体の傷を再生できるのでしょうか。
 なんでも成尋は不死の忍「テンゼン」を吸収していたようですが……

 八郎は成尋と戦うことになり、成尋は八郎の弱点が見えたと言い出します。
 響をかばった八郎は深手を負ってしまいますが、外道の力を使ってまで勝とうとして恥ずかしくはないのかと言い放ちます。
 最後は八郎の目が光って「テンゼン」の敵意を暴走させて成尋を倒してしまいました。

 家光はいまでも忍者を恨んでいると言いますが、天海はその後も生き続けたのだとか。
 駿河様こと忠長は自刃を強いられますが、本物はすでに死んでいたのだとか。
 何年もの月日が経過し、響は子供達を見守っていましたが、そこに成尋の声が聞こえてきます。

 成尋は響との子供を作ろうと迫りますが、幻の八郎が出てきて成尋を倒します。
 そしてハダエボウが「今日はやけにまぶしゅう御座いますな」といってお話を締めくくるのでした。

【感想等】
 パラレルワールドまで持ってきて再び成尋さんをラスボスに据えたのはさすがに驚きました。
 あっけなく信長さんが倒れたのでは視聴者が納得しないということなのでしょうか。
 あっさりと成尋さんやその他諸々をやっつける八郎さん達が強すぎて、これまで散っていった仲間が気の毒になります。

 人から聞いた話なのですが、終盤の展開は原作とはかなり違うらしいです。
 展開がやたらと早いのは最終回でやることが多いという事情を考えると仕方ないのかもしれません。
 こちらの時代の成尋さんがとばっちりを受けただけのようにも思えてきますが……

 ここだけの話、「桜花」というものがいまいちよくわかっていなかったりします。
 登場人物よりもむしろ声優さんの名前が浮かんだりするのは私だけではないはず。
 機会があれば前作を見てみようかなと思いつつ、ここで一度筆を置こうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム