【アニメ感想】ニル・アドミラリの天秤 第11話「母と父と子と -キズナ-」

 ニル(以下略)の11話を見て感想を書かせていただきます。
 次々とお話が進み、お話がクライマックスに突き進んでいるのは間違いないはず。
 ここまで来てもタイトルの意味がよくわかっていないのも私だけではないはず。

【内容】
 アキラは四木沼を倒して、累は百舌山と対峙します。
 ツグミは累を探しに向かい、その累は鷺沢の養子だと判明します。
 さらに百舌山は累の実の父親で母親は薔子だと言い出します。

 薔子は未婚で子供を産んだものの鷺沢に預けられ、その後四木沼と結婚したとのこと。
 鷺沢は百舌山の研究を告発しようとし、彼に殺されてしまったようです。
 百舌山は人類を高みに導くと宣言しそのまま逃走しようとしますが……

 薔子が登場して百舌山に銃を向け、あの子は自分だけの子供だと言い出します。
 追い込まれた百舌山は最後は自分に薬物を投与して気球につるされて飛んでいってしまいます。
 「さようなら、幸せになってね」と言って薔子は累と別れ、累は「終わったよ」と一言。

 敵が一網打尽になったものの、アキラはそのまま去ろうとしますが、隼人にはなぐられてしまいます。
 地上に戻ってきた百舌山は炎の中に飛び込んで死亡してしまいます。
 その後は大々的なパーティーが開かれ、これまでの戦いが懐かしく思えてきます。

 色々と調べが進んで隠さんが希モノの著者で黒幕っぽいことがわかります。
 その隠さんはツグミとともに実家に戻り、久しぶりに弟と再会します。
 隠さんは書庫にアウラがいくつか見えたと言い出し、ツグミと弟を閉じ込めて不気味に笑い出します。

【感想等】
 終盤なのに登場人物が多くて公式サイトを見ないとよくわかりません。
 そもそも鷺沢さんというキャラクターが誰だったのか記憶になかったりします。
 百舌山さんと薔子さんの間に子供がいたという事実はいろんな意味で驚きでした。

 主な敵が全員連行されたり倒されたりしてちょっと安心してしまいました。
 朝からお寿司を食べるシーンを見せられて思いっきりおなかが鳴ってしまったのは内緒です。
 そもそも「隠さんって誰?」と思ったのは私だけではないはず。

 隠さんが普通にいい人という感じがしただけに彼がどうしてそんな凶行に及ぶのかがよくわからないです。
 そのあたりは最終回で明らかになるのかなと思ったりします。
 次回は隠さんを倒してハッピーエンドで終わるのだと思いますが、ツグミさんの実家の没落はどうしようもないのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム